Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

元UFCトップファイターのチアゴ・シウバがキックボクシング初挑戦に快勝【GLORY 48】

2017/12/02 18:54

日本時間12月2日にアメリカで開催されたGLORY 48に元UFCファイターのチアゴ・シウバが出場。キックボクシング初挑戦となった試合で判定勝利を飾っています。

元UFCのチアゴ・シウバがキック初挑戦

日本時間12月2日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにてGLORY 48が開催されています。

欧州最大のキックボクシング団体であるGLORYは近年アメリカで頻繁にイベントを開催しており、GLORY 48は今年5度目のアメリカ大会となっています。

アメリカ開催が増えた結果か、最近のGLORYはアントニオ・シウバやクリス・カモージーなど北米で知名度の高いUFC出身のファイターを積極的に起用。

その傾向は変更されておらず、今大会でも目玉として元UFCファイターのチアゴ・シウバが出場し、キックボクシング初挑戦を行なっています。

シウバといえば強烈な打撃を武器にUFCでKO勝利を連発。勝利後に親指を立てて行う首切りポーズを代名詞として人気選手として活躍しました。

しかし元嫁を銃で脅している動画が公開されたことにより2013年の試合を最後にUFCからは追放され、その後は欧州やブラジルを転々としながら3勝3敗と勝ち負けを繰り返しており、今回は心機一転という形でのキック初挑戦となりました。

チアゴ・シウバはMMAファイターに判定勝利

この試合に向けてバダ・ハリやメルビン・マヌーフを輩出したことで知られる、オランダのマイクス・ジムでトレーニングを行ったシウバは、同じくMMAファイターでベラトールにも参戦経験のあるジョン・キングと対戦しました。

オランダからマイクスジムのマイク会長がセコンドとして帯同しており、シウバは試合前にマイク会長名物の激を受けています。

試合は1Rの始めからパンチでプレッシャーをかけつつ、ローキックでシウバがプレッシャーをかけると、キングはガードを固め下がるシーンが目立つ展開となります。

しかしキングもときおり思い切りのいいパンチを放ち、さらにラウンド終盤にはMMAで使用されるクリンチアッパーを狙うなど、劣勢ながらも会場を湧かせるシーンを作っていきます。

2Rに入っても展開は変わらず、丁寧にジャブでキングの動きを止めアッパー、フックと角度を変えながら放つシウバのパンチがヒットしていきます。

キングはラウンド終盤こそ強烈なミドルキックでシウバの動きを止めたものの、完全に劣勢のラウンドとなります。

そして最終ラウンドは前半にガードを高く上げるキングに対し、シウバはジャブから強烈なボディーブローを放ちさらに優勢をジャッジに印象づけると、最後はフットワークで大きく距離をとり試合を流しにかかります。

これに対しそれまで手数が少なかったキングはラッシュを仕掛け逆転を狙うも、最後までシウバを捉えることはできず万事休す。

キックボクシングデビュー戦となったシウバが危なげなく判定勝利を飾っています。

髪が伸びたことに加え、上半身を覆い尽くすような入れ墨が入ったことにより、見た目的にはUFC時代の面影をなくしているシウバですが、今回の試合でその打撃力は錆びついていないことを証明しています。

現在はどの団体とも複数試合契約を結んでいないシウバですが次戦はどのリングに立つのでしょうか。UFCで12戦を経験している35歳となってベテランの今後に注目です。

暫定王座戦はノーストランドが秒殺勝利

今大会のメインイベントでは、王者のロビン・ファン・ロスマレンが戦線離脱したことによりフェザー級の暫定王座決定戦が行われています。

この試合はケビン・ファン・ノーストランドと、10月のトーナメントで優勝したアブデラ・エズビリにより争われる予定となっていました。

ところがエズビリはこの王座決定戦の1週間前にフランスでK-1王者の野杁正明戦が組まれており、GLORYの暫定王座戦には10月のトーナメントで準優勝だったアンヴァール・ボイナザロフが代わりに出場することとなっています。※エズビリは野杁正明に判定勝利。

そして試合は1Rの開始から1分に差し掛かったタイミングに、右ストレートで仕掛けたボイナザロフにノーストランドの右ヒザがカウンターでボディーにヒット。

一瞬間を置いた後にボイナザロフは崩れ落ちるように倒れ込み、そのまま立ち上がれずに試合が終了。

ノーストランドが衝撃のKO勝利で暫定王座に輝いています。

今後の挑戦候補としては野杁正明に判定勝利したエズビリ、さらにシュートボクシングのエースであり現在はGLORYに参戦中のザカリア・ゾウガリー。そしてノーストランドには1度敗れているものの、かかと落としなど派手な戦い振りが人気のギガ・チカーゼなど、GLORYのフェザー級は群雄割拠となっています。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします