Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

"キック&MMA二刀流"イスラエル・アデサニャのUFCデビューが決定。2月11日のUFC221にて。

2018/01/07 13:40

(パンチを打つ右の選手がアデサニャ。クレジット: GLORY Sports International)

GLORYミドル級タイトルマッチを経験するなどキックボクサーとして最前線で活躍し、MMAでも11戦全勝を誇るイスラエル・アデサニャのUFC参戦が決定した。石原夜叉坊、阿部大治らが出場するUFC221にて、UFCデビュー戦を行う。

キックボクシングとMMAの二刀流の最前線、イスラエル・アデサニャ(28=オーストラリア)のUFCデビュー戦が決定した。

石原夜叉坊や廣田瑞人、阿部大治ら日本人3選手が出場する、2月10日の「UFC 221 - ウィテカーvsロックホールド」のプレリムにてアデサニャが出場することになる。

キック&MMAで結果を残す二刀流戦士

イスラエル・アデサニャはキックボクシングとMMAを同時並行でこなしているが、実績的にはキックボクシングでの活躍が目立ち、MMAではこれから本格的なキャリアを歩もうとしているところだ。

キックボクシングでは65勝5敗2分という高い勝率を残しており、中国のメジャー団体「武林風」では「ブラックドラゴン」の愛称で外国人きっての人気を誇る名物選手となった。

そのほか欧州最大の「GLORY」でも活躍し、昨年1月にはミドル級タイトルマッチに挑戦しており、ここでは王者のジェイソン・ウィルニスに敗れたものの、ミドル級(-84kg)というカテゴリではトップレベルの実力者であることには違いない。

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender) on

(GLROYタイトルマッチでウィルニスと戦うアデサニャ)

またMMAでは11戦11勝11KOというパーフェクトレコードを残しており、高いストライキング能力を活かしてKOの山を築いている。

代表的な試合としては、昨年7月にUFCで活躍したメルヴィン・ギラードを相手に膝蹴りからのパウンドで1RTKO勝利を収めたものがある。もっともかつてライト級で戦っていたギラードとは大きな体格差があるために、この勝利をもってUFCに通用するという材料にはしづらいところがあるが。

そして2018年2月にはUFCデビューを迎えることになるが、MMAの実力はまだポテンシャル先行という感が強く、最高峰の選手が集うUFCにおいてこれから真価が問われることになるだろう。

UFC初戦で対戦するのは、開催地の地元選手であるロブ・ウィルキンソン(25=オーストラリア)だ。この選手はアデサニャと同じく11戦全勝でUFCデビューしたものの、日本でもおなじみのシアー・バハドゥルザダの打撃の前に2RTKO負けを喫している。

共にホームで初勝利を狙うことになるが、アデサニャは自慢の打撃で勝利することができるのか。

NARUTOのファンでもある

ちなみに余談ではあるが、アデサニャは人気漫画『NARUTO』のファンであり、自身のInstagramでは主人公のナルトが属する木ノ葉隠れの額当てを付けた画像を投稿している。

A post shared by Israel Adesanya (@stylebender) on

また作中の登場キャラクターであるロック・リーがお気に入りのようで、忍術を使わず体術で敵と立ち向かうロック・リーの姿に思うところがあったのかもしれない。

忍者のような高い身体能力を持つアデサニャがUFCに新たな波を起こせるのか、UFC221は日本人選手のプレリムの試合の他にも、アデサニャのデビュー戦にも注目だ。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
サラマンダー
2018/01/07 14:45

アデサニャもついにUFCか。キック出身のストライカーとしてはサキ以上に期待している。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/07 15:32

オチがまさかのNARUTOで笑いましたw