Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

武尊がアメリカでUFC王者ディラショーとスパーリング!名伯楽、ラドウィックの下で単身修行中。

2017/12/14 12:11

前人未到のK-13階級制覇を目指す武尊が、タイトルマッチを前にして単身アメリカに武者修行中。練習拠点は名伯楽のラドウィックのジムで、UFC王者のディラショーとも練習を積んでいることが報告されている。

武尊がアメリカに単身武者修行

来年3月にさいたまスーパーアリーナのメインアリーナで開催される、新生K-1史上最大のビッグマッチ『K'FESTA.1』。その目玉カードにて武尊(26)が、大雅の持つスーパーフェザー級のタイトルに挑戦することが決定している。

前人未到のK-1三階級制覇に挑むことになる武尊だが、3月の試合に向けて単身アメリカに武者修行に行くことが自身のSNSで報告されている。

武尊がアメリカで修行先に選んだのは、元祖二刀流ファイターとして、かつてK-1やUFCで活躍したドゥエイン・ラドウィックが主宰する『ラドウィック・マーシャルアーツ』だ。

ラドウィックといえば日本人スター選手との対戦が多く、MMAでの代表的な試合としては、UFCでは須藤元気から判定勝利、戦極では五味隆典と対戦して判定負け。

そしてK-1 WORLD MAXでは初年度の世界トーナメントに参戦して、魔裟斗と対戦して判定負け。それでも翌年には武田幸三から左フック一閃でKO勝利を収めるなど、数々の印象的な試合を残してきた。

(ドゥエイン・ラドウィック、クレジット: By Yeedeed [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons)

引退後には世界的有数のMMAチームであるチーム・アルファメールのヘッドコーチに就任すると、そこからみるみる所属選手のキャリアアップに導き、ユライア・フェイバーやTJ・ディラショーを始めとした世界的なMMAファイターを育成。これらの実績からラドウィックは、輝かしい実績を収めた選手時代以上に、優秀なトレーナーとして名声を高めている。

そしてラドウィックは2014年にチーム・アルファメールを離脱し、自身のジムをオープンさせているが、武尊が今回武者修行先に選んだのがこのラドウィックのジムということになる。

UFCバンタム級王者のディラショーと夢のスパーリング

またトレーナーとしてのラドウィックといえば、現UFCバンタム級王者のTJ・ディラショーと固い絆で結ばれていることで知られている。

(画像はTJ・ディラショー、クレジット: Zuffa LLC via Getty Images)

ラドウィックは2015年に「チーム・アルファメールで本気に王者になりたいと思っていたのはTJ・ディラショーだけだった」と発言したことは波紋を呼んだものの、それだけラドウィックとディラショーの師弟関係が強固であることが分かるエピソードとなっている。

そしてラドウィックは12月14日に自身のInstagramを更新し、武尊とディラショーとのスパーリングの模様を投稿している。

A post shared by Duane Ludwig (@duanebangcom) on

ラドウィックは「UFC王者(のディラショー)とK-1王者(の武尊)がスパーリングドリルをこなす日が来るなんて」とコメントしているように、K-1王者とUFC王者による夢のスパーリングといっても過言ではない。

ディラショーはサウスポースタイルから独特なステップを踏みながら攻撃を放つことで知られているが、3月に対戦する大雅とも近いスタイルであることから、対策としてはこの上ないスパーリングパートナーといえるだろう。

世界的な名伯楽の下、ディラショーと初めとした恵まれたスパーリングパートナーと練習を共にしている武尊がいかにスキルアップした姿を見せてくれるのだろうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Nd wwgyg
みるこっぷ
2017/12/14 13:00

ディラショーの動きは本当に異次元ですね!武尊と動きが全然違う。

さらに1件の返信を見る
Missing avatar
hogeji
2017/12/15 21:01

そんなディラショーを子供扱いしてるロマチェンコはすごいっす
https://www.youtube.com/watch?v=mxbRy_PO0vU

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/19 10:49

ロマチェンコは動きだけでも楽しめる選手だよなぁ。
TJの持ち味は左右の多彩なキックと確かなレスリング力だからボクシングのレベルが上がったら鬼に金棒だね。

U3yi7c4g
大野崇
2017/12/14 23:25

打撃の選手が北米に行くようになるとは時代が変わりましたね。
昔はオランダかタイでしたが。

Missing avatar
キックマニア
2017/12/16 05:08

身体的なトレーニングはアメリカだとは思いますが、K-1ファイターとしての立ち技のスキルを磨くならやっぱり、オランダとかタイ行ったほうがとしては良さそうな気がします。映像で見たんですが、スパーもMMAファイターとで微妙でしたし、ラドウィックのミットレベルもあまり高いとは思えない。

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/16 16:40

たけるさんは手打ちばっかでしたね 単発ではいいの打ってますがコンビネーションだと手打ちすぎ

特にガードの意識がひどい まあk1といっても世界的な選手一人もいませんかね 仕方ないか

Missing avatar
K-3
2017/12/16 23:31

今のK-1は階級が細かくなった分、国内外の実力が注目されると逃げるように階級を上げ下げしますからつまらないですね。

武尊や久保、城戸などの実力者に多いような気がします

関連する記事