Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

デイナ・ホワイトが2018年中にボクシング参入か。「ボクシングの課題を解決するために挑戦する」

2018/01/06 17:49

By Andrius Petrucenia [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

UFC代表のデイナ・ホワイトが今年中にもボクシングに本格参入か。UFCでの仕組みを活用して「中間層のボクサーが幅広く稼げるシステムにする」といった改善策をもってボクシングのプロモーションを立ち上げようとしている。

UFC代表のデイナ・ホワイトがボクシングに参入するのは時間の問題か。

UFCとボクシングといえば、昨年8月の「フロイド・メイウェザーvsコナー・マクレガー」のボクシングマッチが記憶に新しいが、デイナ・ホワイトは昨年11月にボクシングのプロモーターライセンスを取得したことを明らかにしており、「間違いなくボクシングに参入する」と宣言している。

もともとデイナ・ホワイト自身はアマチュアボクサーだったほか、プロボクサーのマネジメントをしており、かつてはフロイド・メイウェザーのスポンサーをしていたこともあるなど、ボクシングにゆかりのある人物だ。

ここのところはボクシング大手プロモーションの「トップランク」CEOのボブ・アラムと舌戦を繰り広げていることでますます存在感を高めているが、先日米Yahoo Sportsが行った独占インタビューに、ボクシングに参入した際のビジョンを語っている。

「ボクシングの問題を解決するアイデアを持っている」

デイナ・ホワイトは現状のボクシングのプロモーションに問題があり、自身が携わることでより良いプロモートができると考えているようだ。

まず一点目に、ボクシングはごく一握りのトップレベルのファイターが多額のファイトマネーを稼げる一方で、それ以下の選手はほとんど稼げないという構造を是正するという。現状ではトップレベルに関してはUFCよりもボクシングの方が稼げるが、中間層より下はUFCファイターの方が稼ぎが良い。デイナは公平に分配する仕組みを作ることで、より多くのファイターが稼げるようにできると話している。

そして二点目に、ボクシングのテレビ放送の仕組みを変えるべきだと話す。ボクシング中継の大手であるHBOは以前のようにボクシングに力を入れていないように、その傾向は全般的に見られるという。トップランクはESPNと新たに契約を結んだが、「ボブ・アラムは我々がやってきたことを真似てきただけ」と一蹴。「自分たちが17年に渡ってUFCがやってきたような真の取引をして、新しい放送の仕組みを作らなくてはならない」と話している。

このようなデイナがボクシングをより高いレベルでプロモートできるという主張は「生意気に感じられるかもしれないが、本当のことだ」と自信を見せている。

歯に衣着せぬ発言によって、デイナはオスカー・デラホーヤやボブ・アラムといった世界的なプロモーターを既に敵に回してしまっているが、それをインタビュアーに指摘されるとピースサインを出すなどデイナは相変わらずの調子だ。

もっともデイナは自身が参入することで全ての問題を解決できると話しているわけではなく、UFCでの知見を活かして、これまで言及した点を解決するアイデアを持っており、ボクシングをより良くするために挑戦しようとしているという主張のようだ。

ボクシングのプロモーション名は未定ではあるが、以前にデイナ・ホワイトは「ズッファボクシング」とプリントされたTシャツを着ていたことから、その名称として立ち上げられる可能性がある。

2018年中に参入すると見られており、ボクシング界にとってもUFCで大成功を収めたデイナ・ホワイトによるボクシングの参入は、大きなトピックになりうる可能性がある。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Aolodwlc
シゲチー
2018/01/06 18:31

このボクシング界進出が吉と出るか凶と出るか。K-1がHERO’Sやり始めたようなもんかな。しかしボクシングは歴史がある分、新規参入も厳しそうなイメージ。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/06 20:17

元々はアイルランド系マフィアに脅されるまではNYでボクシングに携わってたんだよな。
そこから逃げてラスベガスでMMAを始めるわけだが、やっぱりボクシングに拘りや愛着があるんだろうね。

奇しくもアイルランド人であるマクレガーとのボクシング挑戦が足掛かりになったのかもね。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/07 08:46

ベラトールキックといい今回のufcのボクシングといいアメリカは多角経営好きなのかな?
日本だとどうしてもk-1がmmaに手を出して失敗したイメージ強くて不安ですよね。個人的には華やかで大味なHEROs好きでしたけど。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/07 11:55

そりゃ出来るに決まってます。
音楽のアーティストだってやってたんだし、その人達みたいにやる必要もない。
アラムは敵に回すも何も、元から「全方位敵!」の人ですし、誰にも影響ありません。
参入が自由だから脅しが横行してるわけで、今のところダナを防ぐ方法がない。
趣味程度で始めるのはよいこと。まあ、がんばってください。
親会社がブレーキになって成功できないことはシステム上解ってるので…
本気でやるならUFCを見限った後でしょうかね。

関連する記事