Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

前代未聞の事態!神取忍と対戦するギャビ・ガルシアが前日計量で12.7キロオーバーに!

2017/12/28 18:46

12月29日に神取忍と対戦予定のギャビ・ガルシアがなんと契約体重を12.7キロオーバーする事態となった。対戦が成立するかどうかは28日中にRIZINが発表する。

12月29日にRIZINがさいたまスーパーアリーナで開催する『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』。大会前日となる28日(木)には出場選手による前日計量が都内ホテルで行われた。

出場選手が続々と計量をパスする中、神取忍(53)とギャビ・ガルシア(32)の一戦において前代未聞の出来事が起きた。

ギャビ・ガルシアが契約体重を12.7キロオーバー

この試合は神取忍が53才にして年齢差・体重差を乗り越え、"霊長類ヒト科女子最強"と呼ばれるギャビ・ガルシアと対戦するが、世間的に高い知名度を持つ神取によるチャレンジマッチだけに対世間という軸で最注目のカードとなっていた。

契約体重は95キロとなっており、先に計量に臨んだ神取は73.75キロと楽々クリアーしたが、ギャビはなんと107.7キロでの計量となった。数キロでの計量オーバーですら珍しいが、12.7キロという大幅な計量オーバーは前代未聞であり会場が一気にザワつく。

そして神取はこれを見て怒り心頭となり、ギャビに対して罵声を浴びせることになった。

「ふざけるなお前。人としてどうなんだよ!ルールはどうなってるんだ、なんだこれは。10kgもオーバーしてるんだろ。ふざけるのもいい加減にしろよ、ルールありきのものだろう!」

この計量オーバーには現場は凍りつき、榊原信行実行委員長が登場すると、一旦は競技陣や神取、ギャビを交えて話し合いを行い、速やかにギャビの処遇を決定するとアナウンスした。

そして全体の計量が終了すると囲み会見が開かれ、計量オーバーの処遇についての方針がアナウンスされた。

榊原実行委員長が囲み会見を行う

榊原 「僕らが聞いていたのは昨日の時点で9キロ。公開計量の前にはそれに備えてくるという話を聞いていたがウソだった」

ーー契約体重の話はギャビに通していたのか?

榊原 「もちろん。」

ーー勘違いということもなく?

榊原 「全然です。そもそも95kgということで僕らは話をしていて、それでも神取忍が80kgを切るくらいしかありませんし。無差別というのは女子でも柔道などでないわけでもありませんが、日本の寛容なルールをもってしても、ちょっと受け止めがたい数字かなと思っています。

神取さんはこれで総合を終わりにするというくらいの覚悟を持って、このスペシャルな日に勝っても負けても彼女が戦いたいという思いが強かったわけです。ただ神取さんの思いを考えると、もう一度聞いてみますが、本人が行きたいと言っても止めるべき体重差かなと思っています。

まだ分からないですが、その辺りの協議をしっかりとして、なるべくファンの皆さん、マスコミの皆さんにお伝えできればと思っています。

もちろん競技陣と早急に話をしたところで、競技陣がどうぞやりましょうとは言いませんし。競技のルールの中では、例えば『イエローカード2枚で、ギャラの半分カット』といった問題でもないかなと思います。まずは神取さんと早急に話します。」

ーー今日中にですか?

榊原 「もちろんです。色んな調整事があるので、そこで結論を出して、やらないとなったときのテレビの対応や、ファンの皆さんへのご案内も含めてあるので。早急にここから数時間以内に結論を出したいと思います。」

ーーギャビは昨日より体重が増えていたということですか?

榊原 「うん、増えている。ただ昨日の9キロというのは自己申告の数字だからね。今何キロなのと言ったら、入ってきた時点で9キロオーバーだと。大丈夫かと思ったが、ヘビー級の選手は9キロくらい1日で落としてくるので、大丈夫だろうなとスタッフたちは思っていたという状況です。」

ーー予備計量にも乗らなかったということですか?

榊原 「乗らなかった。僕らの目の前では一度も乗っていない。これまでも何度も来日してる選手なんでね。ウエイトのコントロールが厳しいタイプの選手ではあるけど、まあやってこれるだろうなと思っていました。

少しギャビとも話しますけど、前代未聞の体重オーバーです。前回のアンディ・ウィンの250グラムオーバーが可愛く見えてしまう。減量するという努力の跡も見られないので、もう救いようがない。」

ーー委員長としては起こってからでは遅いので、どういう対応をするのですか?

榊原 「今の僕の気持ちとしてはノーです。主催者としては断腸の思いだけど止めるべきだし辞めるべきだと。だから後は本当に神取さんの気持ちだけだと思いますけど、本人たちやセコンドを含めた人たちと僕らが協議をしてみます。

気持ちだけでやれる範囲を超えていて、彼女が総合のキャリアの最後をRIZINに選んでもらった身なので、本当に断腸の思いなんですけど、だからこそ止めるべきじゃないかと強く思っています。

本人の思いを聞いて、一方的に主催者として切り捨てるということではなく。ここで実現しなくてもひょっとしたら2018年に延期されて、2度流れたカードが3度目にということもないわけでもないですから。そういう可能性を含めて建設的にやっていきます。

まだRIZINは続きますし、僕らの人生も続いていくので。本当にタイミングの問題だなと思いますので。ファンの思いとか放送局とか色んなしがらみとかも当然ありますけど、それにもあまり影響を受けすぎないようにジャッジしようかなと思っています。」

ーー何かペナルティは考えていますか?

榊原 「当然考えていますね。また起こす可能性もあるだろうし。だから僕らも何度か来日している中で、きちんとやって来ている選手なので。僕らが日々の中で彼女のウエイトを管理する必要があったのかもしれないけど、ちょっと二人と話をしてみます。もう数時間以内には結論を出します。」

以上のやり取りが囲み会見の中で行われた。試合の成立については数時間以内に結果が出るとアナウンスされているので、結果が伝わり次第お知らせする。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
クイール最高
2017/12/28 19:02

ドーピングを使って、体重調整などコントロールが出来なくなったのだろうか?

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/28 19:04

神取さん大人すぎだろ
普通にキレて良いところをプロレス的にキレて場を持たせるなんてよくできるよ

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/28 19:16

これは選手の判断に任せるとか眠いこと言ってないで、主催者権限で止めるべき試合。ギャビはファイトマネー没収でいい。

Yu5vhm2x
大澤 辰郎
2017/12/28 19:34

試合は、中止で良い。危険ですし、私個人はそもそも危ない試合だと思ってたから。

ただギャビにも今後チャンスを与えてほしいとは思う。なぜなら、発展途上の女子格闘技のさらにヘビー級でまだ育ってない分野。選手も育ってないし
調べたらオクサナ・ガグロエヴァとの時は、120キロ契約で、それ以外は無差別契約でシュートボクシングの薮下めぐみ戦は不明。

ギャビは、プロになりきれてないしホント前代未聞だか。

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/29 11:35

プロレスならいいけど 
危険すぎるだろ
さすがに・・・

ギャビガルシアのギャラ神取に渡せよ

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/29 13:24

えっ プロレスでも大抵だめですよ? 80キロ未満と 100キロでしょ?
軽いほうが一方的にやられて最後逆転するだけのお約束にしかならないから。
プロレスラーとプロレスファンをバカにしないでください
RIZINでこの試合を楽しみにしてる人たちより
よっぽど「まとも」ですから…

関連する記事