2017年12月07日作成

K-1ウェルター級新王者の久保優太の初防衛戦は、アルメニアの豪腕バダザリアンに決定。

K-1ウェルター級の初代王者となった久保優太の初防衛戦の相手はメルシック・バダザリアンに決定。ウェルター級随一のテクニシャンである久保と、強打者のバダザリアンによる好勝負が期待されます。

Eye catch 1512632908

久保優太の初防衛戦は、"最強幻想"のバダザリアンに

2018年3月21日(水・祝)にさいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~」の第1段対戦カード発表会見が、12月7日に都内で行われています。

同大会では一挙7階級のタイトルマッチが行われ、今年9月に初代王者が決定したばかりのウェルター級でも久保優太の防衛戦が決定。

対戦相手は久保が優勝したトーナメントにおいて、インパクトを残しながらも負傷棄権となったアルメニアのメルシック・バダザリアンに。本来なら決勝戦で実現していたのではないかとも言われる対戦カードとなっています。

日時 2018年3月21日
会場 さいたまスーパーアリーナ(メインアリーナ)
対戦カード

[王者]久保優太 vs [挑戦者] メルシック・バダザリアン

トーナメントでは負傷棄権となったバダザリアン

(C) M-1 Sports Media

今回挑戦者として抜擢されたアルメニアのメルシック・バダザリアンですが、久保が制したトーナメントにも参戦し、この時には1回戦でBigbang王者の山際からダウンを奪っての判定勝利を収めています。

バダザリアンは中国のメジャー団体「武林風」の世界王者となり、アメリカではボクシングのスーパースターであるミゲール・コットのスパーリングパートナーを務めるなど高い前評判通りの実力を披露しました。

しかしトーナメント1回戦で左肩を負傷したことで途中棄権となり、準決勝には敗れた山際が進出しています。

ちなみに山際はK-1トーナメントの3ヶ月前にあたるBigbangで久保と対戦し、この時にはドロー決着に。その山際からダウンを奪ってバダザリアンが勝利しているように、久保にとっては最強の挑戦者を迎えることとなっています。

両者のコメント

この日行われた会見には久保優太のみが出席し、対戦相手のバダザリアンは主催者を通じてコメントが寄せられています。

バダザリアン 「初代王座決定トーナメントでは初戦に勝利したものの、肩の怪我から久保優太と対戦することができなかった。しかしもう肩の怪我は完全に治った。K-1のベルトに挑戦できることを光栄に思うし、この機会を作ってくれたK-1には感謝したい。

この試合は間違いなくファンも見たい試合だと思う。俺には誰がベルトを持っていても関係ない。必ず久保をぶっ倒して俺がK-1の王者になる。」

一方、王者として迎え討つ久保のコメントはこちら。

久保「9月のトーナメントを優勝できてから、いきなりタイトルマッチということで防衛戦になります。

バダザリアンは決勝戦で戦いたい相手として名前を出させてもらったが、怪我ということで流れてしまった。事実上の優勝者と見られかねない強い相手なので、僕がキッチリと勝って、正真正銘のウェルター級世界王者になるということで試合を受けています。」

またバダザリアンの印象について聞かれると、こんな脱力コメントも。

久保「僕が王者になってマイクパフォーマンスのときに思わず泣いてしまったんですけど、後ろを見たらバダザリアン選手が携帯をいじっていたんですよ(笑) コノヤローって思って、そんな印象です。」

久保 「試合の印象は1回戦、僕は山際選手とドローになっているようにディフェンスが堅い選手なんですけど、その選手にもああいう形で勝っていて。蹴りもアグレッシブでK-1らしく、ウェルター級は激闘の階級と言われていますから、当日はそういった試合をバダザリアン選手とはできると思っています。」

防衛戦は得意ではないと認めながら勝利宣言

続いて久保はトーナメントでは優勝を重ねながらも、防衛戦はあまりこなしていないのではと質問を受けると、次のようにコメント。

僕は王者になってから次の試合になると、気が抜けちゃうのか負けてる試合が多いんですよね。何度もタイトルを取ることによって経験を積んできたので、さらにより気をつけて練習したいと思います。

Krushの67kgの防衛戦でも野杁選手に敗れてしまっているので、防衛戦は得意ではないかもしれない。トーナメントの方が得意だが、だからといって苦手意識を持ってはいけない。

さいたまスーパーアリーナのメインアリーナ大会という素晴らしい舞台を用意してくれたので、僕が勝って注目を浴びたいと思っています。

久保にとっては鬼門ともいえる初防衛戦として、アルメニアの豪腕バダザリアンを退けることができるのでしょうか。激闘の階級とされるウェルター級らしい熱戦が期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件