Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

【RIZIN】RENAがリベラを圧巻KOで女子トーナメント決勝へ一番乗り

2017/12/31 17:37

12月31日(日)にさいたまスーパーアリーナで『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の大晦日大会が行われた。

第5試合には女子スーパーアトム級トーナメント準決勝第1試合としてRENAとアイリーン・リベラが対戦している。

女子トーナメントの主役であるRENAが周囲の期待通りの勝利で決勝にコマを進められるのか。対するリベラは1回戦で山本美憂から腕ひしぎ十字固めで一本勝利を収めている難敵で、RENAはグラウンドに誘い込まれることなく、得意のスタンドでリベラを退けたいところだ。

試合展開

◯ RENA
1RTKO パンチ連打からの追撃
● アイリーン・リベラ

1R RENAはスイッチしながらジリジリと圧力をかけ、リベラは長い手足を活かして懐を深く取ってジャブや前足で牽制する。RENAはサウスポースタイルから三日月蹴りを飛ばしていくが、お互い警戒していてアクションがなかなか起こらない。

RENAはラウンド中盤ほどに動きを止めて、リベラの攻撃を呼んでからカウンターを合わせるクレバーな攻撃も。リベラも大きな右フックを当てるなど一進一退の攻防となる。攻撃が交錯したところでリベラが引き込もうとするが、RENAがこれに対応してグラウンドに持ち込ませない。

コーナーに詰めてから、前回のアンディ・ウィン戦と同じような左ボディーを効かせてチャンスが到来。畳み掛けたいところだがリベラは回り込んで防ぐ。

RENAの攻勢となったがリベラは強引に組み付きにくるが、RENAの体の力が強く組み倒すことはできない。リベラが右フックを放ったところで、カウンターの左フックが入るとリベラが泳ぐ。

RENAが畳み掛けてパンチをヒットさせたところでリベラがダウン。RENAが落ち着いて追撃のサッカーボールキックを放つとレフェリーが試合をストップ。RENAが1RTKO勝利を収めた。

勝利したRENAはマイクを持って次のようにコメント。

RENA 「皆さんありがとうございます。まだもう一試合あります。絶対優勝します。皆さん準備はいいですか。1・2・3・シュート!このまま行くぞ!」

期待以上の勝ちっぷりを収めたRENAはノーダメージで決勝にいち早く進出している。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2017/12/31 20:20

だれ?