Queel
×
サイト内を検索する
  • キックボクシング
  • ニュース

中国キックで日本から3選手が出場!英雄伝説に伊澤波人が、クンルンファイトにUMAと楠ジャイロが出場。

2017/06/24 11:20

土日に行われる中国のキックボクシング興行に、日本から伊澤波、UMA、楠ジャイロの3選手が参戦します。それぞれの試合について見所を紹介しています。

日本から3選手が中国キックボクシングに参戦

今週の土日に中国で行われるキックボクシング興行において、日本から3人の選手が出場します。

それぞれの対戦カードおよび試合の見所について簡単に紹介していきます。

英雄伝説 (日曜日)

伊澤波人 vs リー・グァンソン
クンルンファイト (土曜日) UMA vs チャン・チュンユー
クンルンファイト (土曜日) 楠ジャイロ vs アシハチ

伊澤波人が英雄伝説のスーパーファイトに出場

まずはK-1やKrushでおなじみの伊澤波人が中国の英雄伝説に登場!

伊澤はこれまで5度中国遠征をしており、英雄伝説では初代&第三代の57kg世界王者となるなど輝かしい活躍を残してきました。

中国でも高い人気を誇っており、上に掲載した画像のように伊澤が単体で映ったポスターが作られるほどだそうです。

対戦相手は8戦8勝の新鋭

こちらが伊澤と対戦するリー・グァンソンという地元中国の選手。8戦8勝3KOと無敗の戦績を誇る新鋭とのことです。

「2017英雄伝説アジアチャンピオンシップトーナメント開幕戦」と銘打たれた大会ですが、伊澤は今回スーパーファイトでグァンソンと対戦することになります。

空手仕込みの強烈なローキックを武器に中国で好成績を収めてきた伊澤ですが、中国の無敗の新鋭を退けることができるのでしょうか?

クンルンファイトにUMAと楠ジャイロが出場

UMAはブアカーオと対戦経験のある中国の強豪と対戦

REBELSでおなじみのUMA(ユーマ)がクンルンファイトに初参戦!

UMAといえば北海道を拠点とする道産子ファイターであり、ももいろクローバーZの大ファンで入場曲がももクロの曲だったり、「ももクロキック」という必殺技を携えていることでも知られています。

昨年にはシュートボクシングでゾウガリーとの激闘を演じたことでも印象的なアグレッシブなファイターです。

そのUMAが対戦するのは、中国期待の若手であるチャン・チュンユー。

このチャン・チュンユーは強豪選手で、2014年にはブアカーオと、2015年にはスーパーボン(※現70kg最強と言われる選手)と対戦するなど、22才時点で43勝16敗という豊富な経験を持つ選手です。

2015年の70kgトーナメントではベスト8に入っており、今年3月の対戦ではアメリカの選手を2RにジャンピングエルボーでKOしています。

また昨年12月にはマサロ・グランダーと延長までもつれた末に判定負けを喫していますが、クンルンファイトの常連選手で、歴戦の強豪とも対戦してきた選手ということで、UMAにとってはアウェーで難敵を迎えることになります。

楠ジャイロはボタを倒した中国ヘビー級のエースと激突!

楠ジャイロがクンルンファイトでヘビー級マッチに登場!

楠ジャイロといえば5月に行われた巌流島で小見川道大との体重差マッチを行い、小見川の巴投げの前に敗れてしまったヘビー級のキックボクサーです。

日系ブラジル人選手で、かつてはヘビー級のプロボクサーとしても活躍、キックボクシングでもJ-NETWORKヘビー級王者にも輝いています。

その楠が対戦するのは中国ヘビー級エースのアシャーティという選手。

この選手はポッチャリとした体型ながら、強烈なパンチをブンブンと振り回してKOを量産する選手で、実は2015年に楠ジャイロとヘビー級トーナメントで対戦していて、この時はアシャーティが判定勝利を収めています。

元ボクシングヘビー級王者でK-1でもおなじみのフランソワ・ボタからも勝利したことがあり、クンルンファイトのトーナメントでも2年連続ベスト4まで進出するなどアジアのヘビー級戦線では代表的な選手と言えます。

楠はかつて敗れたこのハードパンチャーを相手に、いかに立ち向かうのか注目です。

両大会の中継について

中国キックボクシングの大会はネット配信されることが多く、今回取り上げた英雄伝説とクンルンファイトはほとんどの大会で無料視聴することができます。

必ずしも配信URLを入手できるわけではないのですが、もし見つけられた場合はTwitterにURLを告知する予定なので、興味のある方はクイールのTwitterアカウントをチェックしていただければ幸いです。

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします