Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

Glory43に「サウロ・カバラリ vs パベル・ズラフリオフ」が追加。カバラリはこれがキック最終戦の可能性も。

2017/06/08 23:16

(C) GLORY Sports International

6月15日のGlory43に元ライトヘビー級王者のサウロ・カバラリの試合が追加されました。カバラリは今年後半にMMAに転向すると表明しており、これがキック最終戦になる可能性が高くなっています。

カバラリ vs ズラフリオフの試合が追加

日本時間6月15日にニューヨークで開催されるGlory43に「サウロ・カバラリ vs パベル・ズラフリオフ」の試合が追加されました。

おそらく多くの方にとってはピンと来ない名前で地味な試合ではありますが、カバラリにとってはキックボクシング最終試合になるかもしれないということで記念投稿になります。

ちなみにGloryは2013~2014年頃まではかなり本気でアメリカ市場を攻略しようとしていたのですが、ここのところはアメリカから撤退気味で中国市場にシフトしようとしています。

当初はダニエル・ギタの復帰戦や王者リコの試合も噂されていたのですが、今のところはタイトルマッチもなく、やや地味な大会になりそうです。

Glory43の開催概要や対戦カードはこちら↓

サウロ・カバラリ

MMAの盛んなブラジルでは珍しいキックボクサーで、ライトヘビー級戦線で戦ってきました。

戦績は60勝4敗と非常に高い勝率を誇り、2015年にはGloryライトヘビー級王者に輝いています。

その後、初防衛戦でアルテム・バキトフという選手に敗れてタイトルを失い、直近ではその相手へのリベンジ戦に挑むも返り討ちにあって以来の試合となります。

バベル・ズラフリオフ

2009年のK-1アジア予選のスーパーファイトでグーカン・サキに勝利したことで一部のファンに知られています。

さりげなくFEG体制後の2012年のK-1東京大会でこのサウロ・カバラリと対戦しており、この時には判定勝利。

昨年からGloryに参戦しており、直近ではジネディーヌ・アムールレインに勝利しています。

サウロ・カバラリはMMAに転向予定

さて、なぜこんな地味な試合を取り上げたのかというと、サウロ・カバラリは今年の後半にMMA転向することを明言しており、この試合が最後のキックボクシングの試合になる可能性があるからです。

MMAになじみのあるブラジル人ということで以前からMMAの練習をしており、今はUFC王者になることが目標だと公言。憧れの選手は同じく立ち技出身の選手であるミルコ・クロコップやアリスター・オーフレイムとのことです。

カバラリはそれほど圧倒的な存在ではありませんでしたが、曲がりなりにもGloryライトヘビー級王者になったことのある選手で、ここ最近もグーカン・サキなど有力キックボクサーによるMMA転向が続いているのを象徴する人物です。

カバラリがどこまでMMA適性があるのかは現時点では不明ですが、これからMMAファンにも知られる可能性があるので、こんな選手がいるんだよという意味合いで紹介してみました。

ちなみにこの試合はUFCファイトパスで中継されるのですが…日本ではなぜか視聴できないので、これまで同様に生中継を見られないと予想されます(¯―¯٥)

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事