Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

"居合パンチャー"町田光が、2018年KNOCK OUT初陣へ。第1弾興行にて「町田光vs髙橋一眞」が決定。

2017/12/22 13:08

KNOCK OUTのレギュラー選手として高い人気を誇る町田光が、KNOCK OUT 2018年第1弾興行に登場。狂暴三兄弟の長男であり、NKBライト級王者の髙橋一眞と対戦する。

2017年12月に過去最大規模となる両国国技館大会で成功を収めたKNOCK OUT。

飛躍が期待される2年目の第1弾興行、『KNOCK OUT FIRST IMPACT』の対戦カードとして『町田光vs髙橋一眞』が決定した。既に同イベントではスーパーライト級トーナメントの4試合および、那須川天心の参戦が発表されているが、この試合が初の決定済対戦カードとなる。

なおKNOCK OUT FIRST IMPACTは2018年2月12日(月・祝)に大田区総合体育館で開催される。

復活の勝利を収めた町田光

居合抜きのようなモーションから繰り出す"居合パンチ"を武器とすることから、町田光(30)は"居合パンチャー"と呼ばれる。INNOVATIONやREBELSでは団体の顔として活躍し、KNOCK OUTでもレギュラー参戦を果たすなど、高い人気を誇っている。

2017年にはKNOCK OUT初代ライト級王者を決めるトーナメントに「負ければ引退」という覚悟を持って臨んだものの、準決勝で後の優勝者となる森井洋介に無念の2RTKO負けを喫した。

一度は引退を迎えると思われたが、その2ヶ月後に電撃復帰を果たしており、KNOCK OUT両国大会ではレジェンド選手の大月晴明から3RTKO勝利を収めて、完全復活を遂げた。

(12月のKNOCK OUT両国大会で大月晴明からKO勝利を収めた直後の町田光)

そして大月からの勝利から2ヶ月後となる、2018年2月12日のKNOCK OUT FIRST IMPACTにも参戦することがいち早く決定した。

対するは"狂暴三兄弟・長男"髙橋一眞

町田と対戦するのは、NKB名物ともいえる髙橋三兄弟の長男である髙橋一眞だ。

KNOCK OUTでは『狂暴三兄弟』と呼ばれている高橋兄弟は、12月10日の両国大会では次男の髙橋亮が、打倒・那須川に最も近いとされていた小笠原瑛作を相手にドローまで持ち込むサプライズを演じたことが記憶に新しい。

髙橋一眞はこれが初めてのKNOCK OUT参戦となるが、実は昨年9月に『プレ旗揚げ戦』として、森井洋介とKNOCK OUT出場をかけて試合を行っている。

後に森井は初代ライト級王者となり、KNOCK OUTで最も輝きを放つ選手となったが、その森井に敗れてKNOCK OUT参戦を果たせなかったという悔しい過去がある。

髙橋はその間に主戦場とするNKBにおいて、その森井から唯一ドローに持ち込んでいる村田裕俊から勝利してライト級王者となっており、先週行われたばかりのタイトルマッチでも1RKO勝利で初防衛に成功している。

これらの実績が評価され、晴れてKNOCK OUT本戦に出場することになった髙橋は、レギュラー選手である町田を破り、継続参戦につなげたいところだ。

KNOCK OUTでのニックネームは『怒突き合いお兄ちゃん』とされている髙橋だが、試合では引きながら柔軟に戦うこともできるなど、テクニシャンとしての一面もある。町田との試合は駆け引きのある好勝負が期待される。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/22 13:31

あれ?町田って森井に負けて引退したんじゃなかったっけ?

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/22 15:46

三兄弟で1番強いん三男