Queel
×
サイト内を検索する
  • その他
  • ニュース

クイールにおけるボランティアスタッフについての説明

2017/11/27 19:41

ユーザーが主体的に編集活動に参加できるボランティアスタッフについての紹介です。具体的にどんなことができるのか、どのような手順を踏む必要があるのかを説明しています。

ボランティアスタッフについて

クイールでは独自の機能として「ボランティアスタッフ」というユーザーの特別な権限を提供しています。

ユーザーは会員登録することで、クイールの通常の機能を全て無料で利用できますが、ボランティアスタッフになることで、サービス内のデータベースを編集する権限が付与されます。

今後ボランティアスタッフの機能は拡充していきますが、「イベント(大会)情報」「対戦カード情報」「選手データ」の3つの要素への編集権限が与えられます。

現在のところイベント、対戦カード、選手データの新規追加を行うことはできませんが、追加して欲しい情報があれば「ユーザー広場」より要望を投稿していただければ、すぐに管理者の方で対応いたします。

ボランティア機能提供の背景

(※こちらは読み飛ばしてしまっても構いません)

少し長くなっていましますが、なぜ当サイトがボランティアスタッフという機能を提供しているのかについて説明します。メディアとしての情報には大きく分けて3つの性質があると考えており、それは「フロー」「ストック」「意見」に分類されます。

フローとは日々更新されていく情報のことで、代表的なものとしては対戦カード発表のように、情報の鮮度が問われるものを指します。

ストックとは蓄積されていく情報で、過去の格闘技イベントの対戦カードやその結果のように、データとして積み重ねるほどより価値の増していくものを指します。

最後に意見とは、情報の受け手である格闘技ファンがそれぞれどのような考えをもっているかということで、SNS上で発信される情報がこれにあたります。

今回ボランティアスタッフに開放している機能は、イベント情報や対戦カードのようにストック情報に関するものとなります。

ストック情報は積み重ねるほどより価値を増すものであり、また大会の開催要項など客観的に定まる情報が多いため、情報の正確性が担保されていれば、誰が編集しても一様となることが多くなっています。(もちろん試合の戦評など主観的な要素が入り交じる要素も存在します)

そこで信頼に足るユーザーにボランティアスタッフとして認定し、スタッフ一人ひとりが自発的にストック情報の編集活動に参加していただくことで、情報をより加速的に積み重ね、結果的に既存の格闘技ファンや、新たに関心を持った潜在的なファンにとって価値のあるデータベースを作りたいと考えています。

ボランティアスタッフへの申請

ボランティアスタッフになるには、当サービスに会員登録していただき、ボランティア申請をして頂く必要があります。

会員登録については、ページ最上部の右側にある「ログイン・会員登録ボタン」をクリック、またはこちらのリンクをクリックして、ユーザー登録作業を進めてください。

会員登録を済ませましたら、ボランティアスタッフへの申請を行います。まずユーザーログインした状態でページ最上部の右側にある、ユーザー画像をクリックした後、「マイページ」の項目をクリック。

するとご自身のユーザーページが表示されますので、「ボランティア申請」という項目をクリックして下さい。

ボランティア申請画面では、ページ上部にボランティアスタッフについての簡単な説明が表示された後、申請内容を入力するボックスがありますので、まずは申請文を入力し、完了しましたら送信ボタンをクリックして下さい。

なぜボランティア申請が必要なのか

当サービスではWikipediaのように誰でも編集できるという形式を取っておらず、ボランティアスタッフになるために申請を行い、承認されて初めて編集活動を行うことができます。

その理由としましては、サービスとしての歴史が浅く、編集のガイドラインが出来上がっていないこと、編集された情報の監視体制が整っていないことに加え、商用サービスとして正確性をより担保する仕組みが必要なためです。

正確性の担保という点から、ボランティアスタッフについても申請されたものは全て受け付けるわけではなく、そのユーザーの活動実績、SNSアカウントの内容などを総合的に判断し、信頼に足ると判断したユーザーにのみ開放しています。

SNSなどから証明するものがないけどボランティアスタッフになりたいという方は、当サイトでの活動実績から判断させていただきます。ユーザー登録していただき、一定期間(※数週間程度)に渡ってコメント投稿などの活動を行い、その内容が良質と判断すれば承認させていただきます。

特定の条件を満たせば良いというわけではなく、あくまで総合的に判断させていただくほか、サービスを始めたばかりで人員を確保したいという観点でも、厳しいハードルを課しているわけではありませんので、お気軽に申請して頂けると助かります。

申請が承認されたら

ボランティアスタッフへの申請を送信すると、直ちに管理者に申請があったことが通知されますので、早ければ数十分、遅くとも数日以内に申請内容を審査し、その可否をお知らせします。

申請が受理された場合、ページ最上部の通知アイコンが赤く点灯し、こちらをタップすると申請が受理されたことが表示されるほか、ボランティアスタッフとなった証として、ユーザーページにて「ボランティアスタッフ」との文字が表示されるようになります。

「ボランティアスタッフ」の文字が確認されましたら、既にボランティア権限が開放されていますので、それでは実際に編集作業を行ってみましょう。

編集作業を行えるページは現在2箇所あり、「イベントの詳細ページ」および「選手の詳細ページ」になります。

イベントの詳細ページとは、例えばこちらのページがそれにあたり、選手の詳細ページは同様にこちらのページがそれに当たります。今回は例としてイベントの編集作業を実際に行ってみましょう。

イベントを編集する

ボランティアスタッフとしての権限を持つユーザーでログインしたまま、イベントの詳細ページにアクセスすると、以下のようにページ上部に「イベント情報を編集する」というボタンが表示されます。

こちらのボタンをクリックするとイベント情報を編集するページが表示されます。

編集ページではイベントに関する様々な項目が表示され、変更したい情報を変更することができます。変更が完了しましたら、ページの下部にある送信ボタンをクリックします。

送信が完了すると、上の画面のように送信完了を伝えるメッセージが表示されますので、これにて編集完了となります。

編集内容が承認されるまで

ここで注意が必要なのは、「編集内容がすぐにウェブサイト内に反映されるわけではない」ということです。

ボランティアスタッフへの申請と同様に、編集内容は直ちに管理者に通知され、管理者が編集内容をチェックした後に、承認されたものが順次マスターデータとして反映されることになります。

承認までの時間についてですが、管理者側がどのように変更されたかを簡単に検知できる仕組みになっておりますので、早ければ数分から、遅くとも半日以内には承認の可否が決定します。

承認された場合には、ボランティア申請と同様にページ最上部の通知アイコンが赤く点灯し、アイコンをクリックすることでどのページが変更されたかのお知らせが表示されます。

これらが一連の編集作業についての説明になります。今回はイベント情報の編集について説明しましたが、対戦カード情報、選手情報についても同様の流れから編集することができます。

対戦カード情報についてですが、「編集したい対戦カードが含まれるイベントの編集ページ」にて編集することができます。イベント編集ページを下にスクロールすると、対戦カードの一覧が掲載されていますので、そちらより編集作業を行って下さい。

最後に

ボランティアスタッフの機能はリニューアルを行った2017年12月11日より始動したもので、まだまだ実験的な機能となっています。

運用を行いながら最適な方法を探り、随時機能の修正および追加を行って参りますので、ユーザーの皆様にはぜひボランティアとして参加していただき、より良い格闘技のデータベースに貢献していただければと思っています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事