Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

Krush.79で野杁正明、大和哲也が国際戦に出陣!対戦相手は共に不気味な相手!?

2017/05/25 23:06

(C)Good Loser

8月20日(日)名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush 79」の対戦カードが本日発表され、野杁正明vsディエゴ・フレイタス、大和哲也vsチャド・コリンズが新たに発表されました。日本人選手vs外国人選手の組み合わせ。ということでもちろん(?)は外国人選手を中心にこの2カードを紹介します。

Krush 79で2つの国際戦が決定!

8月20日(日)愛知県・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush 79」の追加対戦カードが本日発表されました。

Krushの夏の名古屋大会は2012年から6年連続の開催となり、すっかりお馴染みとなりました。

K-1 MAXで活躍した佐藤嘉洋が昨年より大会実行委員長を務め、2016年8月に行われた「Krush 68」は2500人が来場する超満員となっています。

昨年のメインイベントではKrush 58kg級タイトルマッチとして小澤海人vs大岩龍矢が行われ、さらにK-1にトップ選手で出場する野杁正明が出場するなど、地方大会とは思えない程の豪華な顔ぶれで開催されています。

今年は昨年に続き野杁正明の出場に加え、今年から新たに新星K-1グループと契約した大和哲也の出場が決まり、両者の対戦相手に注目が集まっていました。

野杁正明 vs ディエゴ・フレイタス

3年連続のKrush名古屋大会に出場となる野杁正明の対戦相手はフランス在住のディエゴ・フレイタスに決定。

野杁はKrush参戦前にK-1で大一番

野杁は昨年開催されたK-1 65kg級最強決定トーナメントでは準決勝でゲーオ・ウィラサクレックに惜しくも敗戦。しかし、その後はKrushの名古屋大会でワン・ポンフェンを三日月蹴りで鮮やかにKO。フランス遠征では世界的強豪として注目されたネイト・スリマニに圧勝するなど、2つのKO勝利を含む3連勝で鮮やかに復活。

今大会の前には、なんと6月18日(日)に開催される「K-1 WGP」にてゲーオ・ウィラサクレックとのスーパーライト級タイトルマッチが決定済み。

過去のKrush名古屋大会では山崎秀晃や久保優太に勝利するなど相性のいい地元の舞台に、K-1王者として凱旋することは出来るのでしょうか?

フレイタスは油断ならない不気味な相手

対するフレイタスは32戦27勝(9KO)5負のレコードを持つ24歳の若手選手。ポルトガルから来日しますが出身はベネズエラで、現在はかつてK-1やイッツ・ショウタイムで活躍したポルトガルを代表するアーノルド・シウバが代表を務めるチームで練習を行っています。

身長は174㎝あり、175㎝の野杁とはほぼ同体格。欧米人特有のフィジカルの強さを持ち、直線的な攻撃を主軸に圧力をかけてくるスタイルを武器としています。

2015年の10月には来日経験もあるウシネ・ベノーイには判定負けを喫しているものの、Strike Leagueのスーパー・ライト級トーナメトでは優勝。さらにISKA欧州スーパーライト級タイトルを獲得するなど活躍。

さらに5月27日には地元ポルトガルで、Krush77で行われるKrushと武風林の対抗戦に出場するチュー・ジャンリャンと対戦を予定
※もちろんQueelでは結果も紹介します。

ポルトガルのプロモーションが自信を持って世界の強豪と対戦を組む、油断ならない不気味さを持った選手です。

大和哲也 vs チャド・コリンズ

Krush名古屋大会に初参戦となるチャド・コリンズの対戦相手はチャド・コリンズに決定。

大和哲也が待望の初参戦

K-1 MAXの63㎏級日本トーナメントで優勝。長年スーパーライト級の日本人第一人者として活躍してきた大和哲也が今年K-1と契約。

4月に行われたK-1ではHIROYAと対戦し衝撃の2RKO勝利で鮮烈なデビューを飾った大和が、地元名古屋で開催されるKrushに初登場。

大和は実は過去にKrushに2度出場して、意外なことに成績は2戦2敗。実は相性の悪い?舞台で勝利を飾ることが出来るのでしょうか?

対するはパコーンに勝利した豪州の雄

対するチャド・コリンズは21歳にして52戦41勝(21KO)10敗1分というレコードを持つオーストラリア人選手です。

コリンズは普段はムエタイに出場していて、今年4月に開催されたタイファイトではマナサックに敗れるも激闘を展開。過去にはムエタイのレジェンド選手であるパコーンにも勝利するなど豪州軽量級のトップ選手として君臨しています。

この選手も相手の攻撃に怯まず、近距離でパンチを中心とした打ち合いを仕掛ける好戦的な選手で、組がなくテンポの速いKrushのルールには適応力が高そうです。

イベント概要

日時 8月20日(日)
会場 愛知県・名古屋国際会議場イベントホール
クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事