Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

ジョルジオ・ペトロシアンとヨードセングライが中国で対決!?実現すれば2017年の立ち技最大のビッグマッチか?

2017/05/13 09:34

8月28日に中国の「英雄伝説」にてジョルジオ・ペトロシアンとヨードセングライ・フェアテックスが対戦するという情報が入りました。ただし情報源が個人のTwitterということで少し信憑性に欠けるのでご了承下さい。

ジョルジオ・ペトロシアンとヨードセングライが対戦?

今日もいつものようにSNSをチェックして情報を収集していたところ、こんなツイートを発見しました!

8月28日に中国の「英雄伝説」という大会でジョルジオ・ペトロシアンとヨードセングライ・フェアテックスが対戦するとのこと!

すっかり放置されている英雄伝説のFacebookページや、ペトロシアン、ヨードセングライのFacebookを見てもこの情報は見つからず、唯一の情報源が個人のTwitterというのもメディアとしては情けない話ですが、2017年最大のビッグマッチといっても過言ではない試合だけに先んじて紹介しました。

中量級トップレベルの両者

ペトロシアンといえばK-1 MAXの末期に参戦し、完全無欠の強さで2連覇を達成したレジェンド選手です。

現在31歳になりますがその強さは健在で、アンディ・リスティに敗れた以外は全勝。Glory 70kgトーナメントで優勝、現在はベラトールキックボクシングに参戦して中心選手として活躍しています。

ベラトールの公式Twitterで「キック界のパウンド・フォー・パウンド」と称されているように、K-1時代の"相手に触れさせずに勝つ"スタイルは今も錆びついていません。

対するヨードセングライはK-1に一度参戦したものの、強すぎることとムエタイ枠にブアカーオがいたことで「触らぬ神に祟りなし」という酷い理由で参戦が遠ざけられていました。

逆に言えばそれだけ強いという裏返しでもあり、ペトロシアンと同じ31才で今まさにキャリアの全盛期に達しつつあります。

2011年にキシェンコに敗れてからは6年間無敗、驚異の24連勝中でその中には新生K-1で王者になったマラット・グレゴリアンも含みます。

今年はブアカーオとの100万ドル総取りマッチが予定されるなど、ペトロシアン以上に立ち技中量級の最先端として世界から引っ張りだこの選手です。

2000年代は旧K-1が世界の立ち技格闘技の覇権を握っており、毎年世界最強を決めるトーナメントが開催されるという恵まれた環境だったのですが、活動停止以降は各団体が覇権を狙い、有力選手が散らばってしまったことで、このようなビッグマッチが行われることは滅多に見られなくなってしまいまし。

それだけに両者ともに31歳と脂に乗った年齢での、世界最高峰対決は近年稀に見ぬビッグマッチと言えるでしょう。

英雄伝説だけに実現するかは分からない?

この試合が予定されている「英雄伝説」という中国の団体は、かつて「クンルンファイト」「武林風」と共に覇権を伺っていた有力な団体だったのですが、今ではすっかり勢いを失ってしまっています。

ちなみに日本からは伊澤波人が初代-57kg王者に、レオナ・ペタスが昨年トーナメントに参戦して優勝しており、ペトロシアンも2年前に出場したことがあります。

英雄伝説は迷走(?)しているところがあり、昨年レオナ・ペタスが出場したトーナメントでは砂漠に特設リングを作って試合を行ったものの、やはりと言うべきか広い会場に観客が集まらず寂しい光景になっていたのが印象的です。

過去には出場していない卜部功也やゲーオがなぜかイメージ画像のメインに据えられたこともあり、果たしてこの試合が本当に実現するのかは少し怪しいところがあります。

この情報を持って「ペトロシアンとヨードセングライが対戦する!」と決めつけず、「本当に試合すれば良いな」くらいでいてもらえれば幸いです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事