Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

グーカン・サキの挑発止まらず。リコ・ヴァーホーベンはイスマエル・ラザールと対戦『5.20 Glory 41』

2017/04/08 16:11

GLORY41のに参戦が決定していたリコ・ヴァーホーベンの対戦相手はイスマエル・ラザールに決定しました。その一方でグーカン・サキが対戦要求しており、その一部始終をレポートしています。

リコ・ヴァーホーベンの対戦相手が決定

先日Queelでもリコ・ヴァーホーベンがGlory41に参戦することをレポートしました。

リコ・ヴァーホーベンは「The King of Kickboxing」(キング・オブ・キックボクシング)と称されるように、キックボクシングの頂点に君臨する世界最強の選手です。

前戦にはバダ・ハリとのメガファイトに勝利しており、2016年12月以来半年ぶりの登場。

前回のレポート時点では対戦相手の発表はなかったのですが、日本時間4月8日に対戦相手が発表されました。

対するはモロッコの「肉弾戦士」

世界最強リコに挑むのは「イスマエル・ラザール」。

ラザールはモロッコ国籍の選手で、オランダのイベント『エンフュージョン』のヘビー級世界王者。
成績は34戦30勝(15KO)2敗2分で、GLORYには初参戦です。

エンフュージョン(Enfusion)はモロッコ系のファイターが数多く活躍するリングで、日本になじみのある選手でいうと、K-1で活躍中のイリアス・ブライドが67㎏級の世界王座を保持しています。

ラザールもオランダ在住のモロッコ系選手で、アンコ型の体系ではあるもののスピードがあり、強烈なフックでKOを量産する強豪選手です。

ビデオ通話でのインタビューも公開

イスマエル・ラザールとの対戦が決まったリコは、スカイプのビデオ通話のような形式でインタビューに答えています。

ラザールとの対戦について聞かれると次のようにコメント。

試合に参戦できてとても嬉しい。私のスキルをファンに見せたいと思う。

さらにこんな際どい発言をしながらも、ラザールのことは警戒している模様。

彼は羊のような見た目をしていて、人々は「あんな小さくて太ったやつ俺でも倒せるよ」と過小評価しているが、彼は素晴らしい体格を持っていてスキルもある。

さらにインタビュアーからバダ・ハリとの再戦に聞かれると「いつでも準備はできている」と答えています。

対戦要求していたグーカン・サキからの挑発

さて、この試合が決定するにあたり、K-1でも活躍したグーカン・サキがリコに対戦要求していたものの、ラザール戦が決定したことについて、サキが挑発的なコメントを残しています。

(※サキはGloryの前ライトヘビー級王者で、2013年にはリコに敗れています)

@ricoverhoeven rico rico the immigration service called me, they wanna give you a refugee status because you are always running away from me. Pfff what a fleeing behavior, did you always run away as a kid when there where confrontations? Again you choose another opponent because you think you can stay the "CHAMP" longer that way. But If you think you just can run over Ismael, you are wrong. And deep inside you know you are not the real CHAMP. Even your management knows that you dont have the balls to fight me because a chance of losing should be excluded so you can show your face longer on tv shows acting fake. I'm going to find real men who want a real fight. Real men who never refuse a challenge and when they say that on tv they really mean it, they dont say it just for the show. I dont even wanna fight someone like you no more, there is no pride in you, so there is no Glory in the win. Too bad that getting bigger and more musculair doesnt give you balls. You really need to grow a pair. Rico rico rico ze hebben me net gebeld van de IND immigratiedienst, ze willen jou een vluchtelingstatus geven omdat je van me vlucht. Wat een vluchtgedrag ey, rende je vroeger als klein kind ook weg tijdens confrontaties? Weer kies je een andere tegenstander met de gedachte dat je "CHAMP" kan blijven. Maar als je denkt dat je even over Ismael heen loopt heb je het mis. En diep van binnen weet je dat je niet de echte CHAMP bent. Zelfs je management weet dat je niet de ballen hebt om tegen mij te staan omdat een kans op verliezen uitgesloten moet blijven zodat je langer op tv shows nep kan blijven doen. Ik zal maar echte mannen zoeken om tegen te vechten. Echte mannen die geen uitdaging uit de weg gaan en het ook menen en niet alleen op tv zeggen for the show. Ik wil niet eens tegen mensen als jij meer vechten, er zit geen trots in je en dus is er ook geen glorie in een overwinning. Jammer dat gespierder en groter worden er niet voor zorgt dat je wat ballen krijgt. #realmen #realfighters #fake #champ #ricoverhoeven #glory #kickboxing #boxing #fight #knockouts #noballs #crybaby

A post shared by Gokhan Saki (@gokhansaki) on

リコ、リコ。移民局が俺に電話をかけてきて、どうやら彼らはお前を難民に指定したいそうだ。なぜならお前は俺から逃げてばかりだからな。

けっ、なんて臆病なんだ。争いがあるとお前は子供のようにいつも逃げちまう。

お前はもっと長くチャンピオンでいられると思って、また俺以外の相手を選んだ。だが、イスマエルを超えれば良いだけと思っていたら大間違いだ。お前は「本当のチャンピオン」ではないからな。

お前のマネジメントですら、お前は俺と戦わないことで王者でなくなる可能性を排除できると考えるタマなしだと知っているし、それでお前の偽の試合をテレビで見ることができる。

俺は本当の試合をする本当の男を探しに行くよ。本当の男というのは挑戦を断ることはないし、テレビでの発言もショーのためだけに言うわけではない。もう俺はお前のような男とは戦いたくはない。プライドもなければ、勝利に「栄光」もない。

気の毒に。どれだけ大きくても、筋肉があっても、お前はタマなしだったな。早く大人になってくれよ。

挑発的な物言いを残したサキとは今後も因縁が残ることは必至で、今後の両者の動向に注目です。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事