Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

【RIZIN】堀口戦は「タイミングがあえば来年にも」那須川天心の公開練習で、堀口とのキックマッチにも言及。

2017/12/22 19:24

大晦日のRIZINでキックボクシングトーナメントに臨む那須川が公開練習を披露。終了後の囲み会見では堀口恭司とのキックボクシングマッチについて言及される場面もあった。

2017年12月31日(日)に行われるRIZINにて、団体初のキックボクシングトーナント『RIZIN KICK ワンナイトトーナメント』が行われる。同トーナメントの主役として参戦している那須川天心(19)が22日(金)に都内で公開練習を行った。

公開練習では3分間に渡ってシャドーボクシングをこなした。ケージの中を縦横無尽に駆け回り、パンチ・キックを交えたコンビネーションから、回転系の攻撃から飛び膝蹴りまで一通り披露している。

圧巻のパフォーマンスを見せたが、本日は20Rの練習を既に終えた後だという。これだけ見てもコンディションの良さが伺えるだろう。

「格闘技に絶対はないが、それに近づけている」

那須川はかねてよりRIZINでキックボクシングルールでの試合がしたいとアピールしており、今年の大晦日にはその要望が叶うような形で、RIZIN初のキックボクシングトーナメント「RIZIN KICK ワンナイトトーナメント」が開催され、那須川も参戦が決定した。

優勝候補の最右翼である那須川は、今回のトーナメントについて次のように意気込みを語った。

那須川「いつも通り万全に整えれば、今のところは負ける相手はいないかなと思っているので。格闘技には絶対はないですけど、その絶対に近づけるように練習しているので、(負けることが)ないように頑張りたいですね。」

またワンデートーナメントは2015年のBLADE以来となるが、トーナメント特有の要素も織り込み済みだ。

那須川「(BLADEよりも)1試合少ないですけど、トーナメントとなると怪我とか運とかも関わってくるので、そういうのを全部味方にしなければならないですね。」

1回戦の対戦相手は異例の公募制が取られ、那須川との対戦に並々ならぬ闘志を燃やす、浜本"キャット"雄大に決まった。浜本については「全体的に強いが、これといったものはない」と捉えている。

那須川「(浜本への対策は)相手のアピールが凄いので、それに乗らないこと。相手のペースに巻き込まれない、相手にしないことかなと。あとは試合を見たんですけど、あんまり怖い、強い攻撃というのはなかなかなかった。全体的に強いなというくらいなので、特にこれと言った印象はないですね。」

堀口恭司とのキックボクシングマッチについても言及

公開練習終了後の囲み会見では、板垣恵介が那須川と堀口の対戦についても言及した。

(UFCで大活躍し、RIZINではバンタム級トーナメントの優勝候補とされている堀口恭司)

板垣「あとは2ヶ月くらい前かな。堀口選手と対談をしたんだけど、その時に堀口選手が天心選手とキックルールでやりたいと言っていたので、ワクワクしましたね。本当にそういう話は好きですね。」

RIZINの顔である那須川と堀口との対戦はまさにドリームマッチであるが、那須川も堀口についてはキックボクシングの実力も高く評価している。

那須川「知ってます。ぜひやりたいですね。堀口選手は多分キックボクシングの中でも本当に世界レベルだと思います。

昔スパーリングを1回やって。(堀口が)たまたま日本に来ていた時に、フィジカルトレーナーの方に紹介してもらったんです。凄く面白かったですね。こんな感じなのかと。その頃はあまり日本に来ていなかったので、こんなところで会えるのかなと思いましたし、いざ対面すると色々と感じるものもありました。」

またこれを受けて榊原実行委員長も次のように対戦可能性について言及している。

榊原「それは世の中に応じてですね。見たいものが見たいタイミングで、出せるかどうかだろうし、それぞれ選手の思いはあるでしょう。

当然、堀口もバンタム級グランプリの結果にもよるだろうし、天心も4人のワンナイトトーナメントでどんな形で可能性を見せてくれるのか。そういうものも色んな歯車が噛み合えば、何年も先の話ではなくて、来年実現してもおかしくないですよね。」

公の場では初めて堀口と那須川のキックボクシングルールでの試合について前向きな発言を残したことは、2018年のビッグマッチ実現の機運がやや高まったと言っても良いだろう。

年末のRIZINでは堀口がバンタム級トーナメント、那須川がキックボクシングトーナメントと、異なるトーナメントで主役として参戦しているが、来年には両者が拳を交える可能性はゼロではない。

まずは両者が年末にどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。あと7日と迫ったRIZIN年末大会への期待は高まるばかりだ。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Kitty 2948404 960 720
サワディーカップ
2017/12/22 19:39

堀口vs那須川は禁断の戦い感があって超見たい。
2018年版の魔裟斗vs川尻を超えるキックvsMMAですよ。

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/22 23:59

何故キック?MMAでいいやんどっちにしても堀口の勝ちやろうけど

Nd wwgyg
みるこっぷ
2017/12/23 10:16

MMAでやれ

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/24 08:11

MMAだと実力差あり過ぎて試合にならんだろうから、まだキックのほうが試合成立しそう。

関連する記事