Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

UFC221で石原夜叉坊がバンタム級への転向が決定。ホセ・キノネスと対戦へ。

2017/12/20 10:29

Road to UFC JAPANからUFCデビューを果たし、高い人気を誇る石原夜叉坊がバンタム級への転向が決定し、2018年2月のUFCオーストラリア大会で地元のホセ・キノネスと対戦が決定した。

世界最高峰のUFCにおいて、日本人選手として屈指の人気を誇る石原夜叉坊がバンタムに転向することが決定。

UFC日本広報よりリリースが届き、日本時間2018年2月11日(日)にオーストラリアで開催されるUFC221に石原“夜叉坊”暉仁(26)が出場し、地元オーストラリアのホセ・キノネス(27)と対戦することが発表された。

石原夜叉坊はフェザー級からバンタム級に転向

石原夜叉坊といえば、2015年に放送されたリアリティ番組『Road to UFC JAPAN』に参加し、決勝まで進出すると、同年のUFC日本大会で廣田瑞人と対戦し、判定1-1のドロー判定の末にUFCとの本契約を勝ち取っている。

非常に陽気な性格でも知られており、そのキャラクター性から日本のみならず、練習拠点とするアメリカでも高い人気を誇る、数少ない日本人ファイターだ。

UFCではここまで3勝2敗と勝ち越しており、デビュー戦から2連勝。しかしその後は連敗を喫し、迎えた今年9月のUFC日本大会では、ホームの大歓声をバックにロランド・ディから復活の勝利を収めている。

これまで65.8kgとリミットとするフェザー級で戦ってきたものの、今回から61.2kgのバンタム級まで階級を落として再始動することが決定した。リリースより伝えられた夜叉坊のコメントは以下の通りだ。

「3年ぶりのバンダム級、それに2年間こっちでしっかり身体を作ってきた。ホセは強い。
キーポイントはスタミナやと思います。試合までしっかり仕上げる。世界と闘う準備はできてる。この試合の後、みんなの期待が膨らむ、そんな試合をする。応援よろしくお願いします!!!!?」

そして、夜叉坊がバンタム級初戦で対戦するのはメキシコのホセ・キノネスだ。

UFCデビューを迎えた経緯は夜叉坊と近く、キノネスは2014年に『TUFラテンアメリカ』に参加して準優勝を収めている。

これでUFC本契約を勝ち取ると、デビュー戦こそ判定負けを喫したものの、そこから現在までに3連勝を飾っており、ランキングこそ入っていないものの紛れもない強敵だ。

ちなみに前戦で勝利したディエゴ・リヴァスとの試合は、リヴァスが精巣ガンで余命宣告されてから復活を遂げた選手ということでも注目の一戦となっていた。

前回は地元日本で戦った夜叉坊だが、今回はキノネスのホームであるオーストラリアで対戦することになるが、敵地で貴重な一勝をあげ、バンタム級で存在感を発揮したいところだ。

同大会ではウィテカー、ハントとご当地ファイターが登場

石原夜叉坊が登場する2018年2月のUFC221では、メインイベントにUFCミドル級タイトルマッチとしてロバート・ウィテカーvsルーク・ロックホールドが行われる。

ジョルジュ・サン・ピエールの王座返上に伴い、正規王者に格上げとなったウィテカーが初の地元でのタイトルマッチで、元王者のロックホールドを迎えうつ。

またメインカードには日本でもおなじみのマーク・ハントが復帰戦を行う。脳へのダメージが危惧されて一度は戦線離脱したマーク・ハントだが、医師の診断を経て晴れて復帰となった。

ヘビー級でフランシス・ガヌーに次ぐ勢いを誇るカーティス・ブレイズとの試練の一戦となるが、43才を迎えた"スーパーサモアン"は未だ健在なのか注目の試合だ。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Girl 2197992 960 720
ガレージキッド
2017/12/20 15:23

試合がコンスタントにないからなのか、夜叉坊は存在感の割に日本でスターになれていない気がする。

ファイトマネーの部分はわからないし、アメリカでは楽しくやれてるのかもしれないけど、日本で見たいって気もするなあ。

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/20 17:02

やっぱり夜又坊のような派手な選手は日本よりも海外の方が受け入れられるな

関連する記事