Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

村田諒太がDAZNの事業戦略説明会に特別ゲストで登場。初防衛戦への意気込みを語る。

2018/01/25 14:22

Suguru Saito/DAZN

スポーツ動画配信サービス『DAZN』の事業戦略説明会が1月25日(土)に都内で行われ、DAZNのアンバサダーを務める村田諒太(32)が特別ゲストとして登場した。

ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田は、昨年10月22日のタイトルマッチでアッサン・エンダムに勝利してタイトルを獲得。そして4月15日には横浜アリーナでエマヌエーレ・ブランダムラ(同級10位)を相手に初防衛戦が決定している。

村田は昨年10月の初防衛戦を控えたタイミングで、DAZNのアンバサダーに就任し、イメージキャラクターでCM出演などプロモーション活動を行っている。そしてDAZNが2018年の事業戦略をメディア向けに発表した本日、村田が登壇し、大崎貴之バイスプレジデント、ジェームズ・ラシュトンCEOと共にトークセッションを行った。

「アンバサダーに就任した以上は負けは許されない」

ーー改めて村田選手のプロフィールを紹介させていただきます。ご存知のように2012年ロンドン五輪で金メダルを獲得しました。そして昨年、アッサン・エンダムとの激闘を制して、WBA世界ミドル級王者となっています。プロの戦績は14戦13勝1敗と輝かしい戦績を残しています。

ーー村田さん、昨年の10月にDAZNのアンバサダーに就任されましたけれども、改めてお気持ちいかがでしょうか?

村田 就任させていただいてから世界も取りましたし、勢いのある会社の仕事をさせてもらえるというのは僕も勢いをもらえるので、非常に嬉しく思っていますし、これからも良いパートナーでいられればなと思います。

ーー村田さんがDAZNに就任されたということで大崎さんはいかがですか?

大崎 アスリートは単純にフィジカルが強いだけじゃなくて、村田さんが素晴らしいのはご本人のストーリーや哲学なんです。生き方の哲学もそうですが、いつも公言されている家族への愛だとかそういったところも人間味に溢れるし、人としても尊敬できるということでお話させて頂きました。もちろん腕っ節が良いのも最高です。

村田 もう腕っ節は磨いていかないと(笑)

ーーDAZNは130種類以上のスポーツが見られるということなんですが、村田選手はこのような形でDAZNを活用されていますか?

村田 スポーツというのは実は自分のスポーツだけやっているとなかなか見えづらい部分もあって、例えば僕もキャンプ中にサッカーの選手の動きや走り方だったりとか、活躍を見てモチベーションを上げたりだとか、そうやって僕は見ていますね。

ーー他の選手の姿を見てご自分も奮い立つことはあるのでしょうか?

村田 そうですね、ボクシングだけの動きをしていると同じ動きになっちゃうんです。同じ動き、同じ感性だと、何が良くて何がダメなのか、どういう体の使い方をしているのが気づきにくいんです。他のスポーツを見ることによって、気づく面が多い。僕は結構そういった活動をしていますね。

ーータイムシフト視聴で後から見られる点はどうでしょうか?

村田 まずハイライトで流してくれたりするので取っ付き易いんですよね。初めから全部を見るんじゃなくて、つけたらハイライトが流れて来たりして、そこから見たい部分をピックアップするので、その辺りが既存のメディアと違って取っ付き易い、興味を引きやすい映像構成です。

ーーそして今回CMの撮影にも参加していただきました。(※DAZNの新たなコンセプトを体現するコンセプトムービーに出演)

村田 侍の格好する時に帯を締めるじゃないですか。ここに力を入れるんだと。今だと体幹トレーニングがどうだと言われますが、帯を締めることによってここを意識しないと行けない場所だということを自然と教えてくれますし、昔には「腹が据わる」なんて言葉があったように、こういうところを意識して生きていたのかなと。

ああいう格好をさせてもらうと、そういう意識があって、やっぱりトレーニングでもここを意識してやれば効果が上がるんじゃないのかな、とそんなことにつなげて考えていました。

ーー武士の格好は初めてですか?

村田 そうですね、初めてでした。

ーー今後のボクシング人生に活かされることもあるかもしれませんね。

村田 あれをやってからベルトを締める時にも何となく分かるんです。ベルトをキュっと締めると丹田と言われるところですか、その辺りにしっかりと力を入れないといけないなという気持ちにもなるので。あの撮影が良い方向に導いてくれると思います。

ラシュトン 凄く良かったと思ったのは、CMに出ていた方が大きな笑顔をしていたんですよね。コマーシャルの撮影を凄く楽しんでいるというのを感じました。我々の価値を共有してくれる選手たちとお仕事をしたいと考えています。ただDAZNを宣伝するのではなく、我々が信じている価値とか、ファンへの価値提供を重要に思っていることを選手の方々にも理解して欲しいと思ったのです。それを実現していただいたので凄く良かったです。

ーーDAZNなんですけど、日本のスポーツの本拠地として2018年取り組んでいくことを発表させて頂きました。村田選手にとっては今年、新しいチャレンジをしていくことはありますか?

村田 常にチャレンジというか、人生って新しいことばっかりなんですよね。慢性化していて新しくないと思っているかもしれませんが、例えば次戦う僕の試合は初防衛戦、チャンピオンとして戦うのは始めてですし、仮に勝ったとしてその次の試合というのは常に初めてのものなので、常に初々しい気持ちでチャレンジするんだという気持ちは持っていますので。そのフレッシュな気持ちを忘れずに、何事も挑んでいきたいなと思っています。

ーー今話にもあがったように4月に行われる初防衛戦、日本中の皆さんが応援していると思いますが、そちらに向けても一言頂けますか?

村田 第1次キャンプも終わって、これから第2次キャンプも始まりますし、しっかり仕上げていきたいなと思います。

このアンバサダーに就任している以上は色んなスポーツを見て、ましては色んなスポーツを配信するDAZNというサービスのアンバサダーである以上は、負けることは許されないと思いますので、しっかりその気持ちを持って頑張りたいと思います。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

関連する選手

関連する記事