Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

【RIZIN】トーナメント敗退のガブリエル・オリベイラ「堀口は優れた選手で、本当に世界トップレベルの選手」

2017/12/31 01:56

川尻達也を破ってトーナメント滑り込み出場を果たしたガブリエル・オリベイラだが、準々決勝では堀口恭司の打撃の前に為す術なく敗れることになった。敗戦後のインタビューの模様を掲載する。

12月29日(金)にさいたまスーパーアリーナで『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の初日大会が開催された。

メインイベントではバンタム級トーナメントに優勝候補筆頭の堀口恭司と、川尻を破ってワイルドカードでの登場となったガブリエル・オリベイラが対戦。試合は堀口の打撃とフットワークでオリベイラを圧倒し、全く何もさせずに堀口が2度のダウンを奪ってTKO勝利を収めている。

29日大会のバンタム級トーナメントは勝者がインタビューを行わないため、この日は敗れたオリベイラの試合後インタビューを掲載する。

オリベイラ 「堀口は世界トップレベルの選手」

正直なところ次の試合がどうなるかわかりません。この試合の為に一生懸命減量をして努力したのですが、61kgまで体重を落とすのが大変でした。

柏木さんからもお話がありまして、自分は必ず日本へ戻ってきて、日本の皆様の前で試合ができることを確信していますので、とりあえずブラジルに帰って次の試合に向けて取り組んでいきます。

ーー堀口選手の印象については?

堀口選手の凄さは知っていました。彼は優れた選手でですし、本当に世界のトップクラスの選手ですね。実際に彼と試合を行ってみて、自分は彼の右手でコントロールされ左手で強いパンチを貰ってしまいました。

正直なところ負けて悔しいですけど、良い経験・勉強になったと思います。必ずまた日本に戻ってきて、いつか戦いますので皆さんその日を待っていてください。

ーー堀口選手のパンチを何故もらってしまったのでしょうか?

堀口選手のバックグラウンドは空手なので本当に動きが素早いですね。右へ左へと自分が想像していた以上に早かったので、自分がどう対応すれば良かったのか途中から正直わからなくなりました。

彼のパンチというのはタイミングもありましたし、彼のスピードもありました。確かに強烈なパンチだったんですが、自分はこれまでにもっと強烈なパンチを貰ったこともありましたが、気を失うことがなく戦ってきました。

でもこういう結果になってしまったので堀口選手の強さがわかりましたね。

ーー体重差がある中でテイクダウンを奪われたことは驚きましたか?

テイクダウンには驚きませんでした。私はMMAの選手なので、あらゆるシュチュエーションに対するあらゆる準備をしてきたはずです。

でも改めて彼の凄さを認識することになったので、本当に堀口選手は優れた選手だなと思います。

ーー右足をアイシングしていますが?

彼の強烈なキックで自分の太ももをやられてしまったので驚きました。試合中は何も感じなかったんですけど、試合後に痛みが出てきました。ですがこれも完治にはそこまで時間はかからないと思います。

ーー最後に改めてファンにメッセージをお願いします。

堀口選手は本当に凄い選手ですので、言葉はありません。彼と実際に試合ができたことはいい勉強になりましたし光栄です。

ブラジルは本当に社会的な問題を多く抱えています。私も経済的にも大変苦労してきた人間ですので、ここまで来れたのも本当に信じられないことだと思います。

ただ油断はできませんし、ここまで来れたから夢が叶ったとも思っていられません。次の試合に向けて頑張る必要があると思っていますので、また練習して戻ってきます。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事