Queel
×
サイト内を検索する
  • 総合格闘技
  • ニュース

2度の柔道金メダリスト、ケイラ・ハリソンのMMAデビュー戦は2018年2月になると海外メディアが報じる

2017/06/30 09:13

ロンドン五輪、リオ五輪で2度の金メダルを獲得したケイラ・ハリソンのMMAデビューが2018年2月になるとのことです。所属団体はレイ・セフォーが代表を務めていることでもしられるPFLで、これはWSOFの後継団体に当たります。

ケイラ・ハリソンのMMAデビューは2018年2月に

2012年のロンドン五輪、2016年のリオ五輪の柔道女子78kg級で金メダルを獲得したケイラ・ハリソンのMMAデビューが2018年2月になる見通しと海外メディアによって報道されています。

初出の情報としては、こちらのロサンゼルス・タイムズ記者のランス・パグマイヤーが次のようなツイートを残しています。

アリ・アブデルアズィーズによると、ケイラ・ハリソンのMMAプロデビューはWSOFにて翌年の2月下旬になる予定です。

これを受けてMMAFightingが独自に確認したところ、ケイラ・ハリソンのマネージャーがそれを認めたとのことです。

ハリソンはロンダ・ラウジーの妹分

ケイラ・ハリソンはアメリカの柔道家で、同じくアメリカの柔道家としてMMAで大成功を収めたロンダ・ラウジーとは北京五輪の頃の練習パートナーで、師弟関係とも言えるほどの仲だったようです。

フースポーツでは、ハリソンの練習相手で、2008年の北京五輪女子柔道70キログラム級の銅メダリストのロンダ・ラウジーが、引退後に総合格闘家へ転身、UFCに参戦してトップスターとなっている状況を指摘。ハリソンも同じような選択をするのではないかと予測している。

(略)

「正直に言うと、お金が全然ない時期がありました。そのとき、彼女(ラウジー)がスーパーへ買い出しに行ってくれて、それで一週間、食いつないだのです。ロンダ(ラウジー)はよく知られている存在だけれども、私にとっては、いつも私が食事をとることができているか、移動する足があるか? を気にしてくれる人でした。ネット上でからかわれたときは、彼女がピシっと言ってくれました。みんな、彼女の言うことは聞きますからね」

こちらのサイトではロンダ・ラウジーの影響受けてUFC入りもあるのではないかと紹介していますが、リオ五輪から2ヶ月後の10月にWSOFと契約を結んだことが報じられています。

WSOFはPFLとして6月31日より始動

ちなみにケイラ・ハリソンが契約を結んでいるWSOFですが、今年からProfessional Fighters League(PFL)としてイベントをリニューアルすることになっています。

代表は"南海の黒豹"として知られるレイ・セフォーが務めており、MMAイベントとしては異例のシーズン制を導入していることが特徴で、7階級で賞金の合計が約11億円となっていることでも話題となりました。

(※ちなみにケイラ・ハリソンの試合はリーグ戦ではなく、ワンマッチの試合として行なわれる見込みとのことです)

実はPFLの第1回大会は、この記事を投稿した翌日の日本時間6月31日に初回大会が開催されます。

メインイベントには共に前身のWSOFに「ジョン・フィッチ vs ブライアン・フォスター」はどちらもWSOFの有力選手で、元UFCファイター同士の対決となっています。

"永遠のNo.2"として知られたジョン・フィッチは直近の試合でジェイク・シールズから勝利してWSOFウェルター級王者となっていましたが、PFLの王座が引き継がれるわけではないようです。

その他の対戦カード情報はこちらに掲載してありますので、参考までにどうぞ↓

クイール編集部 ◯文 text by Queel
クイールをフォローして
最新情報をチェック!
最新の格闘技ニュースをお届けします