Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

ダニエル・コーミエ「TJ・ディラショーと対戦するならUFCはデメトリアス・ジョンソンに100万ドル(1億円)払うべきだ」

2017/06/09 09:35

Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

デメトリアス・ジョンソンとTJ・ディラショーとの対戦について、ライトヘビー級王者のダニエル・コーミエが「100万ドルを支払うべきだ」とコメント。さらにジョンソンの売り出し方についても改善する必要があると言及しています。

ご意見番のダニエル・コーミエがコメント

ダニエル・コーミエが、TJ・ディラショーとデメトリアス・ジョンソンの試合について言及。

UFC側はジョンソンの防衛戦にディラショーを当てようとしたものの、ジョンソンが計量失敗のリスクがあるとして拒否。この姿勢についてディラショー本人やファンからも批判的な目で見られています。

もはやUFCのご意見番と化しているライトヘビー級王者のダニエル・コーミエが、UFCはデメトリアス・ジョンソンの売り出し方に問題があるとコメントしているので、その内容を翻訳してみました。

情報元はこちら↓

翻訳内容はこちら

UFCよ、もしデメトリアス・ジョンソンにTJ・ディラショーと対戦させたかったら、彼に給与を与えるべきだ。

ジョンソンに100万ドルを支払って、「これがあなたの試合のファイトマネーだ」とね。125ポンド(※フライ級のリミット)の選手にすれば多すぎるかもしれないが、彼は世界でナンバーワンのパウンド・フォー・パウンドだ。

彼に給与を支払って、試合をさせるんだ。たまには彼にナンバーワンファイターたる給与を支払っても良いじゃないか。

私はデミトリアスとUFCの双方に責務があると思っている。

UFCは彼をどのように市場で売り出せば良いのかを知らないので、もっとクリエイティブになる必要がある。彼は小さい。決して大きな選手ではないが、圧倒的に強い。

アンデウソン・シウバがミドル級を総なめにしていた頃、決して彼は売れる選手ではなかったから、UFCはクリエイティブになる必要があった。私はUFCが既にクリエイティブになっているかどうかは分からないが、デミトリアスは自分自身の役割を果たしていると思っている。

実を言うとアメリカ系アフリカ人というのは、いつもと違った方法で市場化しなければならないんだ。

人口動態が違うからなんだが、デメトリアス・ジョンソンがそこにフィットするのかは分からない。彼の家族だけではなく全てが組み合わさったものなので、体が小さいアメリカ系アフリカ人を売り出すには、巧妙なマーケティングが必要になる。だからUFCはジョンソンを売り出す方法を本当に知らないんだろう。

ただこれはクリアしなければならない。ロンダ・ラウジーに関しては組織的に行い、成功することができたが、ジョンソンに関してはそうではない。UFCは彼を適切に市場化する方法を知らないのだから、そのことに責任を持つ必要がある。

これは実現すべき試合だと思っている。

ジョンソンにとって最大級の試合というだけでなく、連続防衛記録を更新する象徴的な試合にもなるからだ。もし上の階級の元王者との試合でこれを実現すれば、ジョンソンにとってはなおさらのことだろう。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事