Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

ヨードセングライが2018年中に現役復帰へ。ブアカーオとのビッグマッチも交渉が再開される。

2018/01/04 16:35

ブアカーオ戦の交渉開始を報じたクンルンファイトのFacebookより

強烈な左ミドルと左ストレートを武器に70kgのトップ戦線に君臨してきたヨードセングライが2018年の現役復帰を宣言。一度は流れてしまったブアカーオとのビッグマッチの交渉が再開されたことが伝えられている。

キックボクシング70kg戦線のトップファイターでありながら、昨年怪我を理由に引退を表明していたヨードセングライ・フェアテックス(32=タイ)が現役に復帰することを発表した。

2017年12月26日に自身のSNSで「間もなく、来年(2018年)には現役復帰することになる」と現役復帰の意向を明かしている。

ヨードセングライといえばサウスポースタイルからの左ミドルキックと左ストレートを武器とするムエタイとのトップ選手だ。ムエタイでは10代にして最高峰のルンピニースタジアムの王者となったほか、WBCムエタイの初代王者となるなど、ウェルター級〜スーパーウェルター級戦線で目覚ましい活躍を残している。

また肘なしルールにも率先して取り組み、2006年にはK-1 WORLD MAXに出場し、圧巻のパフォーマンスを披露したが、同時期にブアカーオがK-1に参戦していたために、タイ人選手の枠から継続参戦はならなかった。

それ以降は2017年まで肘無しルールでタイや中国を主戦場に戦い、6年間無敗の26連勝という無類の強さを誇り、昨年5月に中国「クンルンファイト」の70kgトーナメント予選決勝にて、日本の宮越宗一郎から勝利した後に、怪我を理由に現役引退を発表した。

日本ではK-1の舞台に上がっていないことからあまりそのイメージはないが、中国では指折りのムエタイスターであり、昨年4月の試合に勝利した後には、ブアカーオとの100万ドル総取りマッチが計画されていることが発表されていた。

結果的にヨードセングライが現役引退を発表したことで、ブアカーオとの立ち技史上最大のマネーファイトは実現しなかったが、引退発表から半年後にヨードセングライが現役復帰を宣言している。

ブアカーオとの対戦も再び視野に入れる

ヨードセングライのSNSには既に激しいトレーニングを行う動画が多数投稿されているように、現役復帰に向けて順調に調整を行っているようだ。

A post shared by Yodsanklai (@yodsanklai1) on

またヨードセングライが主戦場としていた「クンルンファイト」のFacebookにはヨードセングライのインタビュー動画が投稿されており、現役復帰を決めた理由と、ブアカーオとの対戦についても言及されている。

まず現役を引退した理由については「怪我の影響が強く出たために現役引退を決意した」と振り返っており、その怪我の状態については「とても良くなっており、トレーニングを再開できるようになった」と話す。

復帰時期についてはマネジメント会社と相談しながらということで未定ではあるが、「クンルンファイトで試合をする機会があればリングに立つことになるでしょう」とクンルンファイトへの参戦には前向きのようだ。

またブアカーオとの対戦交渉が行われているかについては「もちろん」と肯定した上で、「ただ今すぐではありません」とすぐに実現する対戦ではないとしている。

ブアカーオについては「私よりも世界や中国では上の存在ですが、実力は実際に対戦してみないことには分かりません」、「私が言えることは彼は尊敬すべき格闘家だということです。彼に対して悪く言うつもりはなく、口で上回りたいとは思っていません」と話している。

そして気になる現役復帰の理由については「ここ数年怪我に悩まされたいた時よりも良いパフォーマンスを披露できると思った」と怪我の状態が良くなってきたことに加えて、「最大の理由はもっと文化的なことです。中国の、そして世界のムエタイに貢献したいと思っています」とムエタイ文化への貢献が最大の理由であるとのことだ。

このように復帰戦の相手と時期は未定であるものの、将来的なブアカーオとの対戦を含めて、2018年のキックボクシング界においてヨードセングライの復帰は一つのトピックになるだろう。

とりわけブアカーオとの対戦は「キックボクシング版、メイウェザーvsパッキャオ」とも呼ばれ、立ち技史上最高額となる100万ドルが懸けられた一戦として実行されるプランがあっただけに、一度は流れてしまったムエタイレジェンド同士の対戦が実現するかにも注目したい。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Trqgj0d4
カルバン
2018/01/04 18:36

両者共にK−1ルールにも適応出来る能力を持った実力者。
今のK−1で言えば、テクニックのゲーオ(ブアカーオ)VSパワーのゴンナパー(ヨードセングライ)のような図式か。テクニックで上回るブアカーオの勝利を予想。

Missing avatar
2019/04/18 02:34

ゲーオとゴンナパー一緒にするなや。にわかめ。ゲーオはジムのパイセンで、実力は遥か上やぞ。

関連する記事