Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

松井大輔の元チームメイト、ダニエル・ズラトコフがMMAデビュー。俳優との異色のMMAマッチへ。

2018/01/04 19:27

By Biser Todorov (Own work) [CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

ブルガリアの現役サッカー選手が異例のMMAデビューを果たす。プロ通算200試合出場を誇り、2012年には元日本代表の松井大輔と共にプレーしたダニエル・ズラトコフの相手は、これまた異色の俳優というマッチアップだ。

2010年のサッカー、南アフリカW杯で日の丸を背負い、日本代表をベスト16に導いた松井大輔。2014年から4シーズン過ごしたジュビロ磐田を去り、36才にして海外移籍を行うことが昨年話題となったが、そんな松井大輔の元チームメイトがMMAデビューを果たすことになった。

その元チームメイトとは、ダニエル・ズラトコフ(28=ブルガリア)のことで、松井が2012〜2013シーズンに在籍したブルガリアのPFCスラヴィア・ソフィアにおいて、センターバックとして活躍した選手だ。

ダニエル・ズラトコフは世界最高のサッカープレイヤー、クリスティアーノ・ロナウドと瓜二つで、それゆえか「ブルガリアのクリスティアーノ・ロナウド」とも呼ばれる。リーグ通算200試合出場を誇り、2017年にはFCシャフティオール・ソリゴルスクと2年契約を結ぶなど、決して鳴かず飛ばずに終わった選手ではない。

そんなズラトコフであるが、昨年末にはブルガリアの格闘技団体の「SFC」においてMMAデビューすることが発表されている。サッカーではセンターバックということで、189センチの長身を誇り、MMAでは84kgのミドル級で戦うことになる。

これだけでもイレギュラーな話だが、その対戦相手もまた異色だ。

ズラトコフの対戦相手には俳優や歌手活動をしているナスコ・ミハイロフに決定した。この人物は有名作品の主演はないが、連続テレビドラマに出演するなど実績があるようで、おそらく今回がMMAデビュー戦となる。

「松井大輔の元チームメイトvs俳優」という異色のMMAマッチが1月13日にブルガリアで行われるが、果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。

前Krush王者のメロニー・ヘウヘスが復帰戦を行う

この対戦が行われる『SFC 6』には、前Krush王者のメロニー・ヘウヘス(25=オランダ)も出場する。ヘウヘスといえば昨年12月のKrushでKANAに敗れて-50kgタイトルを失ったばかりだが、敗戦から1ヶ月での復帰戦が決定した。

ヘウヘスはキックボクシングとMMAを同時並行でこなしており、今回はMMAマッチとなる。ヘウヘスは同イベントの一つ前の『SFC 5』にもMMAで出場しており、この時には一本勝利。UFC出場を目指すことも公言しており、MMAでキャリアアップできるかにも注目だ。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
ほぼサップ
2018/01/04 19:49

確かにロナウドに似てるけど本人も意識しすぎてない?

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/04 21:40

ほんとだ(笑)
似てる