Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

那須川の不敗神話に終焉の危機到来。ムエタイのトップ中のトップ、スアキムとの対戦が決定。識者は敗戦予想も。

2018/01/16 12:00

"神童"那須川天心がKNOCK OUT2月大会で対戦するスアキムは、日本の知名度こそ低いものの本場タイのトップ選手であり、那須川にとって過去最強の相手と言える。ムエタイの識者に聞いた所、何と那須川の敗戦が濃厚という意見も出た。

2月12日(月)に大田区総合体育館で開催される『KNOCK OUT FIRST IMPACT』。

同大会には目玉選手として、当初より那須川天心(19)の参戦が決定していたが、1月15日にその対戦相手が発表されることになった。

デビュー以来、キックボクシングで23戦23勝という全勝街道をひた走り、昨年末のRIZINキックボクシングトーナメントでも圧巻の強さで優勝したことで、もはやキックボクシングには敵がいないのではないかとも目されていた。

そんな矢先に発表された相手は、那須川が過去対戦した相手の中で紛れもなく過去最強であり、本場タイのトップ選手であるスアキム・シットソートーテーウ(21=タイ)に決定した。那須川とスアキムの対戦は55.7kg契約にて行われる。

□ KNOCK OUT FIRST IMPACT 追加対戦カード

▽ 3分5R 55.7kg契約
那須川天心VSスアキム・シットソートーテーウ

那須川の不敗神話に危機が到来

那須川と言えばRISEでプロデビューし、デビュー戦からランカーにKO勝利したことを皮切りに、プロ6戦目には16歳にしてRISEバンタム級の王座を獲得。そして各団体の王者を集めたBLADEのトーナメントでも全試合KO勝利したことで、格闘技ファンに広く知られるようになる。

そして2016年12月にはKNOCK OUTの旗揚げ戦で、ルンピニースタジアム現役王者のワンチャローンから、1Rにバックスピンキックで衝撃的なKO勝利を収めたことで、那須川の存在は日本のみならず世界を震撼させることになった。

ワンチャローン撃破後は、元ボクシング世界王者のアムナット、欧州強豪のライアン・シェーハン、元ルンピニー二階級制覇のウィサンレック、南米最強のイグナシオと世界各国の実力者から全てKO勝利を収め、昨年末のRIZINキックボクシングトーナメントでも他を全く寄せ付けない強さで優勝を収めた。

こうして築き上げた戦績は23戦全勝で、既にルンピニー現役王者のワンチャローンを撃破していることからもはや那須川に残された相手はいないのではないかとも言われていたが、2月のKNOCK OUTで対戦するスアキムは過去の対戦相手とはまた格の違う強さを持っている。

主な獲得タイトルは元ルンピニースタジアム認定スーパーバンタム級王者、現プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者となっており、現在保持するプロムエタイ協会は、二大殿堂であるラジャダムナンスタジアムに並ぶ権威あるタイトルだ。そしてルンピニーは現在最高峰のスタジアムで、日本人でルンピニー王座を獲得した者はこれまでにいない。

またルンピニーは現王者ではなく、現在はスーパーフェザー級の8位となっているが、今年1月にはスーパーフェザー級の現王者であるナウポンを相手に肘で大流血に追い込んだ末に、左肘一閃で4RTKO勝利を収めている。決してビッグヒット一発で形勢をひっくり返した試合ではなく、終始現王者を攻め込んだ末のKO勝利ということで、いかにスアキムがズバ抜けた実力を持っているかが良くわかるだろう。

現在の主戦場はスーパーフェザー級だが、それは当初戦っていたスーパーバンタム級では強すぎるあまりに対戦相手が見つからないことを理由に階級を上げており、今回はスーパーバンタム級となる55.7kg級で行われる。

那須川は身長165センチに対して、スアキムは175センチ(※KNOCK OUTでは172センチと紹介されているが、現地では175センチとなっている)と10センチもの体格差があり、スーパーフェザー級でもリーチの長さが際立っていたスアキムだけにスーパーバンタム級ではまさに異次元の強さとなるだろう。

減量苦がやや気になるところだが、タイでは当日計量なのに対して、日本では前日計量であることから極度な減量苦に陥ることも考えにくい。

那須川が2016年12月に勝利したワンチャローンはスーパーフライ級の選手で、スーパーバンタム級の那須川とは体格差が見られたが、今回はその逆の構図で、2階級上のスーパーフェザー級のトップ選手と対戦するということで、那須川にとっては余りにリスキーな相手と言える。

識者は「8:2〜7:3で那須川が不利」と予想

さらにこの対戦に際して、那須川とスアキムが仮に対戦したらどちらに有利なのかを、あるムエタイジムの会長に尋ねたところ「8:2〜7:3で那須川が不利」との予想を行っている。

その要因としては那須川とスアキムの体格差にあり、175センチとスーパーフェザー級でも体格の利を活かしていたスアキムが、本来の適正階級であるスーパーバンタム級にまで落として戦うことで、那須川とは大きな体格差が生じることを挙げている。

