Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

クンルンファイト64対戦カード発表!キシェンコ、マヌーフ甥、ジョムトーン、健太、T-98など有力選手が多数参戦

2017/06/16 19:46

7月15日に開催される中国のクンルンファイト64の対戦カードが発表されました。キシェンコやジョムトーンといった海外勢の他にも、健太やT-98など国内の有力選手の参戦が決定しています。

クンルンファイト64の対戦カードが発表!

中国の急激な経済成長と共に、豊富な資金力を活かして有力選手を多く抱える中国のキック団体「クンルンファイト」。

本日クンルンファイト64の開催情報および対戦カードが発表されたので、注目の試合をそれぞれ紹介していきます。日本からも健太とT-98といった有力選手が参戦しています。

なおクンルンファイト64は7月15日に中国の重慶市で開催されます。

大会名 クンルンファイト64
日程 2017年7月15日(土)
開催地 中国・重慶市

対戦カード一覧

注目カードについてはそれぞれ紹介しますが、まずは現在決定している対戦カードの一覧を掲載します。

  • 第1試合~第4試合は現在不明
  • 第5試合: 70kgトーナメント予選14組決勝
  • 第6試合: デニス・ピューリック vs ワン・ウェンフェン
  • 第7試合: ササ・ジョバノビッチ vs フェン・レイ
  • 第8試合: T-98 vs コン・リンフェン
  • 第9試合: セドリック・マヌーフ vs ジョムトーン・チュワタナ (70kgトーナメント予選準決勝)
  • 第10試合: アレクサンドル・ステクレンコ vs アルトゥール・キシェンコ
  • 第11試合: 健太 vs ジャ・アオチー
  • 第12試合: 70kgトーナメント予選15組決勝
  • 第13試合: レティシア・マジュネ vs ワン・クェハン
  • 第14試合: 未定 vs リン・ジャンバン
  • 第15試合: アミン・アーミドウシュ vs ソン・ジーシャン
  • 第16試合: ピョートル・ロマンキース vs ジャ・ウェイチャオ

注目の対戦カードを紹介

第8試合: T-98 vs コン・リンフェン

元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者のT-98がクンルンファイトに初参戦!

T-98は5月に王座を失ってしまいましたが、昨年には史上初の現地防衛を果たすなど、ムエタイを代表する選手の一人です。

ここのところハイペースに試合をこなしており、4月30日に蹴拳、5月25日にラジャダムナンの防衛戦、6月17日にKNOCK OUTに参戦しており、今回で4ヶ月連続での出場ということになります。

「ムエタイゴリラ」という愛称で親しまれており、日本人離れした強靭なフィジカルを武器にムエタイメジャースタジアムのタイトルを獲得したT-98がクンルンファイトでどのような試合を見せてくれるのでしょうか。

対するコン・リンフェンは今月行われた「クンルンファイト62」のメインイベントでブアカーオに敗れています。

ブアカーオと2度対戦していずれも敗れている印象が強いものの、70kgトーナメントでは2年連続ベスト8に入っているように地力は高い選手です。

第9試合: セドリック・マヌーフ vs ジョムトーン・チュワタナ

この試合は、64人制で行われる70kgトーナメントの予選15組の1回戦です。

セドリック・マヌーフはあのメルヴィン・マヌーフの甥にあたります。メルヴィンと同様に実力者で、昨年の同トーナメントではベスト4まで進出しています。

ジョムトーンはボクシングで内山高志の持つタイトルに挑戦したことで知られており、もともとムエタイのバックボーンを持っており、昨年には同トーナメントで準優勝。

昨年のベスト4と準優勝というトップ選手同士の争いですが、実は両者は既に予選で敗れており、マヌーフはヨードセングライに、ジョムトーンはアーテム・パシュポリンに負けています。

敗者復活の両者が、またも予選からハイレベルな潰し合いをすることになります。

第10試合: アレクサンドル・ステクレンコ vs アルトゥール・キシェンコ

A post shared by Раймоха (@raymoha85) on

クンルンファイトの看板選手でもあるアルトゥール・キシェンコが今回も登場!現在80kg戦線で敵無しの状態であるキシェンコはここ3年無敗、14連勝中です。

対するアレクサンドル・ステクレンコは昨年クンルンファイトの80kgトーナメントで優勝している実力者。かつてはGloryの挑戦者決定トーナメントでニキー・ホルツケンとも対戦したことがあります。

ステクレンコは直近の試合では敗れていますが、それまで8連勝と勢いに乗っていた選手なので、キシェンコと言えども侮れない相手でしょう。

第11試合: 健太 vs ジャ・アオチー

ウェルター級の実力者である健太もクンルンファイトに初参戦!

腹筋が美しく割れ、こんがりと黒く焼けた肉体を持つ健太は「ナルシストキャラ」として目下売り出し中ですが、肘ありルールではこの階級屈指の実力者です。

対するジャ・アオチーはおそらくこれがクンルンファイト初参戦で、YouTubeに一つだけ動画がアップされています。

その動画を見た限りではサウスポーのムエタイスタイルで、遠い間合いから左ミドルや左ストレートを中心に組み立てる選手のようです。この手の選手とは戦い慣れている健太は、初参戦のクンルンファイトで勝利することができるのでしょうか。

最後に

その他に日本でなじみのある選手というと、2015年にK-1に出場して卜部功也から敗れているデニス・ピューリックが出場。ピューリックは今月のクンルンファイト62で勝利しており、2ヶ月連続の参戦となります。

今回のクンルンファイト64は公式Facebookでは「世界のベテランと若手のスーパースターによる戦い」と表現されており、キシェンコを始めとした外国勢、日本からもT-98や健太といった実績十分の選手が出場することもあって注目の大会です。

もちろんいつものように試合後には結果レポートをする予定です!

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします
関連する記事