Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

ボブ・サップがフランスのキックボクシングイベントに参戦!立ち技ルールでは曙戦以来1年8ヶ月ぶり。

2017/04/24 21:03

ある意味で旧K-1の遺伝子を最も継ぐ男、ボブ・サップがフランスのキックボクシングイベントに出場が決定。立ち技ルールでの試合となると2015年RIZINでの曙戦以来ということになります。

ボブ・サップが1年8ヶ月ぶりに立ち技ルールに挑む!

ボブ・サップが「ファイトナイト・サントロペ」(Fight Night Saint Tropez)というフランスのキックボクシングイベントに出場することが分かりました。FIGHTAGという海外の格闘技メディアが報道しています。

現時点ではサップの対戦相手は決まっていないのですが、この団体は昨年110kg以上の選手のみを対象としたスーパーヘビー級トーナメントを開催していたので、対戦相手には困らなさそうです。

ちなみに試合は8月4日に行われます。

立ち技ルールは曙戦以来

サップはここのところほとんど試合をしておらず(というより現役ということがあまり知られていないかもしれませんが)、この3年間でわずか2試合しかこなしていません。

直近の試合は2006年にMMAで中国人選手にわずか36秒でKO負け。その前は2015年大晦日のRIZINで曙とシュートボクシングルールで対戦して2RTKO勝利を収めています。

実は日本で仕事してる?

これだけでは話題が弱いので、何かネタがないかとボブ・サップのTwitterをチェックしてみたところ、タイムラインにはほとんど日本人向けのRTばかりが並んでいました。

2月にはなぜか高須院長と食事をしたり、その前にはハマ・オカモトと道端で遭遇したりと、日本に滞在していたようです。

ちなみに約5800人のフォロワーの大半は日本人ということで、世界中の格闘技イベントで試合をしている割には、海外でボブ・サップをウォッチしている人はほとんどいないということが分かりました。

実はアメブロを持っている

サップはなぜか公式のアメーバブログを持っており、全て日本語でブログを投稿しています。

昨年までは頻繁に更新していたのですが、今年は飽きてしまったのかパッタリ更新が止まっています。

ヨハン・リドン、グレゴリー・トニーも参戦

ちなみにこのファイトナイト・サントロペという団体は、サップのような個性的な選手のみを集めているわけではありません。

まずは、ヨハン・リドンというIT'S SHOWTIME73kg王者の選手も出場することが決まっています。この選手は昨年まで11連勝と勢いに乗っており、2011年には来日して郷野聡寛と対戦して勝利しています。

またヘビー級のグレゴリー・トニーも参戦を表明。この選手は旧K-1やGLORYに出場しており、トップ所には敵わないものの、二線級の選手には手堅く勝利しています。

サップの対戦相手が決まるなど続報が入り次第、引き続き紹介したいと思います。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事