Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

チャック・リデルが現役復帰か?コーチがリデルの復帰について否定的だが相手次第とコメント。

2017/05/03 09:49

UFC人気沸騰の一躍を担ったレジェンドファイター、チャック・リデルに現役復帰の噂が!リデルのコーチがインタビューに応じて、復帰には否定的ながら対戦相手次第だとコメントしています。

チャック・リデルに現役復帰の噂が!

2000年代中盤から後半にかけて、UFC人気が爆発的に上昇した時代にライトヘビー級王者として君臨し、象徴的な存在でもあったチャック・リデル。

2010年にリッチ・フランクリン戦を最後に現役引退を表明しましたが、今になってリデルが現役復帰するのではないかと囁かれています。

その証拠にリデルはインスタグラムに現役時代さながらのグッドシェイプな体を最近披露しています。

A post shared by Chuck Liddell (@chuckliddell) on

またこのような練習動画も別アカウントですがインスタグラムにあげられており、おそらく日常的にハードなトレーニングを行っているのでしょう。

A post shared by Jay Glazer (@jayglazer) on

このことから現役復帰への機運が高まっていると見られており、リデルのトレーナーを務めているジョン・ハックルマンがインタビューに答えています。

インタビュー内容

UFCがリデルに引退を勧告をしたとき、リデルはまだ戦いたがっていた。その時私は彼に現役で居続けるよう望んでいたと思われているのかもしれないが、それは真実ではない。

私が常に言っているのは、全てかリデル自身が決めることだということだ。

300万ドルだって? 誰がそんな告げ口をしたんだ。私はリデルに300万ドルを稼いで欲しいなんて言ってないし、大抵の人間が3度の人生で稼ぐよりも多い金額じゃないか。

私のことを知っている人はわかっていることだが、私が面倒を見ている選手が試合をするときには、とても口うるさくなる。ただそれは試合次第なんだ。全てはどんな試合かによって決まる。

私は彼にどんな相手と戦ってほしいか、あるいは試合をするべきかどうかについて決める立場にはない。

それにしても300万ドルといっても、それは彼がこれまで築き上げた資産(名声)を危険にさらすに値する額ではないと思っている。

なぜなら彼の資産は彼自身のものではなく、彼が将来に渡って稼ぐ額は300万ドルを超えるものかもしれないし、晩節を汚してまで得るべき金額ではないのではないか。つまり、全てはどんな相手と戦うかにかかっているんだ。

リデルは昨年UFCからリストラされている

チャック・リデルは引退後に事業開発部長としてUFCで働いていましたが、昨年にはマット・ヒューズらと共にリストラされており、またデイナ・ホワイトは今後UFCで戦うことはないと明言しています。そのため仮にリデルが復帰するとしてもUFCになることはないでしょう。

先程掲載したリンク先では、ベラトールやRIZINが候補に挙げられていましたが、300万ドルという大金を出せるイメージはないとして否定的に見られています。

ただしUFCレジェンドもまた現役復帰を経験するのが既定路線のようにもなっており、ランディ・クートゥアやティト・オーティズらは現役復帰をしていることから、リデルも同じように復帰への道を歩むのかもしれません。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします