2017年12月03日作成

「Superfly 2」が2月24日の開催が正式決定!シーサケットvsエストラーダが決定のほか、井上尚弥の参戦も予定

アメリカで昨年開催された軽量級に特化されたビッグイベント「Superfly」。その第二弾となる「Superfly 2」の開催日が2月24日に正式決定し、シーサケットvsエストラーダの対戦が行われます。

Eye catch 1512262394

By Wit 094 (Own work) [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

Superfly 2の開催日が2月24日に正式決定

2017年9月に行われたスーパーフライ級のトップ戦線が一堂に介した「SuperFly」。同興行では軽量級における強さの象徴ともされたローマン・ゴンサレスがメインでシーサケットに衝撃のKO負けを喫したほか、井上尚弥がアメリカデビュー戦でKO勝利を飾るなど盛り上がりを見せた興行となりました。

そして同興行は北米の大手放送局であるHBOにて放送され、平均で約70万人の視聴者を集めるなど商業的にも成功を収めたイベントとなっています。

この結果もあってかイベント終了後、数日中には第2段となる「SuperFly 2」の開催が計画され、その日程が2018年の2月24日に正式決定。

中量級以上が主体となっている北米では珍しく、軽量級がフューチャーされた大型イベントの第2段はカリフォルニア州のザ・フォーラムにて開催されます。

シーサケットvsエストラーダが決定

SuperFly 2では前回の興行でロマゴンを破ったシーサケットと、クアドラスを判定で下したファン・フランシスコ・エストラーダの対戦が決定しています。

軽量級最強王者だったロマゴンに2連勝し、歴史を塗り替えたシーサケットがロマゴン戦から五ヶ月ぶりにリングに登場。脅威のラッシングパワーを武器とするエストラーダを相手にWBC世界スーパーフライ級タイトルマッチに出場します。

井上尚弥が出場予定とされる

そして同大会には12月30日にフランスのヨアン・ボワイヨを相手に、7度目のWBO世界スーパーフライ級タイトル防衛戦を行う井上尚弥も出場を予定。

12月30日の試合結果やダメージの残り具合との兼ね合いになり、出場決定は年末の試合以降とはなることが予想されるものの、出場予定と報じられています。

ロマゴンは出場しない見込みか

またSuperFly 2の計画段階から出場予定とされていたローマン・ゴンサレスですが、今回の報道では同興行に出場しない見込みとされています。

ただしロマゴンはすでにトレーニングを再開しており、復帰戦は2018年の早い段階に行われるとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件