Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

UFCレジェンドのマット・ヒューズが「同年代のファイターと戦いたい」と現役復帰に強い意欲

2017/05/10 10:49

UFCウェルター級の元絶対王者にして殿堂入りも果たしたマット・ヒューズ。引退から6年が経過し43才となったものの、ファイターとして再び戦いたいという希望を語っています。

マット・ヒューズが現役復帰への意欲を語る

マット・ヒューズといえばズッファ以降のUFCを象徴するレジェンドファイターです。

UFCウェルター級の王座を7度防衛し、その中にはジョルジュ・サンピエールやBJペンも含まれ、とりわけホイス・グレイシーとの一戦はUFCのブレイクを決定づけるビッグマッチとなりました。

引退から6年が経過し、現在は43歳のマット・ヒューズですが、現役復帰に強い意欲を示していることがアメリカメディアで報じられているので、インタビュー内容を翻訳して紹介します。

引退した理由について

カムバックすることをとても願っている。

マット・ヒューズは2011年にジョシュ・コスチェックに敗れたのを最後に引退。
その後はズッファの選手育成兼管理部長としてUFCのオフィスワーカーとなりましたが、実際には本心から引退したかったわけではないそうです。

妻が私にもうこれ以上戦ってほしくないと言ってきた。

妻は私が負けてこれ以上心配したくはなかったそうだ。デイナ・ホワイトも同じことを言っていた。だから私は引退したんだ。

UFCにリストラされた理由

ヒューズは引退後にUFCで働いていたものの、昨年リストラされておりUFCとの友好的な関係が切れてしまいました。

それは昨年ズッファがWME-IMGにUFCを大金で売却したことと関係がありそうです。

デイナは(売却後に)これまで彼がやってきたような、UFCの運営ができなくなっているように見える。

彼はUFCを売却したことで、コントロールすることができなくなったんだ。UFCから解雇された時は少し驚いたけど、もし会社を売却したらどうなるのかを考えれば何が起きているのかは分かったよ。

新会社は経費を削減し始めたということだろう。

ラストファイトについて

ヒューズがキャリアの最後で敗れた、BJペン、ジョシュ・コスチェックとの試合について振り返っています。

あの敗戦は単に負けがついたという風に認識している。

コスチェック戦は私の最後の敗戦で、BJとはその前の敗戦だが、私はもし15分間戦っていれば勝っていたと確信している。しかし実際には攻撃を急所にもらって、1ラウンドを凌ぎきることができなかった。今でも私は一線で戦える実力があったと思っている。

もう何年もハードなトレーニングをしていないが、(引退しなければ)私はまだUFCでチャンスを掴むことができたのではないかと思っている。

復帰の舞台について

(復帰する舞台は)メジャーな団体であるべきだ。だから私は舞台を選ばずに戦うというわけではない。

ただし長いブランクがあり、激しいトレーニングからは遠ざかっていることから、現実的に今からトップに立つことは現実的ではないとヒューズ自身も理解しています。

そのためUFCの若いファイターではなく、同年代のレジェンドファイターと戦いたいとのこと。

私はタイロン・ウッドリーやホルヘ・マスヴィダルといった若くてイキのいい選手と戦いたいとは思っていないよ。

年齢が近くて、同じくらいのスピード、クイックネスの選手と戦いたいと思っている。

復帰に対する意欲

ヒューズが現役復帰をするとしても、見たくないと思う人もいるのではないかという問いに対しては、それはあくまでヒューズ自身が決めることだと一蹴。

もしあなたが私の現役復帰を見たくないというのなら、それはあなた自身が見るかどうかを決めてくれ。

だが私がどうあるかは私自身が決める。どのように意見してくれても構わないが、再び戦うかどうかは私次第だ。

(最後に勝利したヒカルド・アルメイダ戦は)ただの一つの勝利に過ぎない。現役復帰についてもお金とは関係がない。再び試合をすること、それが私のやり方だ。

チャック・リデルと共に現役復帰?

ちなみに別の媒体では、同じく現役復帰が濃厚なチャック・リデルについても言及し、「リデルと共に復帰できれば嬉しい。私とリデルが同じ大会に出場したら大いに盛り上がるだろうね」と発言しています。

来月には引退試合を迎える(予定の)ビクトー・ベウフォートはレジェンドリーグの試合を望んでいますが、チャック・リデルやマット・ヒューズ、そして昨年復帰戦を行ったホイス・グレイシーらレジェンドファイターが同じ舞台で相まみえることはあるのでしょうか。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします