Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

【ボクシング】内藤律樹が初の東洋太平洋タイトルを獲得。拳四朗に続くニ例目の親子での日本・東洋王者に。

2018/01/13 22:50

『DANGAN 204』のメインイベントに登場した内藤律樹が東洋太平洋王座を獲得。父であるカシアス内藤と共に親子でのタイトル獲得となった。親子での日本・東洋太平洋王者は拳四朗に続く日本2例目となる。

1月13日(土)に後楽園ホールで開催された『DANGAN 204』のメインイベントに内藤律樹(26)が出場し、東洋太平洋スーパーライト級王座決定戦としてジェフリー・アリエンザ(27=フィリピン)と対戦した。

内藤は高校時代にアマチュアボクシング3冠を達成し、プロでは9戦目でスーパーフェザー級の日本タイトルを獲得。日本タイトルを3度防衛するも尾川堅一に敗れてタイトルを失った。尾川との再戦を経て、ライト級、スーパーライト級と段階的に階級を上げると、初の東洋タイトルをかけて王座決定戦に出場している。

内藤が9RTKOで東洋タイトルを獲得

試合は序盤から内藤のペースとなった。1Rから内藤が速射砲のようなジャブでアリエンザの出鼻を挫いて圧倒。アリエンザがガードを上に固めれば、内藤は右ボディ、下に意識を集中させてからの右フックもヒットさせる。

2Rも内藤のジャブのキレが際立つが、まともに応戦すると勝機がないと見たかアリエンザは強引に体を前に預けて内藤をロープに押し込むも、内藤はこれを冷静にクリンチを交ながら、ボディーワークでいなす。さらに右フックのカウンターも決めるなど試合を優勢に進めた。

3Rからはアリエンザが距離を潰し、押し合いの攻防からの打ち合いが見られる。内藤がアリエンザのストレートを貰う場面もあったが、強烈な右フックで押し返し、主導権は渡さない。4R終了時点での採点は40-36と全ラウンドで内藤が取っている。

中盤以降も押し合いの展開が続くが、内藤の強烈なアッパー、ボディーがヒットするとアリエンザの動きが止まり、ロープに張り付けてラッシュを仕掛けるなど、要所でポイントを稼ぐ。それでもアリエンザはどんどん前に距離を潰して、頭がぶつかる距離まで詰めてボディーを連打する。それでも内藤は冷静にジャブで相手のアゴを上げて応戦する。

8Rは内藤が体力を温存するためかやや運動量を落としたが、拍子木が鳴ったところでアリエンザがラウンド終了と勘違いしてしまい、内藤のラッシュに捕まる。

8R終了時の採点は78-74、79-73、80-72と、全ラウンドを内藤につけているジャッジもいるが、前4Rと比べるとややアリエンザが盛り返したか。

しかし内藤の有利は変わらず、9Rに内藤が左ボディーから左ストレートを効かせて、コーナーに押し込んだところでレフェリーが試合をストップ。大差が付いており、アリエンザの手数が少なかったのが影響したか。

これにより9RTKO勝利で、内藤律樹が東洋太平洋スーパーライト級の新王者となった。

試合終了時点で22時に近づいていたため、リングアナから手短にお願いしますと言われながら、内藤律樹は「タイトルマッチをしっかり勝てて、日本に新しくベルトを持ってこれて良かったです。これからも日本ボクシング界を応援して下さい、ありがとうございました。」とこの試合の勝利を振り返った。

自身初の東洋太平洋王者となった内藤だが、これで父であるカシアス内藤と共に日本王座、東洋太平洋の王座を獲得した。

現WBC世界ライトフライ級王者の拳四朗が2016年に東洋タイトルを獲得した時には、日本初の親子での日本・東洋王者となったが、内藤はこれに続きニ例目の親子2冠達成となる。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
まるお
2018/01/14 08:29

リッキーおめでとう!世界も頑張って獲って欲しい!

関連する記事