Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

井上尚弥のバンタム級戦として世界最短KO王者のゾラニ・テテが浮上か。テテのプロモーターが井上戦を望む。

2018/01/05 13:04

2018年にバンタム級へ階級を上げることを明言している井上尚弥の対戦相手として、世界最短となる11秒でKO勝利したゾラニ・テテが浮上している。テテのプロモーターは「この試合をやらない理由がない」とかなり前向きな姿勢だ。

バンタム級への転向を明言している井上尚弥(24)の対戦相手に、WBO世界バンタム級王者のゾラニ・テテ(29=南アフリカ)が浮上か。

ゾラニ・テテのプロモーターであるフランク・ウォーレンが「井上とテテが対戦しない理由が見当たらない」と、両者の対戦に前向きな発言をしていることが、米の大手ボクシングメディア「BoxingScene.com」より報じられている。

"日本ボクシング界最高傑作"と称される井上は、昨年12月30日の防衛戦でヨアン・ボワイヨを相手に圧巻の3RTKO勝利を収め、リング上のマイクでこの試合をもってスーパーフライ級からバンタム級へ上げることを明言した。

アメリカでスーパーフライ級の祭典である「SuperFly」がシリーズ化するなど、スーパーフライ級戦線がかつてない盛り上がりを見せたタイミングであったものの、井上が望んだ対戦が実現せず、また成長を続ける肉体から減量苦に陥っていたこともあり、このタイミングでの転級となっている。

2018年よりバンタム級で3階級制覇を狙うことになる井上だが、新年明けて早々に、WBO王者のゾラニ・テテ陣営からラブコールがかかったことになる。

ゾラニ・テテは世界最短KO記録を持つ

ゾラニ・テテといえば、昨年11月18日の世界戦で圧巻のKO勝利を収め、防衛に成功したことが記憶に新しい。テテは試合開始6秒にして右フックで相手を失神に追い込み、間もなくストップがかかったことでわずか11秒でKO勝利を収めた。

世界戦での11秒KO勝利は世界最短記録で、それゆえメディアでは「11秒KO男」とも呼ばれるようになっている。

A post shared by zolani tete (@zolanitete) on

テテのプロモーターは「井上がバンタム級でベストになりたいのならゾラニ・テテと戦うべきだ」とし、さらには「このメガファイトを実現させない理由がどこにある。我々は今すぐにだってサインすることができる」と前向きな姿勢を見せている。

もっともテテは2月10日にオマール・ナルバエスとの指名戦を控えており、この試合に勝利することが井上戦と実現させる条件となる。ちなみに井上はスーパーフライ級のタイトルを獲得したのがナルバエス戦で、井上がナルバエスから生涯初のダウン&KOを奪ったことが世界に名を知られるキッカケとなった。テテがナルバエスからどのように戦うのかも、井上戦に向けて一つの試金石となるだろう。

またテテ自身も井上がバンタム級に来ることを歓迎しており、「井上は我々が待ち望んでいたファイターで、彼とバンタム級で戦う準備はできている」と話している。

バンタム級では山中慎介からTKO勝利を収めてWBC王者となったルイス・ネリ陣営も、井上との対戦に関心を示しており、井上がこの階級に足を踏み入れたことで一段と活気が増している。2018年は井上のバンタム級での戦い、そして交渉中のルイス・ネリと山中の再戦など、バンタム級戦線が大きなトピックとなりそうだ。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/05 23:07

テテに勝てれば評価はうなぎ登りでしょうね~ しかもテテはボクシング熱が高いイギリス拠点だし世界的知名度アップするチャンスですね~

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/05 23:43

転向1戦目がイギリス勢とか論外。
あーはいはい…ウォーレンの考えそうな事だなーと…
今イギリスはちょっと前の日本のように、TKOで倒さないと勝てない国ですから。
呼ぶならまだしも井上を行かせるメリットはゼロです
知名度もそれ程広まりません。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/06 01:30

ホルヘはイギリスで判定で勝ったりしてるだろ。ちょっと前の日本でも判定になっても王者になれなかった日本選手は結構いると思うけどな

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/06 11:31

下から上げた直後ではなく、適正階級の挑戦者/王者としてですね。井上とは条件が違います。
自分が言いたいのは、選手の価値云々じゃなく「疑惑(難癖)の判定→再戦」で
誰よりもプロモーターが稼ぐ流れができつつあるボクシングで、今イギリスに行くのは本当に良くない。
井上の現役を無駄にしない為にもその気持ちは変わりません。

Missing avatar
匿名
2018/01/15 21:42

イギリスのバーネットやマクドネルとの指名試合がくるまで、
待った方がいいかも。(どのくらい待つのかなあ?)
タイトル戦に持ち込んでそこでタイトルを取って、
テテやネリとの統一戦をしたほうがいいと希望します。

関連する選手