Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

"西の神童"石井一成がムエタイのタイトル防衛戦で敗北。今月にはRISEで那須川天心とエキシビジョンが行われる。

2017/05/06 10:53

KNOCK OUT参戦中の石井一成がムエタイの「True4U」防衛戦に臨むも判定負けを喫しています。石井は18才ながら本場タイで強豪選手から勝利を重ねており、西の神童とも称される次代のスター選手です。

A post shared by 石井一成 (@issei_ishii) on

石井一成とは

現在KNOCK OUTにも参戦中の石井一成ですが、これまでムエタイの本場であるタイを主戦場にしてきたため、日本のキック界ではまだあまり知られていないのかもしれません。

石井は若干18才ながら27戦のキャリアを誇り、今年2月には最高峰のルンピニースタジアムで2位の選手を圧倒し、True4Uという有力なムエタイタイトルを獲得しています。

また若き本格派というだけでなく、端正なルックスを活かして、小学生の頃から子役として芸能活動を行っており、江口洋介らとテレビCMで共演したことがあります。6年前には「スタードラフト会議」という番組に出演しており、この一コマを捉えたのが以下の画像になります。

そして4月1日に行われたKNOCK OUT Vol.2にて日本凱旋試合を行いました。

高校生離れした実力に、端正なルックス、芸能活動を行っていたという異色のキャリアもあって、参戦当初からプッシュされた存在に。そして肝心の試合も前評判に違わぬ内容となり、国内2冠の矢島直弥のアゴを砕いてのTKO勝利を収めています。

紆余曲折を経てのタイトル防衛戦

さてその石井一成が5月5日にTrue4Uというタイトルの防衛戦を行ったのですが、それが決まるまでには紆余曲折がありました。

当初は5月4日にラジャダムナンスタジアムでの試合が決まっていたものの流れてしまい、次の試合も同様に流れた末に、今回の試合が決定しています。

試合間隔が短いムエタイならではというべきか、1週間以内に2度の試合変更、さらに試合10日前にタイトル防衛戦が決まるという慌ただしい状況の中での試合となりました。

対戦相手は2月以来の再戦

今回対戦したのは、今年2月にTrue4Uというタイトルを獲得したときに勝利したセンソン・エラワンという選手。

この選手は当時ルンピニースタジアム2位という正真正銘のトップ選手でしたが、2月には下馬評を覆しての完勝で見事タイトルを獲得。

そして今回の防衛戦も同じセンソン・エラワンで、リベンジを狙う相手を迎え撃つ一戦となっています。

試合は首相撲で翻弄され判定負け

True4Uはタイのテレビイベントのため、Facebookで公式動画を視聴することができます。第1試合ということで、以下の動画の20分あたりから石井一成の試合が始まります。

(出典: Facebook公式動画)

さて試合は石井が積極的にパンチとローで攻めかかるも、センソンが距離を取ってのミドルキックでそれに対抗し、一進一退の攻防が続きます。

序盤は両者ともにハッキリとした優劣はなかったものの、4Rにセンソンが首相撲から勝機を見出し、掴んでからの膝蹴りや崩しで明確にポイントを奪うことに成功。

(出典: Facebook公式動画)

後がない石井は5Rに積極果敢に攻めかかりますが、老獪なセンソンはそれに付き合わず、ミドルキックで距離を取りつつ、近づけば執拗な首相撲に誘い込まれてしまい挽回するには至りませんでした。

そして判定でセンソンが勝利し、石井はリベンジを許すとともに、True4Uのタイトルを失うことになってしまいました。昨年には6連続KO勝利、今年も2戦全勝ときていたのですが、久しぶりの敗戦となっています。

それでもルンピニーランカーのセンソンから序盤は互角に渡り合うなど、突出した地力を持っていることを疑う余地はないでしょう。

今月にはRISEで那須川天心とのエキシビジョンが!

石井は今月28日の「RISE WEST 7」にて那須川天心とのエキシビジョンマッチが決定しています。

昨年にも実は那須川とエキシビジョンを行っているのですが、その時は4人でのエキシビジョン。今回は1vs1でのエキシビジョンということもあり、日本での注目度の上昇ぶりを伺わせるマッチメークとなっています。

元祖・神童である那須川と、「西の神童」と称される石井がどのような試合を見せてくれるのか注目です。

日時 2017年5月28日(日) 17:00会場 17:30開始
会場

アクロス福岡 イベントホール

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事