2017年12月04日作成

朝青龍を押し出したら1000万円!亀田企画に続いてAbemaTVが大晦日に特番を敢行。

AbemaTVが「朝青龍を押し出したら1000万円」という企画を大晦日に生放送することが決定。今年5月には「亀田興毅に勝ったら1000万円」という同種の企画で1420万人という視聴者数を叩き出したAbemaTVが大晦日に新たな注目番組を放送します。

Eye catch 1512399388

By petra.langeder1 (originally posted to Flickr as Asashoryu) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

朝青龍を押し出したら1000万円

AbemaTVが大晦日特別企画として「朝青龍を押し出したら1000万円」を、12月31日の20:00から24:30までの4時間半に渡り生中継することが決定。

その企画名通り7年前に土俵を去った、大相撲の第68代横綱として歴代4位の25回の優勝を記録した朝青龍を相手に、対戦者が勝利すれば賞金1,000万円を得られるという相撲対決が行われます。

AbemaTVは今年の5月に一周年記念特番として「亀田興毅に勝ったら1000万円」という企画を放送。5時間に渡る生放送中に1420万人もの視聴者を獲得するなど大きな話題となりましたが、今回の企画はその第二弾として放送されます。

この相撲対決は番組オリジナルルールとして行われるとされ、「張り手なし」「変化なし」は許されておらず「押し出し」のみを勝ちとする変則ルールにて、男と男の熱きバトルを繰り広げるとされています。

すでに挑戦者の募集も先に紹介したURLより行われており、今回は「18歳以上、力に自信があり健康な男性」という条件の元、最大5名の挑戦者が選考されることとなっています。

ちなみにこの企画が発表された直後にはK-1で活躍するHIROYA選手や、2000年代に活躍した大野崇さんなど、格闘技界からも参戦を希望する声が格闘技界からも続々と上がっています。

朝青龍はやる気満々でトレーニング中

かつて大相撲で圧倒的なスピードとテクニック、そしてどんな状況でも折れない気持ちの強さを見せて土俵上で敵なしの強さを誇った朝青龍。

すでに引退してから7年の時を経ており、果たして現在も動けるのかという不安もありましたが、企画が発表されたすぐ後に朝青龍は以下の動画をTwitterに投稿しています。

「マシ本気」というコメントと共に、組み合った状態から相手の右腕を跳ね上げ、素早くバックを奪い押し倒すという練習動画を公開。

全盛期を感じさせる身体のキレを見せ、コンディション不安を一蹴しています。

大晦日といえば地上波放送ではNHKで紅白を放送するほか、民放でもガキ使やRIZINなど定番となった注目番組が放送され、その視聴率が毎年のように大きな話題となっています。

かつては第64代横綱の曙が大晦日にボブ・サップと戦い、史上初めて民放がNHKの視聴率を凌駕するということもありました。

果たして新時代のメディアとして勢いに乗るAbemaTVが、第68代横綱の朝青龍で仕掛ける企画は大晦日にどれほどの結果を残すことになるのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件