Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

グーカン・サキがキックボクシングから引退してMMAに転向か。前コーチがその噂についてインタビューに応じる。

2017/05/23 09:36

Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

旧K-1とGloryのトップファイターとして君臨してきたグーカン・サキがキックボクシングから引退してMMAに転校するという噂が上がっており、前コーチはその噂を認めるような発言をしています。

グーカン・サキがMMA転向か

グーカン・サキといえば重量級離れしたスピードを武器に旧K-1とGloryのトップファイターとして活躍してきました。

Gloryではライトヘビー級王座を獲得するも、ヘビー級ではリコ・ヴァーホーベンの牙城を崩せず、2015年4月にセバスチャン・チオバヌから勝利したのを最後に2年以上試合から遠ざかっています

そんなサキにどうやら「UFCを目指すためにMMAに転向する」という噂が上がっているようで、サキの前コーチであり、Gloryタレント発掘部門のトップでもあるコー・へマーズがその噂についてインタビューで答えています。(ソース元はこちら↓)

インタビュー内容はこちら

グーカン・サキは先月リコに挑発的なメッセージをSNSに投稿していたことから、MMAに転向するというよりもGloryで復帰戦を行うのではないかと見られていましたが、コー・へマーズはそれを否定しています。

(ーサキがリコとの再戦の相手として期待されていることについて)それはない。

私はサキの前のトレーナーだから、彼は私によく連絡してくるし、ディスカッションすることも多い。「コー、俺はMMAに転向しようと思っている」と。

多くの人にとっては驚くべきことかもしれないが、この際言ってしまうと、アリスター・オーフレイム、ハリッド"ディ・ファウスト"、ムラッド・チュンカイエフ、ステファン・レコといったMMAに挑戦していたチームの中で、サキもMMAのトレーニングを積んでいて、MMA転向について思うところがあったはずだ。

彼はその時にはテイクダウンディフェンスをすることができた。

さらにステファン・レコさんと比較してサキは才能があるとコメントしています。(それは褒め言葉なのか…というツッコミは禁止)

サキはステファン・レコよりはグラウンドゲームにおいて才能がある。ステファンはPRIDEとDREAMで大型契約をしたが、彼は自発的にMMAから身を引いてしまった。

彼はこのように言っていた。「コー、俺は2試合(※実際には3試合)をやって大きなお金を手にしたけど、キャリアを汚すことになってしまった。これは俺のやるべきことじゃない。」

サキにはMMAで成功する可能性があると思う。そうそう。これは別の話だが、彼は昔のチームメイトであるボブ・フント、デニス・ストイニッチ、アリスター、ハリッド"ディ・ファウスト"と練習している映像を私に送ってきたんだ。

彼らが私に連絡して、そのビデオを見せてくれるのはとても楽しいものだったが、私はサキのMMAでのスキルを低く見てはいないよ。

Gloryの絶対王者であるリコもかつてUFCに参戦するのではないかと噂されていましたが、ズッファからWME-IMGに買収された時に立ち消えてしまったとのこと。

またサキは最近ツイッターにこのような意味深の投稿をしています。

これが具体的に何を示すのかは分かっていませんが、間もなく何らかのアクション(MMA転向?)をするのではないかと見られています。

ちなみにサキは現在33才で、MMAに転向するとなればかなり遅いデビューになります。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします