Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

RISE117で那須川天心と対戦のライアン・シェーハンを紹介!腕にデッドプールの入れ墨を掘るほどのアメコミオタク!?

2017/04/25 23:05

RISE117で那須川天心とISKAオリエンタルルール世界バンタム級(-55kg)タイトルマッチを行うライアン・シェーハン。今最も注目を集める格闘家と言える那須川の対戦相手ながら、ライアン・シェーハンって誰だよ!?という方が多いと思いましたので、簡単に紹介します。

5月20日(日)後楽園ホールで開催の「RISE117」にて、那須川天心vsライアン・シェーハンによるISKAオリエンタルルール世界バンタム級(-55kg)タイトルマッチが行われます。

世界戦として行われる対戦ですが、挑戦者のライアン・シェーハンとは何者なのかを知っている人は極僅かなんではないでしょうか?(この対戦カードは前回RISEの会場で発表されましたが、シェーハンの名前がアナウンスされても会場のリアクションは全くありませんでした。)

そこでこの記事ではライアン・シェーハンとはいかなる人物なのかを紹介します。

ライアン・シェーハンとは何者か

プロフィール

まずはライアン・シェーハンの簡単なプロフィールを紹介します。

1997年生まれ(19歳)のアイルランド人キックボクサーで、現在までの成績は26戦21勝。タイトルはISKAムエタイヨーロッパバンタム級王座とWKA世界バンタム級王座を保持。身長は170㎝で構えは右構え。得意技はヒジ打ちと組んでの膝とされていますが、今回の試合ではいずれも禁止されています。

2015年には昨年K-1で活躍したエリアス・マムーディとムエタイルールで対戦し判定負け。しかし大接戦だったため、直ぐにISKAムエタイの王座決定として再戦が組まれるも、マムーディが病気で欠場。シェーハンが代替選手と対戦して王座を獲得するという経緯がありました。

過去に2人の日本人選手と対戦

実は日本人選手と2016年に2回対戦しているシェーハン。

1度目は5月15日に新日本キックボクシングで来日し志朗と対戦。志朗はISKAムエタイの世界バンタム級王者を保持する屈指の強豪選手ですが、組んでの膝で攻め込みドロー決着を演じています。

2度目は10月22日に地元アイルランドで元新日本キックフライ級王者のHIROYUKIと対戦。ここでは得意の組んでの膝と前蹴りを駆使して判定勝利をあげています。

対日本人との対戦経験は1勝1分と、日本人キラーとなっています。(まだ2戦しかしてませんが負けなしです!)

今年はハードな試合が続く

シェーハンは今回のタイトル戦を統括するISKAから「欧州の55㎏級で最も強いムエタイ選手」と称されています。そこまで評価されるだけあり、実は既に3試合ものスケジュールが組まれていて、どれも重要な試合となっています。

1戦目は4月29日に地元アイルランドで試合を行います。これはアイルランドのベテランを相手に迎えるISKAムエタイヨーロッパバンタム級タイトルマッチとなっています。

そして続く2戦目が那須川天心との対戦。さらに、3戦目として8月26日にダニエル・マッグウォーンとの対戦が決まっています。マグウォーンは去年新日本キックボクシングで来日し、志朗と世界王者決定戦を行った選手です。

厳しいスケジュールが続くシェーハンですが、那須川との試合にも気合いが十分で、試合に向けて以下のコメントをしています。

那須川との試合は簡単な試合じゃないけど、5月20日には違うレベルの選手になってリングにあがるぜ!

写真はRISE出場へ向けてビザを取得するシェーハン。

ムエタイの強豪選手であり、得意とする攻撃が禁止される闘いとなるシェーハンですが、それに対応する闘いかたはしっかりとトレーニングを行っているそうです。

19歳の青年らしい子供っぽさも

アメコミが大好き

フェイスブックのプロフィールをマーベルのCEOと表記しちゃう程のマーベルコミックファンであるシェーハン。
(マーベルのCEOはケヴィン・ファイギなので、間違ってもシェーハンじゃないはず!)

右腕にはスパイダーマンやデットプールの入れ墨が彫られているようなので、来日の際はぜひ右腕に書かれた漫画のストーリーを明らかにしてもらいたいところ。

母親には悪戯しちゃうぜ

19歳という若さだけあり、現在は母親と同居しているようで、練習後には母親に白い粉を投げつけるシェーハン。
母親とは仲がいいそうですが、結構ワイルドな悪戯をしてます。

最後に

駆け足ではありましたが、シェーハンのプロフィールを紹介させて頂きました。

ムエタイルールで日本人選手を相手に結果を残し、欧州のトップ戦線で戦うライアン・シェーハン。
正直なところ那須川天心を相手に組みのないRISEルールで戦うのは厳しいという印象。しかし、20歳と若く、急成長を見せている選手だけに侮れない相手と言えるのではないでしょうか?

今週末に行われる試合についても日本で唯一(?)Queelがお伝えします。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/11/26 18:12

ライアン日本でも活躍しそうですね。

関連する記事