Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

【ボクシング】亀田京之介がSNSを通じて辰吉寿以輝へ対戦要求。

2017/11/18 17:06

亀田三兄弟の従兄弟としてAbemaTVの企画にも登場したプロボクサーの亀田京之介が、辰吉丈一郎の次男である辰吉寿以輝にSNSを通じて対戦を対戦を要求したことが話題となっています。

亀田京之介がSNSで辰吉寿以輝との対戦を要求

ボクシング一家として知られる亀田三兄弟の従兄弟である亀田京之介が、SNS上で辰吉寿以輝へ対戦要求とも取れる発言を行ったことが話題となっています。

辰吉寿以輝は90年代にカリスマ的な人気を誇り、WBC世界バンタム級王者に輝いた辰吉丈一郎の次男として知られており、 亀田京之介は辰吉寿以輝の顔写真と共に「俺と試合でもスパーでもしてくれるかな?」という内容のツイートを掲載。

亀田家の従兄弟である京之介と、辰吉丈一郎の次男である寿以輝という背景を持っていることから、京之介は「亀田vs辰吉って盛り上がるやろ〜?」と両者のバックボーンを強調する内容となっています。

当該ツイートは現在削除されているものの、京之介が行ったツイートには現役ボクサーを含めて反響が大きく、京之介自身もそれらの反響に対して次のようなコメントを残しています。

また一連のツイートには「今のボクシング界にはこういうものがないから面白くない。」と自身が行った対戦要求への見解を表明。その他、対戦要求を行う以前には「今の格闘技界を盛り上げたい」とのツイートを掲載しています。

ジョーのAbemaTV企画に登場した亀田京之介

亀田京之介は今年9月にプロテストに合格したばかりですが、その名を知られるようになったのは、人気YouTuberのジョーがAbemaTVの企画としてプロボクサーを目指す企画に、京之介がライバル役として登場したことがキッカケです。

「亀田興毅に勝ったら1000万円」企画の続きとして行われた、ジョーによる「プロボクサーへの道」は、協栄ジムにて亀田興毅をトレーナーに迎え、3ヶ月でプロデビューを目指すという趣旨でスタート。

当初は番組内でジョーといがみ合っていたものの、やがて共にプロテスト合格を目指すようになり、1度目のプロテスト受験でジョーは不合格となったものの、京之介はテストで完成されたボクシングを披露して見事合格。(2度目の受験でジョーも合格)

まだデビュー前であるものの、個性的なキャラクターも相まって、番組を通じて認知度を大きく高めています。

A級ボクサーである辰吉との対戦はできないが…

プロデビューを控える京之介に対し、辰吉寿以輝は2015年にプロデビューを果たしており、既に6戦をこなして6勝4KOの成績。6連勝となった直近の試合により、最短で8回戦に進級しています。

4回戦のC級から6回戦のB級に上がるには4勝が必要で、B級から8回戦以上のA級に上がるには2勝が必要なため、現実的には京之介が寿以輝と対戦するには京之介が少なくとも6勝を重ねなければならず、すぐに対戦を実現させることはできません。

ボクシングはライセンスの仕組み上、C級デビューの選手は早期に上位選手と対戦できないためか、現役ボクサーから「ランキングにすら入っていないから、上がってきてから言ってくれ」といった批判の声があがっているものの、京之介は「誰もやったことがないからやっている」と反論しています。

デビュー前からAbemaTVでの企画、そして今回のSNSでの対戦要求と話題を集める亀田京之介ですが、自身の宣言通りキャラクターを貫きボクシング界に新たな風を巻き起こせるのでしょうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします