Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

那須川天心、キックトーナメントで早期KOできた理由は「怒りが出た」RIZIN一夜明け会見より。

2018/01/01 18:01

2017年大晦日のキックボクシングトーナメント決勝で、那須川は10月で判定までもつれた藤田大和と早期KOできた理由は「怒り」だったことを明かした。その他会見では井上尚弥とのボクシングマッチについても質問が飛んだ。

RIZINが大晦日に開催した『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017』の一夜明け会見が、1月1日に都内ホテルにて行われた。

初の開催となったキックボクシングトーナメントを2試合連続KO勝利で優勝を果たした那須川天心(19)も会見に出席し、一夜明けての心境を語っている。

まず昨日の試合について振り返ると「2試合ともKOで勝ててホッとしています」と話し、続けて「2年連続で9試合ずつして、今年は何試合になるかは分かりませんが、まだ19歳で若いうちにもっと経験して強くなりたいと思います」と、2018年もまたハイペースで試合を続ける予定であることを明かしている。

年末大会には2016年と2017年に出場したことになるが、1年間のRIZINの成長を感じたようで、「前よりもお客さんがたくさんいて、より大きく感じ、毎年レベルアップしているのは凄く感じている」と振り返ると、将来については「ゆくゆくはもっと大きい会場で試合ができるのでは」とさらなる大会場への進出の可能性も感じているという。

ボクシング転向についての質問も

会見では『日本ボクシング界最高傑作』と称されている井上尚弥との対戦が望まれており、那須川も井上とボクシングマッチを行いたいのかという、かなり踏み込んだ質問も飛んだが、それについて那須川は「井上選手は本当に素晴らしい選手ですし、尊敬している選手なのでいずれ試合でなくても手を合わせてみたい」と話すに留まった。

(12月30日の世界戦でKO勝利後にコーナーポストに上る井上尚弥)

続けて、いずれボクシングに転向するということなのかと質問されると、「ボクシングをやってみたいという気持ちもあるが、転向するとは限らない」と、あくまで将来の挑戦可能性があるだけで、現時点では未定であることを改めて言及している。

那須川と言えば、昨年9月には現IBF世界スーパーフェザー級王者の尾川堅一とメディア向けにスパーリングを行ったように、トップレベルのボクサーとも練習を積んでいるが、現時点ではキックボクシングとMMAの二刀流を続けていく方針のようだ。

決勝での早期KOの要因は「怒り」

那須川は大晦日のキックボクシングトーナメント決勝で藤田大和を90秒以内に3度のダウンを奪ってKO勝利を収めたが、藤田とは10月にフルラウンドにもつれる試合をしたばかりだ。

なぜこうも短期決着をすることができたのかについては、ルールの違いの他にもシンプルに『怒り』があったそうだ。藤田が那須川との10月の試合後に「自分が勝っていたのではないかと思った」と発言したことについて、那須川はより明確な差を見せるために「怒りモードが出た」としてKOに拘ったことを明かしている。

結果的に那須川は開始30秒ほどでダウンを奪うと、その後も怒涛のラッシュでダウンを2つ追加したことで早期KOにつながっている。

キックボクシングトーナメントは2試合とも明確な差をつけてノーダメージで優勝しているが、試合後のインタビューでは「キックボクシングの上位概念がないので、RIZINで世界一強い、世界王者決定戦をやれば盛り上がるんじゃないのか」と展望を話している。

大晦日のトーナメントは異種格闘技戦の様相を呈していたが、那須川は世界にいる強豪選手を集めてのトーナメントに勝利して世界最強を目指したいとの意向だ。

2017年には格闘技界の枠を越え、Cygamesが個人スポンサーにつき、CMにも出演するなど世間的にも認知度を大きく高めることになった。2018年には一体どのような高みに上りつめるのだろうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/01 18:16

井上尚弥について質問が飛んだというのはこのことなのか。質問の無茶振りさが凄い。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/01 18:40

放送席の誰も天心のマイクアピールについて触れようとしない中、生放送で武尊の名前をしっかり口に出した関根勤氏は信用できる格闘技ファンだと思った。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/01 18:41

真面目に井上にボコしてほしいww
パンチのみの攻防だったら手も足も出ないだろう

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/01 18:45

会場で観てましたが、「誰との試合観たいですか?」の那須川選手の問いかけに、客席からは「タケル〜!!」の声が響き渡りました。

そこら辺、記者会見で出なかったのか、この記事で意図的に書かれていないのか、気になります。

世間は天心vsタケルが観たいのです!

Yu5vhm2x
大澤 辰郎
2018/01/02 10:54

バトルニュースのフリーライターさんの記事だと「K-1参戦しても良い、海外ならすぐやるでしょ?」
榊原さんも「RIZINと契約があるが、天心が望むならK-1参戦していい。」でも「世界の強豪を集めたトーナメントもやりたい」とか言ってますよ!

Yu5vhm2x
大澤 辰郎
2018/01/01 19:16

武尊の事は、まずアナウンサーが触れましたね。アナウンサーが、偉い。

煽りVTRで天心がニコッとして年末のダイナマイトK-1見てたと言ってたから、嬉しかったね。
キック好きの俺は考えが固執してて、RIZINの舞台でビックマッチでなくて天心がK-1参戦したうえでの、専属契約解除を希望します。

関根さんは、K-1公式サポーターだからRIZINにゲストに出てたのは良かった。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/02 08:37

K1は専属契約以外はK1で試合できないと思うよ

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/02 09:57

専属契約なんてちっちゃい糞ルールじゃ天心のスケールは縛れないよね