以前勝利したワンチャローンはスーパーフライ級の選手で160センチに対して、スアキムは175センチと3階級〜4階級ほどの体格差がある。さらにワンチャローンはスピードの欠点を乱戦でねじ伏せることで補うのに対して、スアキムはスピードもあり、那須川のスピードで錯乱されることも考えにくいとのこと。

またスアキムはムエタイ的な駆け引きを多くこなす選手ではなく、ファイタータイプの倒す意識が強い選手であるため、その点で日本向きの選手であり、本場タイでのムエタイでの強さがKNOCK OUTでも生きる可能性が高い。

いかに那須川のスピードがズバ抜けているとは言え、ここまで体格差があると懐に入るのが容易ではなく、また首相撲が許されたKNOCK OUTのルールでは、組み付いてブレイクを待ったり肘につなげることもできるために那須川が良いように攻める場面は予想しづらいとのことだ。

一方で那須川の勝機としては、スアキムはガードが低いために、那須川がムエタイにはない動きからハイキックにつなげたり、打ち合いの中で一発を叩きこむことでダウンもしくはKOを奪うシーンを挙げている。

それでも普通に応戦すればスアキムが有利になることは間違いないとのことだが、那須川はこれまでに事前の予想を覆す強さを見せてきたことから、「天心なら奇跡を起こす可能性はある」とのことで、「8:2〜7:3でスアキムが有利」の予想になったと話す。

那須川の前に立ち塞がるスアキムは紛れもなく過去最強の相手であり、本場タイのトップ選手を含めても、現在考えうる対戦相手の中で3本の指に入るであろう相手だ。果たして"神童"那須川はこの試練を乗り越え、その強さを万天下に知らしめることができるのか。2月12日の試合ではもっともリスキーで、もっともハイレベルな至極の対戦が実現する。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
ちょっとこのカードは…
2018/01/16 12:34

下馬評で那須川天心が下になるのはワンチャローン戦以来のことですね。

スアキムは階級の違いも加味して、100%過去最強の相手。

ワンチャローン戦は体格差、スピード差があることがわかっていて五分五分くらいだったけど、ホントにスアキムには勝てる可能性は低いと思う。

Trqgj0d4
カルバン
2018/01/16 12:49

何故よりによってkrushと同日開催なのか。瑠輝也VSゴンナパーも見たいし、どちらに行けばいいのか…

Missing avatar
匿名ユーザー
2018/01/16 13:03

今からドキドキしてきた

Aolodwlc
シゲチー
2018/01/16 13:24

面白そうじゃん、KNOCK OUTてアベマではやってないんでしたっけ。現地は無理なんでお金出しても観たいな

Missing avatar
KO
2018/01/16 13:29

これまではスポナビライブで見られましたよ。自分はKNOCK OUTのたびに契約してます。

Aolodwlc
シゲチー
2018/01/17 20:19

ありがとうございます、今回もスポナビライブで放送されるかチェックしておきます

Yu5vhm2x
大澤 辰郎
2018/01/16 16:02

体格差もあるしイキが良いし、元ルンピニーチャンピオンだし若い。

肘無しなら天心勝ちそうだけど、ノックアウトルールだと確かにわからないかも!

とかいいつつ倒す天心。。。

Missing avatar
どうだろう
2018/01/16 19:19

あくまで映像を観た限りでは、天心が負ける相手とは思えなかった。
理由としてはいわゆる激闘型で、顔面のディフェンスがそれほど優れていない点。武尊とやって負ける気がしないのもそのせい。
あとはスピードの差。この間のRIZINの堀口×オリヴェイラ戦も体格差が危惧されていたけど、蓋を開けてみればあの結果。ルールこそ違えど、同じような展開になるのでは。デカけりゃ強いわけじゃない。

Missing avatar
ノブリン
2018/02/12 15:25

ビデオをみて全く同感です
打たれ強いのと、ややスエーでかわす技術はあるが
後ろにさがっての防御しか映像に映ってない
連打を食らったら おしまいかな

Missing avatar
秋吉
2018/01/16 20:43

スアキムの動画まで上げてくれてる良い記事だなありがとう。

取り合えず動き見る限りでは圧倒的に速さは天心が上かなと思う。打撃も足も遅く感じる、あの遅さならリーチもそこまで苦にはならないんじゃないだろうか?見る限りガードもそこまでうまくない選手みたいだし
問題はパワーとタフネスだろうとは思う首相撲からの肘・膝、本来階級の違う打撃にワンちゃん対策は必須だろうと思う

でも客観的に見ても天心が有利に見える

Missing avatar
ナパ・キャットワンちゃん
2018/01/27 19:08

これがムエタイ王者?
って思いました。
スピード不足、パンチ力も無い、ディフェンスも悪い
あんな肘打ちを天心が貰うわけない。
どれを取っても全てに置いて天心が上
天心の楽勝だと思いました。

Missing avatar
強いの?
2018/02/03 23:06

ムエタイルールなら天心負けることもあるのかな?ってくらいにしか見えないな。
ガードが甘く、スピードがない。
体格が良く打たれ強そうということは感じるが…

Missing avatar
???
2018/02/12 19:14

え?余裕で天心勝つじゃん

関連する記事