Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

ミオシッチとコーミエのUFCヘビー級タイトルマッチが決定!コーミエが2階級制覇を目指して挑戦。

2018/01/27 11:10

クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

UFCヘビー級のビッグカードが決定した。

7月7日にラスベガス、T-モバイル・アリーナで開催される『UFC 226』にてスティーペ・ミオシッチ(35=アメリカ)とダニエル・コーミエ(38=アメリカ)によるヘビー級タイトルマッチが行われることが発表された。

ヘビー級王者のミオシッチと、ライトヘビー級王者のコーミエによる階級を越えた最重量の頂上決戦となる。両者は1月20日の『UFC 220』でいずれも王座防衛を果たしている。

コーミエが史上2人目の最重量2階級制覇へ

UFCヘビー級王者のスティーペ・ミオシッチは、バックボーンとするレスリングと卓越したボクシングテクニックを併せ持ち、現在までにUFCヘビー級記録となる3連続王座防衛を果たし、絶対王者として君臨している。

1月20日には破竹の勢いでタイトル戦線まで勝ち上がってきた最強挑戦者のフランシス・ガヌーをフルラウンドに渡って圧倒したことで、改めてヘビー級における地位を盤石なものとしたばかりだ。

(クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

もはやミオシッチに対抗できる相手はいないかと思われたが、そんな矢先にライトヘビー級王者のダニエル・コーミエが階級を上げて、ミオシッチに挑戦することが決定した。

(クレジット: Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

コーミエはMMAデビューを果たしたのは30歳と遅く、キャリアの初期からUFC初期まではヘビー級で戦っており、世界に名が知られるようになったのは2011年から開幕したストライクフォースのヘビー級グランプリで優勝したことに始まる。

このグランプリには当時最強幻想に溢れていたアリスター・オーフレイムや、エメリヤーエンコ・ヒョードルらが出場していたことで、UFCヘビー級を越える最高峰のトーナメントと目されていた。しかしトーナメントの開幕直後にUFCがストライクフォースを買収したり、アリスターが欠場したりと紆余曲折を経て、コーミエはアリスターの代役として準決勝から出場すると、そのまま下馬評を覆して優勝を収めている。

UFCでは3戦目からライトヘビー級に落とすと、一度はジョン・ジョーンズに敗れて王座獲得に失敗するも、ジョーンズが後に剥奪された王座を獲得。昨年7月にはジョーンズとの再戦で敗れるもジョーンズの薬物テスト失格により無効試合となっており、それを除けば3度の防衛を果たす安定王者となっている。

コーミエはライトヘビー級では減量苦に悩まされており、昨年5月には体重オーバーしていたところをタオルを掴んでパスしたのではないかという疑惑が上がり、先日の防衛戦でも時間ギリギリになって計量をパスしていたことが記憶に新しい。ただそれだけにヘビー級で戦うことの不安要素は少なく、かつてはヘビー級でも相手をパワーで凌駕する戦いを演じていた。

両者はUFCの登竜門である『TUF』のシーズン27のコーチを務めることになり、そのコーチ対決も行う。他の対戦カードは決定していないものの、文句無しでメインイベント候補筆頭だろう。

またコーミエはこの試合で勝利すれば史上5人目のUFC2階級制覇、さらに最重量級での複数階級はランディ・クートゥアに続く2人目となる。

コーミエはこの挑戦に対して「#夢の追跡者」「#レジェンド」といったハッシュタグで意気込みを表している。果たしてコーミエはヘビー級王座を獲得する快挙を成し遂げるのか、それともヘビー級絶対王者のミオシッチが改めて盤石ぶりを発揮するのか。ヘビー級の最注目のタイトルマッチが7月7日の『UFC 226』で行われる。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
いいんじゃない
2018/01/27 12:20

これは凄い! しかしコーミエが勝ったら、ヴェラスケスとの同門対決回避でヘビー王座は返上しそう。

Missing avatar
堅物くん
2018/01/27 13:22

コーミエは来年の3月に引退するとのことですが、UFCとしてはミオシッチの試合とジョン・ジョーンズの試合を引退ロードに持ってくる感じでしょうか。

コーミエはヘビー級での実績があり、階級を越えたドリームマッチというよりは、ヘビー級の頂上決戦という印象を受けます。

どっちが勝つのか予想は難しいし、本当に楽しみな対戦カード。

Missing avatar
un
2018/01/27 13:43

つい数日前までコーミエさん全否定してた気がwwww
最近ビッグマッチどんどん決まってきてて嬉しい
脱マクレガー に向けて奮闘してるのが伝わる

関連する記事