Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

UFCが9月にロシアの会場を予約。ロシアでの初開催の機運が高まるか。

2018/01/13 11:23

モスクワのオリンピック・スタジアム

UFCがついにロシアの地に初上陸か。9月14日と15日にロシアのオリンピック・スタジアムをUFCが抑えたことが判明した。またロシアの代表選手であるヌルマゴメドフは「ビッグニュースが入った」とコメントしている。

世界最高峰のUFCのロシアへ初上陸するか。今年の9月14日と9月15日にロシアのオリンピック・スタジアムをUFCが予約したことを、『RT Sport』が報じている。

ロシアのUFCファイターといえば、ライト級で"裏最強"とも称されるハビブ・ヌルマゴメドフ(29=ロシア)が知られているが、これまでUFCはロシアで開催したことはなく、仮に実現すればUFC25年の歴史で初の開催となる。

ロシア大会開催の機運が高まる

これまでもUFCがロシア開催に前向きであることが明かされており、2016年11月にはUFC代表のデイナ・ホワイトが公に「ロシア開催を目指している」と発言している。そこから2018年1月現在までロシア大会は実現していないが、9月に会場を予約したということは、ロシア開催の機運が高まったとも言える。

また『ESPN』はUFC公式からの声明として、ロシア開催に向けて動いていることを明かした。

「UFCはロシア市場の開拓に向けて動いており、パートナーシップとしての取り組みを通じて、結果的に2018年にロシア大会を初開催する可能性もあります。」

もちろん現時点で開催は決定していないが、今後9月のロシア大会が実現するかどうかは興味深いトピックとなるだろう。

ちなみにロシアのMMAファイターといえばエメリヤーエンコ・ヒョードルなど世界的な選手が思い浮かぶが、これまでロシアではUFC王座を保持した者はいない。そして現在、ロシアで最もUFC王者に近い選手といえばライト級のハビブ・ヌルマゴメドフがおり、昨年末の試合でもファンを震撼させるほどの強さで勝利を収めたばかりだ。

そのヌルマゴメドフが2日前に気になる投稿を残したこともまた、ロシア大会への関心が高まる一因となっている。

こちらの投稿には「ビッグニュースが舞い込んできた。ジ・イーグル(※ヌルマゴメドフのニックネーム)は狩りを続けることになる」と書かれており、これが具体的に何を示しているのかは明かされていないが、ロシア大会の開催につながっているのではないかとの憶測もある。

果たしてUFC初のロシア大会は9月に実現するのだろうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 11:41

オレッグ・タクタロフは元UFC王者のはずですが。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 12:01

タクタロフをググったらUFC 6のワンデイトーナメントで優勝してたんですね。

懐かしすぎるのと、15ミニッツ、ボーダー、ナショナル・トレジャー、プレデターズと自分が見たことがある映画に出ていたことを知って衝撃を受けました。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 11:54

流れ的にしれっとヌルマゴメドフとマクレガーの正規タイトルマッチとか行われそう。

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 13:56

とりあえずヌルマゴは欠場するから誰か他のロシアン呼ばなきゃなあ…
いや当然の対処としてね

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 14:47

ヌルマゴ次の試合は3年後位かな笑

Missing avatar
名ユーザー
2018/01/13 15:13

自国開催で欠場したら真の選手ですね

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 18:24

そんなに怪我するもんなんかね?なんかの病気か?ヌルマゴ余りにも欠場が目立ち過ぎやわ

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/13 20:41

ヌルマゴは適正ウェルターで体作れた時だけライトで戦ってんだからそりゃ強いよ

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/14 22:23

アダム・ハリエフを出場させてほしいです。

関連する記事