Queel
×
サイト内を検索する
  • その他
  • ニュース

AbemaTVが日本初、大相撲の全6場所・90日間を完全無料で生中継

2018/01/04 14:26

AbemaTVが2018年1月場所より、大相撲の年間90日間にわたる取組を完全生中継することを発表した。序の口から結びの一番まで無料で中継するのは日本初のこととなる。

インターネットテレビ局「AbemaTV」が、2018年1月14日(日)から始まる大相撲1月場所から11月場所までの、年間全6場所、90日間に渡る全ての模様を中継することを1月4日に発表した。この模様はAbemaTV内のチャンネル「AbemaGOLDチャンネル」、「スポーツチャンネル」において生放送される。

場所中は朝8時30分から18時まで9時間半に渡って、「序の口」から「結びの一番」まで完全無料で中継するのは日本初のこととなる。

この発表に際して、現役の3横綱よりコメントが寄せられている。

□ 白鵬

大相撲というのは、1500年近く、長年の歴史と伝統文化がありまして、相撲と神事というのがありますけど、例えばこの綱を絞めているというのは、みなさんがお寺や神社に行くと思うんですけど、そこにはしめ縄がり、そのしめ縄を人間で着けられるのは横綱だけであります。またこの頃は、力士本人が食べ物、稽古の仕方、そしてトレーニングの仕方、そういったものを全て考えてやっており、アスリートになりつつあります。勝負は一瞬ですけど、その一瞬のために、日々稽古を積み重ねてきていますし、その一瞬の勝負だけじゃなく、そこに行司、呼出、床山、そしてしきたり、そういったものを、目で、耳で、匂いで、楽しんでもらえればなと思います。

□ 鶴竜

大相撲は、年齢が上の方が見ている印象がありますが、やはり同世代、20代とか30代の方にもっと、見てもらえれば、今もこれからもファンがあっての大相撲ですので、長く続いていくためにも若いファンの方が「AbemaTV」の放送をきっかけに、増えてくれたらと期待しています。

□ 稀勢の里

様々な年代の方に見ていただけるのはとても嬉しいですし、国技の素晴らしさを多くの方々に知ってもらえればと思います。とても期待しています。

若年層への大相撲普及に一役買うか

大相撲は元横綱の日馬富士による暴行問題で揺れている一方で、2017年には21年ぶりに6場所90日間で満員御礼となるなど盛り上がりを見せている。

若年層のユーザーが多いAbemaTVが中継することで、若い世代への相撲の関心を拡大する起爆剤となることも期待され、AbemaTVは次のような取り組みを行うと発表している。

「これまでの大相撲中継とは異なる“老若男女、誰もが自由に楽しめる”大相撲を目指し、斬新かつダイナミックな映像で取組の様子をお届けするほか、オリジナルの力士紹介VTRや若い世代のタレント及び女性解説者の起用など、『AbemaTV』ならではの新しい取り組みを積極的に行います。相撲ファンはもちろん、これまであまり相撲に触れることの無かった若い世代の相撲初心者の方に興味を持ってもらい、幅広く楽しんでいただけるような新しい大相撲をお届けしてまいります。」

AbemaTVでの大相撲中継は、1月場所の初日となる1月14日(日)より開始される。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

2016 11 20 13.43.09
たわし
2018/01/04 15:44

スマホで相撲が観られるようになるとは。
これは凄い!

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/04 15:50

ついに求めていたものが…!
そうなんだよ!これが一番欲しかったんだよ!
あらゆる格闘技のなかで最も試合数が多く、
リアルタイムで追いかける意味のあるのはやっぱ相撲だぜ!
abemaサンキュー!

%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%83%94%e3%82%af%e3%83%88%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a01
オゴゴ
2018/01/05 12:10

相撲はネットでみたいなって思ってたんですよね~

関連する記事