Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

6.3 武林風vsKrush対抗戦の対戦カードが決定!Krush王者の佐々木大蔵は14年の新人王と対戦!

2017/05/21 15:52

6月3日(土)中国で開催される武林風vsKrush対抗戦。その対戦カードが遂に発表されました。日本からはKrush王者の佐々木大蔵や山本真弘が出場。対抗戦は6vs6で行われます。

武林風vsKrushの対抗戦が開催!

Krushと武林風による日中対抗戦の第三弾が6月3日(土)に中国で開催されます。

既にKrushから佐々木大蔵、山本真弘の出場が決定したことはQueelでも速報として紹介いたしました。

武林風より対抗戦の全対戦カード発表がありましたので対戦カード毎に改めて紹介します。
※中国人選手の名前表記は修正させて頂く場合がございます。

ちなみに7月16日にも後楽園ホールで「Krush vs 武林風」の対抗戦が行われますが、こちらはひと足早く中国で行われる対抗戦になります。

これまでに2度行われており、いずれも中国側が勝利していることから、日本の初勝利に期待したいところです。

佐々木大蔵 vs ジー・イン

Krush 63kg級王者の佐々木大蔵が今年2月に行われたK-1ライト級王座決定トーナメント以来の復帰戦に登場します。

佐々木はK-1で王者となったウェイ・ルイにKO負け。今回は中国人選手との連戦となります。

対するジン・インは14勝6敗のレコードを持つ、2014武林風の新人王です。

2015年6月には武林風で前口太尊に勝利し、昨年末の対抗戦では中村圭佑に勝利するなど日本人選手との対戦経験もある若手の注目株です。

20歳の新鋭を相手に、佐々木はウェイ・ルイ戦からの復活を果たすことが出来るのでしょうか。

64㎏契約
佐々木大蔵 vs ジー・イン

藤村大輔 vs ジー・シアン

Krushでは山崎陽一に勝利するなど70㎏級で活躍中の藤村大輔が出場。

藤村と対戦するジー・シアンは18勝10敗の中堅選手。武林風vs海外プロモーションとの対抗戦によく出場している選手です。

K-1で本格的にスタートする70㎏級戦線に乗り込むためにも、藤村として確実に勝利しておきたい試合です。

70㎏契約
藤村大輔 vs ジーシアン

小澤聡子 vs ゴン・ヤンリ

Krush女子ファイターの小澤聡子が紅一点として対抗戦に出場します。

対するは武林風の女子エースであり、32勝無敗のレコードを持つゴン・ヤンリ。
昨年ヤンリはオランダ最強とも言われるジャマイマ・ペトリアンと対戦しバックブローで逆転のKO勝利。Krushとの対抗戦では森田和美にも勝利しています。

中国女子キックの頂点に君臨する女帝を相手に、小澤の奮起が期待されます。

57㎏契約
ゴン・ヤンリ vs 小澤聡子

林将多 vs ワン・ポンフェン

林健太の兄、林将多が出場。

対するワン・ポンフェンは昨年のKrush名古屋大会で野杁正明に三日月蹴りで敗れた選手です。

鮮やかなKO負けのイメージが強いかもしれませんが、昨年末のKrushとの対抗戦では宮城寛克を相手にKO勝利し、しっかりと結果を残しています。

65㎏契約
林将多 vs ワン・ポンフェン

FUMIYA vs ヤン・ズホ

3月のKrushで鈴木勇人にKO勝利したFUMIYAが出場。

対するは24勝12敗1分のレコードを持つヤン・ズホ。

武林風のビッグイベントに数多く出場し、2014年には武林風で67㎏級のベルトも獲得したベテラン選手です。

経験豊富な強豪選手との対戦で、FUMIYAにとっては名前を売る大きなチャンスとなりそうです。

66㎏契約
FUMIYA vs ヤン・ズホ

山本真弘 vs フェン・リアン

ここ5試合で1勝4敗と苦しむ山本真弘が出場。今回はKrush.73で安保璃紅にKO負けを喫して以来の再起戦です。

対するは12勝7敗のレコードを持つファン・リアン。散打でタイトルを獲得した経験もある選手です。

キックボクシングのレジェンドとも言える山本の復活勝利を期待したい試合です。

60㎏契約
山本真弘 vs ファン・リアン

イー・ロンへの挑戦権を賭けたトーナメントも!

(出典: http://sports.sohu.com/20170402/n486155543.shtml)

今大会では中国キックボクシング界の頂点!負けない男「イー・ロン」への挑戦権を賭けたトーナメントの1回戦第3試合として、ヘンリコ・ケール vs ラビ・ブルーノが行われます。

エンリコ・ケールはFEGから運営が変更された後のK-1 MAXのトーナメント王者であり、近年は中国を中心に活躍しています。

対するブルーノはブラジルのWGPという団体の70㎏級王者。WGPはK-1に参戦したパウロ・テバウがベルトを保持する団体です。

ブルーノは昨年欧州に遠征しジョルジオ・ペトロシアンと対戦するもKO負けを喫しています。

トーナメント表では2回戦にGLORY王者のシッティチャイと戦う可能性が高い対戦カードですが、どちらが勝ちあがるのでしょうか。

中継は未定

今回のイベントのネット中継は現時点では不明となっています。

ただ武林風とKrushの過去の対抗戦はいずれも生中継されており、今回のイベントは今までの海南テレビスタジオではなく、8000人収容の賀龍体育館で行われます。

注目度がより高いイベントとなりますので、日本から生中継を視聴できる可能性は高いと思います。

試合中継についての続報があれば改めて紹介いたします。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事