Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

【RIZIN】真珠・野沢オークライヤーが唯一敗れた相手から腕ひしぎによる一本勝利でリベンジを果たす

2018/01/01 00:29

12月31日(日)にさいたまスーパーアリーナで『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の大晦日大会が行われた。

第7試合にはタレントの野沢直子さんの娘という生い立ちで注目を集める真珠・野沢オークライヤーが登場し、アマチュア時代に唯一敗れているチェルシー・ラグラースと対戦した。

第6試合までが前半戦として行われ、この試合からが後半戦となり、地上波で生中継が行われることになった。抜群の格闘技センスでRIZINデビュー戦を飾ったオークライヤーだが、反則負けといはいえ敗れている相手にリベンジを果たせるのか。

試合展開

◯ 野沢・真珠オークライヤー
1R 一本 腕ひしぎ十字固め
● チェルシー・ラグラース

1R 真珠がリーチを活かして蹴りを放ち、対してラグラースが距離を潰して組みに行く。ラグラースはグラウンドに引き込もうとするが、真珠はリフトアップしてマットに叩きつける。

グラウンドではラグラースの足が上がってきて、ラグラースが下から三角絞めをかける。真珠はバスターしてズラそうとするが、足のフックがより強く締め付けられる。危うい場面となったが、何とかポイントをズラした真珠だが、再びラグラースが三角をセットする。

それでも真珠は腕を差し込んで三角絞めから脱出に成功し、立ち上がり際に左ハイキックをヒットさせる。これでダメージを聞かせた真珠はパンチ、膝蹴り、ハイキックと攻撃を総動員して畳み掛け、そして両脇を差して頭や腹に膝を見舞っていく。

そして真珠がスピニングチョークからバックを取ってパウンドを連打すると、ラウンド終了間際に腕ひしぎ十字固めを極めると、ラグラースがタップ。これにより真珠が1R一本勝利を収め、リベンジを果たした。

鮮やかなリベンジ劇を演じた真珠オークライヤーだが、最後はリング上に母親の野沢直子さんが上がる中、勝利者インタビューが行われた。

ーー見事な一本勝ち、真珠オークライヤー選手です

真珠「皆さんありがとうございます。この格闘家として練習に日々励み、リングに上がれるという喜びを噛み締めています。個人的なことになるんですけど、藤井恵さんにさっきお会いした時に胸がいっぱいになってしまって、大好きと言いそびれてしまったので、この場を借りて言わせて下さい。」

ーー勝ちをお母さんにどんな風に伝えますか?

真珠「ちょっと汚い勝ち方でごめんなさい。今度は三角入らないように頑張ります。」

ーー2018年を真珠さんにとってどういう1年にしたいですか?

真珠「これから強くなってRIZINの日本格闘技の世界の中で頑張っていきたいと思います。」

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
うまお
2018/01/01 00:47

真珠の攻撃は打撃から寝技までが繋がっていて良いね。練習したことを本番でちゃんと出せている感じがある。ポテンシャルあるね。