2017年12月07日作成

新生K-1最大の祭典では7階級で豪華タイトルマッチが実現。K'FESTA.1は新生K-1の集大成大会に。

新生K-1史上最大の祭典となる「K'FESTA.1」は全7階級に渡ってタイトルマッチがラインナップ。さいたまスーパーアリーナのメインアリーナ大会を飾るに相応しいビッグカードが並んでいます。

Eye catch 1512647946

K'FESTA.1は7階級でタイトルマッチが実現

2018年3月21日(水・祝)にさいたまスーパーアリーナのメインアリーナで開催される「K'FESTA.1」は、新生K-1が2014年に旗揚げされて以来、最大のビッグイベントとなります。

新生K-1は4,000人規模の代々木第二体育館から始まり、代々木第二体育館の階級工事に伴い、新たな拠点をさいたまスーパーアリーナに移転。8,000人規模となるさいたまスーパーアリーナ、コミュニティアリーナでの開催を経て、2018年3月にはメインアリーナでの開催が実現します。

団体の成長と共に会場規模も拡大してきたことを象徴するように、K'FESTA.1はその集大成として7階級のタイトルマッチが行われます。

12月7日に第1弾カードとして発表されたタイトルマッチは以下の4つ。

  • スーパーフェザー級タイトルマッチ…大雅 vs 武尊
  • ライト級タイトルマッチ…ウェイ・ルイ vs 卜部功也
  • スーパーライト級タイトルマッチ…野杁正明 vs 大和哲也
  • ウェルター級タイトルマッチ…久保優太 vs メルシック・バダザリアン

また既報の対戦カードとしては、スーパーウェルター級の「チンギス・アラゾフ vs 日菜太vs廣野祐の勝者」が同大会で行われることも発表されています。

さらに残る階級としてスーパーバンタム級王者の武居由樹、ヘビー級のアントニオ・プラチバットについても、対戦相手は未定ながら防衛戦が行われることも決定。(武居の対戦相手は近日中に発表)

また現フェザー級王者の武尊は、K-1では2つのベルトを同時に保持することができないために、試合までのいずれかの日に王座を返上することになっており、実質的には全ての階級でタイトルマッチが実施されます。

K'FESTAは全対戦がワンマッチに

新生K-1では旗揚げ以来、後楽園ホール大会を除けば全大会でいずれかの階級のトーナメントが実施されてきたものの、K'FESTAでは全階級の集大成とするべく、タイトルマッチを中心に全てがワンマッチとなることが宮田プロデューサーより発表。

12月9日のKrush、27日のK-1 SURVIVAL WARSに出場する選手も含め、今後はワンマッチのカードが追加されることも合わせて発表されています。

既にワンマッチでは「平本蓮 vs ゲーオ・ウィラサクレック」が決定しており、それに続く豪華ワンマッチの実現が期待されます。

またイベント名にお祭りを意味する「FESTA」が含まれているものの、あくまで主役は選手であり、ファンに求められる対戦カードを揃えることに注力するとのこと。

日本格闘技の人気が低迷し「冬の時代」とも言われた時代を脱しつつありますが、その人気を牽引するかのごとく規模を拡大してきた新生K-1の集大成とも言える珠玉の対戦カードには、早くもファンの間では話題沸騰となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する記事

コメント 0件