Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

チャールズ・"クレイジーホース”・ベネットがクンルンファイトMMAでTKO負け。翌月にもロシアで試合が決定。

2017/05/05 20:37

日本のファンにはおなじみのチャールズ・"クレイジーホース”・ベネットが中国のクンルンファイトMMAに出場するも負傷TKO負け。これでRIZINでのKO勝利から5連敗となってしまいました。

クレイジーホースが中国でTKO負け

PRIDEやRIZINで印象的な試合をこなしてきたチャールズ・"クレイジーホース”・ベネットが、5月4日に行われた中国のクンルンファイトMMAに出場。

ちなみにクンルンファイトは中国の二大キックボクシング団体の一つで、そのMMA部門という位置づけになります。

対戦相手は地元中国のルー・ゼンホンという選手でMMA戦績6勝5敗、直近では3連敗していました。

試合前はいつもの調子だったが…

試合前に投稿したインスタグラムの投稿では中指を立てる"らしい"ポーズを取っていました。

(出典: felony352 - Instagram)

何気に4連敗中のベネットにとっては連敗を止めるチャンスでもあったものの、試合はベネットが指を痛めたことでTKO負けを喫しています。

指を痛めたというのは上のツイートが情報源になっていますが、そのシーンを収録した動画は今のところ見つかっておりません。

ベネットはこれで5連敗

ベネットは昨年RIZINで木村ミノルから秒殺KO勝利を収めているものの、その後参戦したシュートボクシングから、このクンルンファイトまで立ち技・MMAを含めて5連敗中。

先月にも中国の新団体MASというキックボクシング大会に出場しており、この試合ではリング外に吹っ飛ばされるダウンをしたり、膝蹴りで前のめりに失神するなどダメージが気になる負け方をしていました。

翌月にはロシアで試合が控える

(出典: https://www.tapology.com/fightcenter/events/45391-iv-elements-fighting-cup-2017

キャリア60戦以上を誇るベネットですが、ここのところ短い試合間隔で毎月のように試合をこなしています。

6月3日にはロシアのMMAイベント「GM World League II」に参戦が決まっており、上の画像のように地元ロシアのアレクセイ・ゲネンコという選手と対戦します。

相手は6勝6敗と勝ち負けが続いている選手なので、ベネットにとっては泥沼の6連敗を止めたいところです。

ちなみに「TAPOLOGY」というサイトのベネットの試合予定の欄を見ると、クンルンファイトから3日後の5月7日に試合と書かれていますが、実際にはおそらく6月3日に開催されるので、1ヶ月ほどの期間を置くことができます。

指の怪我の程度がどれほどのものか分かっていませんが、怪我を治して万全の状態で試合に挑んで欲しいところです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事