Queel
×
サイト内を検索する
  • ボクシング
  • ニュース

リナレスとロマチェンコのライト級マッチが浮上。実現すれば5月12日の開催か。

2018/01/31 15:32

10/05/2013 Team Finals Day 1 Astana Arlans Kazakhstan 3-2 Ukraine Otamans [CC BY-ND 2.0](https://creativecommons.org/licenses/by-nd/2.0

ホルヘ・リナレス(32=ベネズエラ)とワシル・ロマチェンコ(29=ウクライナ)による対戦が現実味を帯びてきたか。

WBA世界ライト級王者のホルヘ・リナレスは、1月27日にアメリカでメルシト・ヘスタと対戦し、大差の判定勝利を収めて3度目の防衛に成功。ビッグマッチの実現を希望するリナレスだが、次戦の相手に今軽量級で最もホットな人物であるロマチェンコとの対戦が浮上した。

ロマチェンコは昨年12月にリゴンドーとの軽量級頂上決戦に臨み、異次元のパフォーマンスでリゴンドーを圧倒した末に、6RTKO勝利を収めている。リナレスとの対戦が実現すればライト級のビッグマッチとなる。

現在はWBO世界スーパーフェザー級王者のロマチェンコだが、次戦はライト級になる見込みだ。ロマチェンコが所属するトップランクを主宰するボブ・アラムが、「BoxingScene.com」に次戦のライト級での対戦相手としてリナレスのことを名指しで候補に上げている。

これに対して、リナレスが所属するゴールデンボーイ・プロモーションズのオスカー・デラホーヤは次のようにコメントした。

「既に準備ができている。ロマチェンコとリナレスの対戦は2018年に実現しなければならない試合だ。我々の目的はいつだって最高の試合を実現させることで、この試合はその一つだ。何はともあれボブ・アラムよ、連絡をくれ。」

両者の対戦の機運が高まることになったが、ボブ・アラムは「リナレスは怪我を抱えているのに、このような状態で交渉を始めるのはバカげている」と、交渉はまだ開始されていないことが明かされた。

一方で日程については4月28日と5月12日が候補だが、リナレスが先日のタイトルマッチで右手を負傷したことから5月12日の方が有力であるとのこと。

リナレスとロマチェンコの両スピードファイターの対戦が実現すれば世界的な注目が集まるだけに、交渉が進展することに期待したい。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

Missing avatar
もも
2018/01/31 16:14

実現するわけねえだろ
アラムだぞ
いつもの名前あげただけパターン

Missing avatar
un
2018/01/31 16:20

交渉が開始されてないのかよ

Psskgae1
Hotate
2018/01/31 18:21

実現するなら見たい!

Missing avatar
グラスノスチ
2018/01/31 19:51

ESPNによるとアラムはこの一ヶ月ほど帝拳の本田会長と実現に向け
話し合いをしていて好感触だったそうだよ
怪我の具合と条件の提示を待っている状況だそうだ

Missing avatar
ペロロ
2018/01/31 20:53

挫折を乗り越えてここまで来たリナレス。これは実現してほしいな~

Missing avatar
  l
2018/02/01 19:42

リナレス程、本人の能力がしっかり現れた戦績の選手はいないw
ダイジェストでも見ればひと目で才能があるってわかるボクシングなんですが、
よく調べると「あれっ?こんなのに負けてる?」となり、
実際試合フルで見ると「おやおや…」って部分が目につく…
強すぎない完璧すぎない、能力まで愛嬌のあるボクサー。