Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

"地球上で最も危険な男"ミオシッチが試合後にはクイックルワイパー片手に、妊婦の妻を助ける

2018/01/25 17:59

クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

「地球上で最も危険な男」と称される、UFC現ヘビー級王者のスティーペ・ミオシッチ(35=アメリカ)。

ルールの制約が少ない総合格闘技における世界最高峰の舞台「UFC」の最重量級で王者となっていることから、世界最強の座に最も近い男とも言える。しかしミオシッチを知らずにこちらの写真だけを見たら、世界最強の男には見えないかもしれない。

ミオシッチの妻であるライアン・マリー・ミオシッチが、インスタグラムにミオシッチが「アメリカ版クイックルワイパー」ことスイッファーを手に持っている姿を投稿した。

これはどんな状況かというと、ミオシッチの妻が妊娠中でつわりが酷く、(おそらく床に)嘔吐してしまうと、それをミオシッチがスイッファーで拭き取る作業を行なっているところだ。(※もっとも妻もその光景を面白がってインスタグラムに投稿している)

ミオシッチはつい3日前にはUFCヘビー級タイトルマッチで、怪物のフランシス・ガヌーと対戦したばかりということで左目は大きく腫れ上がっており、それも相まって少しシュールな光景に見えるが、妻のために献身的なサポートをする良き夫である。

フランシス・ガヌーとの試合に勝利した後には、「もうすぐ子供が生まれる、父親になるんだ。俺にとってはそれがすべて。」とマイクで話していたことから、ミオシッチにとっても子供の誕生が待ちきれないようだ。

(クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

また一つ面白いエピソードとして、ミオシッチが試合を終えるとすぐに、母親から毎回のように心配で電話がかかってくるという。

昨年の防衛戦で勝利した時には「試合に勝っても負けても、ドローでも母親から電話がかかってくる」、「『お母さん、あなたが僕を誇らしくさせてくれる』と言ったら母親が泣き出したんだ」とインタビューで話していた。

ミオシッチは1月20日の防衛戦で、UFCヘビー級の新記録となる3連続防衛に成功し、ヘビー級の絶対王者として頂点に君臨している。

しかしKO勝利こそ多いものの、パンチを振り回したりしない堅実な戦い方や、トラッシュトークをしないことから地味な王者と見られる面もある。それでも"米版クイックルワイパー"を手に持ち掃除をする姿や、試合後にはいつも母親と電話をかわすあたりは、親近感No.1ヘビー級王者とも言えるだろう。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
いいんじゃない
2018/01/25 21:16

好きです。どことなくジョシュ・バーネットに通じる、アメリカ人が推しづらい白人感がいいですね。

関連する記事