2017年12月03日作成

マックス・ホロウェイ、長期政権を感じさせる強さでアルドを寄せ付けずTKO勝利で王座防衛。

UFCフェザー級新王者として臨んだマックス・ホロウェイが、ジョゼ・アルドと防衛戦でダイレクトのリマッチを行うも、アルドを打撃で全く寄せ付けずに3RTKO勝利を収めています。

Eye catch 1512288312

Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

ホロウェイの初防衛戦はフランク・エドガーの欠場でアルドとのリマッチに

日本時間12月3日に行われたUFC218のメインイベントには、6月のUFC212でジョゼ・アルドを破って新王者となったマックス・ホロウェイが、中量級のレジェンドであるフランク・エドガーを相手に初防衛戦を行うことが予定されていました。

世代交代マッチとして注目を集めたエドガーとの一戦ですが、大会前にエドガーが負傷欠場したことで、前回ホロウェイに敗れているジョゼ・アルドが対戦相手に抜擢され、半年ぶりのダイレクトリマッチとなっています。

かつてフェザー級で一時代を築いたアルドですが、近年はその強さに陰りが見えており、試合前のオッズではホロウェイが有利となるなど、アルドにとってはチャレンジマッチとなっています。

ホロウェイの打撃でアルドを寄せ付けず返り討ちに

○マックス・ホロウェイ
3R 4分51秒TKO
●ジョゼ・アルド

1R ホロウェイが先手を取って手を出し、アルドは手を出さずにホロウェイの攻撃を見切ることに専念。

リーチに勝るホロウェイがストレート系のパンチを軸に攻め、アルドはバックステップでそれに対処。ここのところローキックをめっきり出さなくなったアルドですが、今回はローキックを繰り出す場面も。

手を前に突き出して独特なリズムからホロウェイがジャブをヒットさせる。ホロウェイが詰めればそれだけアルドが下がる展開が続き、ホロウェイは挑発するなど余裕を見せるが、ラウンド終盤にはアルドが右アッパーをヒットさせて挽回します。

2R アルドはカウンター狙いか、ホロウェイが手を出したところに強烈なパンチを返す。アルドは返しの攻撃が良く出るようになり、ホロウェイは1Rに比べると手を出しづらくなった印象を受けますが、モーションなく出てくるジャブが目元を捉え、アルドは右目から出血が見られます。

ラウンド終盤にはお互いのパンチが交錯するスリリングな展開となるも、リーチに勝るホロウェイがやや優勢で、最後には飛び膝まで繰り出ます。

3R アルドは変わらず待ちの展開から返しの攻撃を放つも、距離が遠くホロウェイには当たらない。ホロウェイがガードを下げて顎を突き出すようにしてパンチを放つと、アルドが応戦してスリリングな打ち合いが展開されます。

ビッグパンチこそないもののホロウェイのパンチが少しずつアルドに入ると、ダメージの蓄積からアルドは金網に張り付かされる。挽回したいアルドは打ち合いに応じるも距離が遠く、当たるのはホロウェイのパンチばかり。ダメージが色濃いアルドは手が出なくなり、頭を振って避けるだけで精一杯の状況に。

アルドはタックルに入るも潰されてマウントからパウンドを貰うなど防戦一方。為す術無くパウンドを貰い続けたところで試合がストップ。

前回と同じく3Rでホロウェイがアルドを破ってフェザー級王座防衛に成功しています。

ホロウェイ「ハワイがブラジルに勝利した」

ホロウェイは試合後のマイクで、自身のルーツであるハワイになぞらえて「ハワイvsブラジルに勝利した」とコメント。

ーチャンピオン、防衛成功おめでとう。美しい試合でジョゼ・アルドを抑えることになりました。

最終的に彼はこうなるべきだったと思う。しかし、もちろんジョゼを尊敬しています。彼は元王者とはいえ、素晴らしい王者です

ーこの試合で試練を乗り越えたと言えるでしょう

3R目にアルドを疲れさせることができました。彼がガス欠っせたというのが大きかった。彼は大海原の真ん中で溺れてしまったようです。

今日は同じハワイのヤンシー・メデイロスも勝利をあげることができたが、「ブラジルvsハワイ」の試合はハワイが勝利した。次も良い試合がしたい。

ージョゼ・アルドから2連勝を飾りましたが、あなたはどういったポジションになるのでしょう

これからまだまだやらないといけないことがある。もちろんこれからも防衛戦を重ねていく。

ーこの階級であなたが対戦すべき挑戦者は?フランク・エドガーが対戦するはずなのに負傷欠場となりましたが

みんな自分にとっては容易い相手だ。次は別の相手と試合がしたいね。

ジョゼ・アルド時代の終焉と共に、ホロウェイの絶対政権を予感させる強さでTKO勝利。インタビューでは本来対戦するはずだったフランク・エドガーの名前も上がっていましたが、次回エドガーを破るようなことがあればフェザー級で新たな時代を築くことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件