Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

キシェンコ強すぎ!悶絶ボディーブローで1RKO勝利。巌流島戦士、楠ジャイロはリベンジを許す。【クンルンファイト68】

2017/12/18 09:52

By Paulblank (http://www.postproduktie.nl) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

中国メジャー団体クンルンファイトに参戦したアルトゥール・キシェンコは、得意のボディーブローで1RKO勝利を収め、破竹の17連勝に。また巌流島でおなじみの楠ジャイロはリベンジに燃える相手に及ばずKO負けを喫した。

"美しき死神"キシェンコがクンルンファイトに出場

キックボクシングが空前の盛り上がりを見せている中国のメジャー団体であるクンルンファイトが、12月17日に中国で『クンルンファイト 68」を開催した。

クンルンファイトは中国の団体ながら英語で積極的に発信し、自国の選手にこだわらずに世界から強豪選手を積極的に招聘することから、最も国際的なイベントとして人気を博している。

そしてクンルンファイト 68の目玉選手としては、かつてK-1 WORLD MAXで目覚ましい活躍を残したアルトゥール・キシェンコ(31)が出場。キシェンコは現在80kg級のカテゴリで世界最強と目されており、破竹の16連勝を飾っている中で、アンドレイ・チェホーニン(29)と対戦した。

◯アルトゥール・キシェンコ
1RKO 左ボディー
●アンドレイ・チェホーニン

試合はまさにキシェンコの圧巻の勝利となった。

キシェンコは試合開始から前足をあげて蹴りのフェイントを入れつつ、ジャブを放っていく。ショートのパンチを顔面にまとめてからテンポよくローキックまでつなげると、相手は早くも圧力負けをしてロープに追い詰められる展開に。

その後も上下の攻撃を軸に試合を優勢に進めたキシェンコは、試合開始から1分20秒ほどに、ジャブから右アッパー、そして左ボディーまでつなげる。渾身の一発というほどではなかったが、上に意識が集中していた相手は予期せぬボディーブローを貰ってたまらずダウン。

そのまま立ち上がれずにキシェンコが1RKO勝利を収めた。K-1時代から猛威を振るっていたボディーブローは未だ健在で、「美しき死神」というニックネームを体現した勝利となった。これでキシェンコは連勝記録を17に伸ばしている。

巌流島戦士の楠ジャイロは判定負け

そして今回、キシェンコの他になじみのある選手といえば、巌流島戦士の楠ジャイロだろう。

(C) 巌流島

クンルンファイトの100kg超級トーナメントに出場し、中国ヘビー級のエースであるアシャーティとの3度目の対戦に臨んだ。(1度目はアシャーティの勝利、2度目はジャイロの勝利)

◯アシャーティ
1RKO 右フック
●楠ジャイロ

試合は体格に勝るジャイロが圧力を発揮すれば、アシャーティは大柄な体格に見合わないフットワークを使ってスピードで応戦する。ジャイロは声を上げながらローキックを放って先手を取ろうとするが、アシャーティはジャブからパンチのコンビネーションにつなげるなどテンポの良い攻撃で手数で上回り、ペースを掴むことに成功。

そして1R終盤になるとアシャーティの右フックがカウンターで入り、さらに追撃の右フックがガードの隙間を縫うようにアゴを捉えると、ジャイロはたまらずダウン。

ヘビー級のパンチを立て続けに受けたジャイロはダメージが深く、立ち上がることができずに10カウントを聞き、1RKO負けを喫した。ジャイロはアシャーティにリベンジを許すとともにトーナメント1回戦で姿を消すことになった。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Girl 2197992 960 720
ガレージキッド
2017/12/18 12:54

キシェンコって年始にニキー・ホルツケンと頂上決戦をするって盛り上がってましたけど、ホルツケンが負けてぽしゃっちゃたのかな?

本人のモチベーションはどこにあるんだろう。

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/18 13:44

キシェンコデカくなりすぎってSNSで少し話題になってますね。