Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

UFC214で対戦が噂される、ダニエル・コーミエとジョン・ジョーンズがTwitterで舌戦を展開!日本語に訳して紹介しています。

2017/05/01 15:18

UFC現ライトヘビー級王者のダニエル・コーミエと、次期挑戦者として噂されるジョン・ジョーンズがTwitterで舌戦を繰り広げています。この両者は初対戦となった2015年以来の因縁があります。

ダニエル・コーミエとジョン・ジョーンズが舌戦

A post shared by Daniel "DC" Cormier (@dc_mma) on

先月に防衛戦をクリアしたばかりのUFCライトヘビー級王者のダニエル・コーミエですが、次戦の相手はジョン・ジョーンズになるのではないかと噂されており、実際にデイナ・ホワイト代表もジョーンズの調整が間に合えばタイトルに挑戦することを認めています。

両者は2015年に1度対戦したのみ(ジョーンズが勝利)ですが、これまで4度対戦が決定しており、そのうち3度流れていることから、二人の間には長い因縁が続いています。

ファンのツイートがキッカケとなった

今回の舌戦は、とあるファンによる「あなたは1.2ポンドを落とすためにタオルを掴んだのではないか?」というリプライに対して、コーミエがこのように返答したのがキッカケとなりました。

そんなことはしていない。あなたが考えたり見たものがいつも正しいわけではない。あなたが見たものは時に間違っている。

このコーミエのツイートに対して、ジョーンズが次のように突っかかります。

そんなことを抜かしてるお前をやっつけるのが待ちきれないよ。

ジョーンズが「やっつける」という意味で「pop」という単語を使ったのに対して、コーミエが「薬をキメる」という意味でpopを使うことで、マリファナや禁止薬物の使用で問題になったジョーンズを皮肉ります。

お前が「pop」を使うなんてお笑いものだ(笑)。

(お前にとっての)popといえば禁止薬物の陽性、麻薬、そして勃起不全薬のpopだ。何日だって言い続けられるよ(笑)

コーミエがなかなか上手い返しをすると、ジョーンズが次のように返答します。

ようやくまともなジョークが言えるようになったな(笑)

俺がお前に初めて負けを付けたことを忘れるなよ(笑)

ちなみにジョーンズが使っている「pop your cherry」とは「処◯を奪う」という意味で、コーミエの唯一の敗戦をジョーンズがつけたことに倣って発言したジョークになっています。

このように「pop」という言葉のスラングを巡って、両者に面白い舌戦が起きていたので紹介してみました。

両者は早ければ7月29日に対戦?

まだ正式決定していませんが、両者の対戦は7月29日のUFC214で実現するのではないかとの報道もあります。

今後対戦に向けて進展があれば引き続き紹介する予定です。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします