Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

過去最強のスアキムもKO宣言。那須川天心がKNOCK OUTを10日後に控え、公開練習に臨む。

2018/02/02 19:00

KNOCK OUTが2月12日(月・祝)に大田区総合体育館で開催する『KNOCK OUT FIRST IMPACT』。

同大会のメインイベントには"神童"那須川天心(19)が出場し、キャリア最強の敵と称されるスアキム(タイ)と対戦するが、対戦を10日後に控えた2日(金)に公開練習が行われた。

この日はスアキム戦に向けた追い込み練習を行った後にシャドーボクシングとミット打ちをそれぞれ1R披露。「今までで一番疲れている」と言うコンディションではあったが、飛び膝蹴りやスーパーマンパンチなど躍動感溢れる動きを見せた。

そして公開練習後の囲み会見では「那須川が今回初めて敗れるのではないか」との声も上がるスアキムに対してKO宣言が飛び出した。

すでに日本格闘技界の中心として君臨する那須川であるが、自身の評価をさらに高めたいと語り、今年は「負けるんじゃないか」と言われるのような相手と対戦したい目標を口にしている。

囲み会見のコメントはこちら。

負けると思われるような相手に勝つのが格闘技の醍醐味

ーー今のコンディションの方はいかがでしょうか?

那須川「追い込み絶頂期というか。今までで一番疲れてます。」

ーーキャリア史上最強の敵と言われていますが、天心選手から見ていかがでしょうか?

那須川「自分でもそう思いますね。やっぱり向こうで敵がいないということで、そういう選手と戦えるのは嬉しいですし。日本だとタイ人は越えられない壁というように見ている人が多くて、その中で一番強い相手を当ててきたということは、相当期待もされていますし、逆に主催者や周りの人が『もうそろそろ負けても良いんじゃないか』と思ってるはずなので、そういうカードを当てて来たのではないかと思います。」

ーーそういう意図を感じますか?

那須川「感じます(笑)でもまあ負けないですね。」

ーー今回が一番疲れているということは、それだけ相手を強敵とみなしているからですか?

那須川「練習はいつも通りなんですけど、自然に力が入ったというか。あとはジムが近くなったことですよね。新しく地元に大きなジムができて、もう逃げられない環境というか。近くがジムなので、練習しかできない状況ということで、かなりハードな練習ができてます。すぐ体調崩しちゃうくらい。学校もヤバくて、あと一回も休めないですね(笑)休んだら単位取れなくなっちゃうので。」

ーー疲れて学校いけなくなったんですか?

那須川「年末の時にあと何回かというのを全部使い果たしちゃったので。」

ーー新しいジムでそこまでやっているということですか?

那須川「練習して、学校行って、練習して、指導して、また練習してという毎日の繰り返しですね。」

ーー夜はどれくらいまで練習してるんですか?

那須川「営業時間が夜10時なのでそこくらいまでですかね。」

ーーこのルールでタイ人とやるのは、他のルールで他の国の選手とやるのとは違う心境ですか?

那須川「違いますね。向こうの選手が慣れてるルールで、相手の土俵で倒すのが周りが一番認めてくれるし、倒し甲斐がありますね。」

ーー映像はチェックしましたか?

那須川「そうですね、2・3回見たんですけど。普通に強い選手だなというくらいです。」

ーーどの辺に強さを感じますか?

那須川「体の強さとか、バランスが良いというか。破壊力もあるし、何でもできる選手ですね。でも穴はたくさんある選手だと思ったので、そこを突いていけば相手も人間なので倒せるかなと思います。」

ーー1番警戒しているところはどこですか?

那須川「組んだ時の強さと肘ですね。僕はあまり肘ありのルールをやったことはないですけど、対応はできるので、そこを注意して貰わなければ行けると思います。一番のポイントは相手の距離に入らないことですね。」

ーー相手の身長が大きいというのは?

那須川「相手の身長をそれほど意識しているわけではないんですが、向かい合ってみないと分からないというのはあるので。予想よりは長いだろうなと思って練習はしていますね。」

ーー今まで戦ったタイ人とはレベルが違うと。

那須川「今までは同じくらいだったり。でもアムナットは試合中に手が伸びたと思ったので。あれよりは長くないかなとは思うんですけど、あれくらいかなと思って。でもアムナットより前に来るので、逆に自分の攻撃も当たりますし。」

ーー組んできてとなると

那須川「まあ多少不利な部分は出てくると思います。やっぱり自分の距離で戦おうかと。」

ーーこれまでの試合と違って緊張して寝られなかったりとういのはなかったですか?

那須川「一切ないですね、普通に寝れてますし。最初に決まった時は周りの評価が『いや、負けるでしょ』と書かれていたんですよ。何だよと思ったんですけど、そう言われているほうが燃えるかなと。」

ーー今回の試合で挑戦するという意識なのか、迎え撃つという意識なのか

那須川「挑戦するという面もあれば、迎え撃つというところもあります。どちらかと言えば日本代表として迎え撃つということですね。なかなか日本人はタイの壁を越えられないと思っている人がたくさんいるので、僕がそれを壊せばみんなも倒せると思うんじゃないのかと。陸上でも言うじゃないですか。誰かが9秒台を出せばみんなが切る、というようなイメージです。」

ーー相手の好戦的な部分については?

那須川「(相手の)良い部分もあれば悪い部分もあるので。僕はそうやって出てきたところを逃さないので、やりやすいとは思うんですけど。ただラウンドが長くなればなるほど、相手の経験もありますし、目も慣れてくると思うので。スピードや入り方を変えながらやっていこうかなと思っています。急にはいったりゆっくり入ったりといった引き出しを増やさないとダメだと思います。」

ーー同じ場所にいないと。

那須川「同じ場所にいたらダメだと思います。」

ーー相手のパンチは上体が立ったムエタイのパンチですがどうですか?

那須川「貰ったらマズイとは思いますけど、まあ貰わないですね。ただ肘があるからああいうパンチが当たるんだと思います。普通だったら当たらなくても肘を警戒しすぎてそのパンチを貰ってしまうということが多いと思うので、両方同じように警戒しておけば大丈夫かなと。」

ーースアキムの1月の試合で現役ルンピニーのスーパーフェザー級王者をKOで倒しましたが、それを見ましたか?

那須川「見ましたけど、相手はこれが王者なのかと見て思いました。本当の王者ではないような気はしました。技術というよりは根性系の、だから相性が相当悪かったんじゃないのかなと思いました。」

ーー倒さないとダメだと思うと言っていましたが、それはなぜですか?

那須川「格闘技を盛り上げないと行けないというのもありますし、メインでお客さんがスッキリして帰りたいというのもあるでしょうし、自分がこういった強い相手を倒して勝たないと評価も上がらないでしょうし、日本代表としてタイにレベルの差を見せつけたいなという思いです。」

ーーご自身の評価をもっと上げたいですか?

那須川「(まだ)全然ですね。もっともっと上げたいです。」

ーーここのところずっと試合をしてきて、次やその次まで決まっているような状況が多くなっていますが、長く休みたいという気持ちはないのでしょうか?

那須川「去年・一昨年と休みたいと言ってられる状態ではなかったので。知らない間に決まってる試合も多くて、まあいいかという感じです。」

ーー夏休み今年は欲しいというのは?

那須川「休みたいと思っててもすぐ決まっちゃうんじゃないんですかね。先のことはまだ考えてないですけど、だからすぐ決まっちゃうのかもしれないですね。」

ーーどういったことを考えてるんですか?

那須川「すぐ次の相手に集中してやってるだけなので。それが終わって、『次の試合はいつですか?』と聞いたら『これだよ』と言われて、『あ、そうなんですか』という感じです。」

ーー今年は特に自分でやりたいこと、目標はありますか?

那須川「やりたいこと、目標…。今回のような『負けるんじゃないか』と言われるような相手とどんどんやっていきたいですね。そういう選手とやって勝つというのが、格闘技の醍醐味・面白いところだと思うので。」

ーーRISEはホームでもっと盛り上げたいと言ってたじゃないですか。RIZINは一般の人向けに。KNOCK OUTはどういう場所だと思っていますか?

那須川「一番純粋なキックボクシング団体という感じがします。最も本物志向というか。辺に盛り上げるというよりは実力で勝負をするという団体だから盛り上がるんじゃないですか。」

ーー自分にとってはどうですか?

那須川「どこの団体もそれほど意識しているわけではないですけど、毎回強い相手とやらせてくれるのでありがたいです。あとは肘ありルールで、KNOCK OUTでしか肘ありをやったことはないですけど、そういう挑戦の部分もありますね。この間の両国は本当に凄すぎて出たかったなと思いましたけど、まあ期間が短かったので出られなかったですけど、一体感が凄かったですね。二年後・三年後がどうなっているのかが楽しみです。両国が満員になっちゃたので、次はアリーナとか行けるんじゃないですか?」

ーースパーリングはもうしないにしても、その高い相手と組んだりとかは?

那須川「まあでもいつもと変わらずという感じですね。」

ーー勝ったら「俺が負けると思ってたやつくたばれ」とかはないですか?

那須川「それはないですよ(笑)これから2018年、色んな事があると思うので楽しみにしてほしいと言いたいですね。vs世界で行きたいです。」

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします

この記事へのコメント()

2016 11 20 13.43.09
たわし
2018/02/02 19:51

発言が全てカッコイイ!

Missing avatar
名無し〜
2018/02/03 08:45

最後のエンセンさん笑笑

Missing avatar
ある
2018/02/03 09:06

今回は負けそうな気がする…

Missing avatar
クイール最高
2018/02/03 12:36

勝つでしょうね。楽しみです。武尊の相手がまた大雅って、もういいよ的な感じ.......

Missing avatar
  l
2018/02/03 12:50

威勢のいい言葉欲しがるのわかるけど、あんまり喋らせすぎないであげて…

Missing avatar
フンドシオジサン出てこいや!
2018/02/09 05:47

フジテレビかTBSあたり生放送して下さい!
数字取れますよ!!

関連する記事