Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

UFCがモンスターエナジーとパートナーシップの延長を発表したので、実際に購入してみました。

2018/01/18 16:08

UFCからモンスターエナジーに関するプレスリリースが届いたものの、どんなニュース性があるのかが分からず、せっかくなので実際にモンスターエナジーを買ってみてレポートしてみました。

1月18日にUFCからプレスリリースが届き、「UFCとモンスターエナジーがグローバルパートナーシップ延長を発表」というトピックが発表されました。

報道によると、UFCとモンスターエナジーが複数年に渡るグローバルパートナーシップの延長を行い、オフィシャルドリンクとして今後も扱われるとのこと。あのデイナ・ホワイトをして「モンスターエナジーはUFCが何たるかを心底理解してくれる素晴らしいパートナーです。」とコメントするなど、強力なパートナーであるようです。

モンスターが支援するUFCファイターとしてはコナー・マクレガー、タイロン・ウッドリー、ダニエル・コーミエ、マックス・ホロウェイらがおり、ホロウェイは前回の勝利後にこんな風にモンスターエナジーを掲げていました。

(クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

しかも現地アメリカからだけでなく、日本からも届いたということでさぞかし重要なトピックだと思いつつ、リリースを読んでも正直今ひとつニュース性がよく分かりませんでした。

どうしたら読者に伝えられるかと頭をひねった結論として、モンスターエナジーを実際に買ってきて飲レポをすることにしました。

エナジードリンクにしては量が多い!

普段はエナジードリンクを全く飲まないので、「エナジードリンク=レッドブル」くらいの発想しかなかったのですが、ドラッグストアで探してみたところ、レッドブルの左隣にしっかりと置いてありました。

第一印象は、デカイ!、そして細長い!レッドブルの通常サイズが255mlなのに対して、モンスターエナジーは355mlもあります。同じ値段なのでモンスターエナジーの方が大分オトクな気がしますが、とはいえ210円するのでそこそこ良い値段な気もします。

ちなみにレッドブルがオーストリアの会社が版元なのは知っていたものの、これまでずっとモンスターエナジーは日本が版元だと思いこんでいました。しかしどうやらアメリカの「モンスタービバレッジ」という会社が版元で、日本はアサヒ飲料が独占販売権を保持しており、アサヒ飲料を通じて日本の各店舗に並んでいるという図式のようです。

さらにモンスターエナジーはこの細長い缶だけではなく、色んな派生タイプもあるようです。青いやつは見たことがありますが、他は一度も見かけたことがないような気がします。

(モンスターエナジーの製品ページより)

正直、エナジードリンクがどんなメカニズムでエネルギーが充足するのかがサッパリ分かりませんが、とりあえずそれっぽくカフェインの量を調べてみます。

他のエナジードリンクについてはレッドブルしか知らないので、レッドブルの255ml缶と比較すると、モンスターエナジーが1缶で142mgなのに対して、レッドブルが80mgなのでモンスターエナジーの方が勝ち!と言いたいところですが、カフェインのために飲むなら自分がそうしているように、カフェインの錠剤を持ち歩いた方がオトクです。

それはさておき、モンスターエナジーには何か効きそうな気がする「L-アルギニン」やら「D-リボース」やら「L-カルニチン」といった成分が入っているそうですが、これがどのようにエネルギーになるのかはよく分かりません。

その辺りはあんまり考えすぎると負けのような気もするので、実際に飲んでみました。

エナジー感が確かに凄くある

さて実際に飲んでみようとしたところで、透明なグラスでもあれば注いでみたかったのですが、残念ながら持ち合わせていなかったので、代わりに何かカッコ良く映っているインスタグラムの画像を掲載しておきます。

A post shared by Dolphinthedj (@dolphinthedj) on

味は…というと普通に炭酸ジュースみたいで美味しかったです。しかも色んな風味が複数絡み合っていて、単調な味になりがちな清涼飲料水よりも確かにエナジードリンク感を演出できているような気がしました。

それと少し値段が高いこともあって、清涼飲料水のように一気に飲み干すともったいないということで少しずつ時間をかけて飲まないと…という目に見えないプレッシャーを感じることで、355mlと冷静に考えると多くはない量にも関わらず長時間かけて味わうことができます。

エナジードリンクとしての効果の方は、飲むと体の内部からエナジーがみなぎるような感じがしましたが、それが本当にエネルギーにつながっているのか、また仕事の能率が上がるのかについては正直良くわかりません。ただ確かにエナジー感は凄くある上に、中毒性が高いので世界的にヒットしているのも頷けるような気もします。

果たしてモンスターエナジーを飲んだことによってパフォーマンスがどれだけ向上したのか…それについては、本日のクイールの記事を読んで皆さん自身の目でお確かめください。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
甲賀
2018/01/18 16:36

クイールさんの食レポ、楽しく拝見しております。
そういえば今回、RIZIN大晦日の食レポされなかったですよね…選手プロデュース弁当など何をどうプロデュースしたのか不明な怪しい商品があったのですが。

Nd wwgyg
みるこっぷ
2018/01/18 18:21

庶民感溢れる食レポ最高です!大好き!
僕はエナジードリンク飲むとお腹痛くなっちゃうんですよね……
今度クイールさんの使ってるカフェイン錠剤試してみます(笑)

Missing avatar
最強
2018/01/18 18:38

半端じゃないくらい甘いからな まるでコナーマクレガーの試合のように

Picture
Toshitaka Kato
2018/01/18 20:01

疲れ果てても動かなければならない時の一時しのぎにはなりますね。
ぐわっと刺激が後頭部から鼻の中を突き抜ける感じで、覚醒感があります。
もちろんエナジー自体が増えるわけではなく一時的な誤魔化しなので、飲んで仕事などを片付けた後はより疲れます。

以前販売していたモンスターコーヒーという派生品は本当に動悸が早くなり、「これを飲み続けたらヤバいッッ!!」と身の危険を感じましたw

Missing avatar
黒ウーロン
2018/01/19 06:13

クイールさんの食レポファンとして、今回のは何かちょっと違う感がしましたが、最後の「お後がよろしいようで」的なオチにはクスッと笑ってしまいましたwまたレポお願いします。

Missing avatar
クイール最高
2018/01/19 15:01

高校生や大学生がテスト前に何本か飲みながら勉強していて、飲みすぎて体調が悪くなったり、怒りっぽい?性格になった、などなど、怖い話も見かけますね。

Missing avatar
highpote999
2018/01/20 01:17

クイールさんの食レポ!まってました!

関連する記事